最近のトラックバック

« こんなの買いました。 | トップページ | 別名「虎の穴」平原の滝 »

2007年8月17日 (金)

灼熱のトラック100周ラン

8月14日、昨年に引き続き、新城強右衛門久楽部(しんしろすねえもんくらぶ)の恒例のイベント『レッツトライ100周ラン』に参加してきました。

朝5時スタートでお昼12時までに新城市の陸上競技場の400mトラックをひたすら周回するこのイベント。
真夏の灼熱の太陽が容赦なく照りつける中、20~30人のランナーが走ったり歩いたり。
去年は10周くらいは歩いてなんとか100周クリアしたっけ。
今年はしっかり完走目指して頑張ろう!

中総からの参加者も多く今年ははじめさんといくちゃんの車で参加となりました。
(はじめさん、毎度の運転ありがとうございます)
朝4時30分に集合して新城に向かいます。

行きの車の中で山さんと完走に向けての作戦を練りました。
それはまず朝の涼しいうちに25周(10km)を2本こなしてしまい、後は10周(4km)×5本で100周達成。余裕があったら5周プラスして42km完走しようというもの。

新城に向かう途中は雨が降ってるけど、この雨も一時的なもの。
きっとまるで悪意を持ったかの太陽が我々に襲い掛かるだろう。
さてさて、作戦通り100周できたのでしょうか・・・。

朝6時30分、新城陸上競技場に到着した。やはり雨は上がっていて雲の間から早くもかなりの威力がある太陽が顔をだしていた。

朝5時からスタートしたと思われる地元のランナーの中にはすでに30周も回っている人もいた。

受付で1000円の参加料(これだけの充実したエイドでこの参加料は破格)を支払い準備する。ビンゴカードのようなカードをもらう。5周ごとに丸をつけて自分が今何週目か分る仕組みだ。ただ最低5周は数えながら回らないといけない。去年は暑さで意識が朦朧として周回が怪しくなったときがあった。今年はなるべくキロ5を維持して走りたい。そうすれば400mが丁度2分。時計が8分なら4周というように分りやすい。

ランパン&ランシャツに着替え、まず25周の旅に出る。
ゆっくり走った1周目は2分15秒。ここからペースをあげて行く。
10周の通過が丁度20分。キロ5のペースに落ち着いたようだ。朝7時前なので涼しくて走りやすい。20周は49分くらい。1分の貯金が出来ている。その貯金でトイレに行き最初の25周(10km)は50分43秒でゴール。

山さんもすぐにゴールしていた。吸水等の休憩後、今度は山さんと一緒に再び走り出す。
1周目が2分を切っていた。山さんは速すぎるといい離れていった。張り合いがなくなり時計を見ながら正確にラップを刻んでいく。すると目の前に新人の蒲君が同じようなペースで走っている。あまりひっついて速くなってもいけないので5m程はなれて付いていく。いいペースで走りやすい。気が付くと約半周遅れで山さんもまったく同じペースで走っている。今、このキロ5を切るペースで周回しているのは我々3人のみ。たくさんのランナーを抜きながら気持ちよく周回しアッという間に25周完了。タイムは48分53秒。

もう半分終わってしまった。ここまでは順調すぎるくらい計画通り。
ここで汗びっしょりになったのでランシャツを着替える。たっぷり吸水して今度は10周の旅に出るつもりだった。
その時、本部ではなにやら十分に冷えた美味しそうなものを運んで来るのが見えた。
そのまーるい物体はスイカだった。毎年このスイカが楽しみで走っているといっても過言ではない。スタートするつもりがスイカに止められてしまった。大きなスイカをまず半分に切る。その後細かく切り分ける。ようやく手頃な大きさに切り分けられたスイカを思いっきりほおばる。超うまい!思わず4切れも食べちゃった。

その後、10周の旅に出る。おや?急に重くなった。腹がチャプチャプ鳴っている。
しまった!食べ過ぎた!。さらに休みすぎたようだ。足が動かない。暑さも手伝って大幅なペースダウン。キロ5?無理無理。この10周は21分38秒。今度は短めの休憩ですぐに出る。次の10周も相変わらず重い。好調山さんに何度も抜かれる。22分32秒も使ってゴール。ようやく70周クリア。後30周だが、もう10周の旅に出る自信がない。今後は5周づつ刻もう。

11分14秒・10分57秒で5周を2回。後20周。ここからが辛い。灼熱の太陽は容赦ないし、いったいなんでこんなことしてるのだろう?という疑問との戦いが始まる。

重い脚を引きずりながらなんとか走る。仲間のみんなも走っている。ここでやめるわけにはいかない。ゴール後のビールを思い浮かべながら「ビール・ビール」と口ずさみながら走る。そうすると不思議と頑張れて今度は10周できた。タイムは22分。これで90周達成。あと10周だ。ここも5周×2作戦で行こう。

最初の5周は12分21秒、いよいよ最後の5周だ。ゴール後はビールと水浴びだ。自然と速くなるが最初の頃のスピードは何処へやら。なんとか11分09秒で5周終了。これで100周達成。やった!今年は走りきった!おまけの5周なんてする気もおきず、シューズを脱ぎ捨て靴下を脱いだ。芝生が心地いい。水場に行ってホースで水を頭からかける。う~ん生き返る。最高に気持いい。先にゴールしていた山さんも呼んで水を掛け合う。他のゴールした人も来て水掛合戦。本当に心地よい幸せ。おっと、次のご褒美のビールを忘れてた。
クーラーから冷やしておいたビールを取り出しイッキに飲む。ビールのアルコールが毛細血管を使って体中に運ばれていくのが分るくらいの爽快感。こんなに美味いビールはなかなか味わえない。来年も絶対参加しようと思った。

合計タイムを計算すると40km=3時間31分27秒
この気温の中、まずまずのタイムだ。同行の山さんは計画とおりに周回して最後までキロ5以内で走り切り3時間15分程度。相変わらず凄い人だ。特に80周~90周なんかキロ4分15秒だって。強いな~。僕も頑張らないと。まだまだスタミナが足りない。来年への課題がまた出来た練習会だった。

« こんなの買いました。 | トップページ | 別名「虎の穴」平原の滝 »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194269/7571202

この記事へのトラックバック一覧です: 灼熱のトラック100周ラン:

« こんなの買いました。 | トップページ | 別名「虎の穴」平原の滝 »