最近のトラックバック

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月30日 (水)

恒例!本宮山マラニック!!

中総RC恒例の本宮山マラニックに今年も参加しました。
この練習が一番きつい練習といっても過言ではありません。

<今回のコースです>
05013

標高789mの本宮山を南側から山頂まで登り、そのまま北側のくらがり渓谷まで行くと言うコースを往復する約28kmのコース。

傾斜はきつく、歩くのも辛いコースを走っていくのだからガツンと足に来るとてもハードな練習です。

ハイカーの人たちも目を丸くしています。

そんなハード練習に参加したメンバーは(後列左から)rei-chan、osamusan、ばっはーさん、でこまま、Kenjiさん、横君、Y田夫妻、(前列左から)ケロちゃん親子(ハイキング)、はじめさん、夢追い人さん、山さん、でこちゃん(撮影)の13名。
P1010844

ふもとの温泉の本宮の湯で記念撮影の後、いよいよマラニックに出発です。
天気は最高だし、新緑もきれい。藤の花やつつじが満開です。頑張って走りましょう!

P1010846

P1010847

P1010848

今回は安城からゲスト参加でY田夫妻&横君が参加。さらにブログで知り合ったKenjiさんが豊田から参加。にぎやかな練習会です。

そのゲストの横君のランパンから覗く足がとっても速そう。訊いて見ると10kmを33分台で走るそうな。それはすごい走力だ。負けないように頑張ろう。

まずは山頂に向かって林道をどんどん登っていきます。最初はかたまって走っていたのですが、走力の違いでどんどんばらけてしまう。
僕は初参加のでこままが気になるので一番後ろで登る。
前を見ると先頭は山さん、横さん、osamusan、Y田さんだ。みんな初参加だし道がわかるか不安だったが、すぐ後ろを経験者の夢追い人さんが走ってるので大丈夫と思ってました。

ところがこれが失敗で、最初の待ち合わせ場所の水のみ場下の林道にたどり着くと先頭の4人は行ってしまった模様だ。

そのまま山頂の神社まで行くつもりだろうが、途中右に曲がる道がわかるか不安になってきた。なので僕は近道をして登山道を駆け上がり神社へ急いだ。

神社に着くと、夢追い人さんがいたけど、他の人はいなかった。訊くとみんなはぐれたらしい。まさか遭難はしないだろうけど心配になる。

そうしたらすぐにはじめさんがみんなを引き連れて神社に来てくれた。
よかった~。ホット一安心だが、山さんから怒られました。今後は待ち合わせ場所や分かれ道での案内など充分に気をつける必要があります。特に今回は初参加の人やゲストもいたのでもっと配慮するべきでした。申し訳ありませんでした。

<山頂付近は山つつじが満開でした>

P1010853

P1010855 山頂に行くとテレビのアンテナ郡がそびえ立っています。

一番高いところに登るosamusanです。

なんとかは高いところが好きっていうからねscissors

その後は、くらがり渓谷まで下って行きます。
大きな砂利で走りにくいところもありますが、みんなすごいスピードでどんどん駆け下ります。

とくにはじめさんのスピードは特筆物でとても60歳過ぎとは思えません。

くれがり渓谷では恒例の五平餅で腹ごしらえ。後半に備えます。

そして今来た道を引き返します。
急な登り坂は歩きそうになるが、ここを歩かずに登りきることに価値があるので根性で走ります。のぼりは夢追い人さんの天下です。33分台の横君とどんどん登っていきます。

僕はKenjiさんと抜きつ抜かれつしながらボチボチ登ります。
その時後ろから確実な足音がどんどん近づいてきます。みればosamusanです。確かな足取りでどんどん抜いていきます。相変わらず練習では強い!あの走力がレースで出ればとマジで思います。

ヘロヘロで山頂に到着すると、夢追い人さん、横君、osamusan、山さんがすでにゴールしていた。そしてみんな続々と登ってきた。rei-chanも含めて全員完走。僕なんかここを完走するまでに3回もかかったというのにみんなたいしたもんです。

先に戻ったデコママとの約束の時間11時30分に帰れそうにないので、急いで下山します。
ここからの下りは再びはじめさんの天下です。33分の横君と張り合いながらどんどん下ります。僕も今度は粘って付いてみる。すごいスピードだ。太ももが悲鳴をあげだした。

このままでは故障しちゃう。しかしあの二人はすごいなぁ。とくにはじめさんは何なんだ?
ここの下りのレースがあればおそらく60歳代で日本一だろうな。

そして12時15分頃、デコママが待つ本宮の湯に到着しました。
僕の時計でトータル3時間9分25秒(休憩を除く)でした。

今回も本当にいい練習になりました。
次回は夏の予定です。今度は事前の連絡をしっかりして安全にやりたいと思います。

2008年4月28日 (月)

世界に1つだけの号外

今日、読売新聞さんの販売店から電話がかかってきました。

また新聞の勧誘かと思い切るタイミングをうかがいながら受け答えしてると何か様子が違うsweat02

よく聞けば、東京マラソンの号外がどうのこうの・・・ear

思い出しましたsign02
無料でもらえる「世界で1つだけの号外」企画に申し込んだったんだ。

それが忘れたころに配達されました。
0428 デジカメを家に忘れてきたので携帯での撮影なのでイマイチはっきりしませんが、ハードカバーつきでなかなかの出来栄えですhappy01

僕の名前や記録も入ってます。
これで東京マラソンの記念品がまた1つ増えました。

しかもタダですからね。

でもタダとはいえ、配達のおじさんにしっかり勧誘されましたけどねsweat01

明日の朝練に持って行って自慢しよっとsmile

陸上競技のブログをみるならこちら
暇なGW、ブログを読み漁りましょうscissors

2008年4月25日 (金)

長野マラソンを振り返って

全国ランニング人気ランキングで2位の長野マラソンだが走ってみて人気の秘密がわかりました。

フラットでとても走りやすいコースです。応援も非常に多いし暖かい。記録も充分狙える大会です。
そして何より景色がすばらしい。これは個人的には東京マラソンよりいいと思う。
遠くに雪山、咲き乱れる菜の花、満開の桜、桃の花・・・。

こんな景色の中、走れる大会は贅沢だね~。紅葉のいびがわマラソンと僕の中では双璧かな。毎年走りたいけど、前泊しないといけないし遠いし費用がかかるからなぁ。
来年は東京マラソンが外れたらもう一度長野を走ろう。

【中総RCみなさんの頑張りデーターです】
  (★印は自己ベスト)

mamoさん  3:04:54 367位 ★
でこちゃん  3:07:44 423位
山さん    3:11:15 506位
夢追い人  3:12:15 531位 ★
たらちゃん  3:14:20 591位 ★
rei-chan     3:38:05 151位 ★
MPとうさん  3:38:06 1445位
おさむさん  3:51:28 2060位
岩ちゃん   3:52:43 2116位
はじめさん  3:53:01 2133位
コルオくん  3:55:53 2294位
ふーちゃん  3:56:48 317位 ★

<レース後くつろぐ面々>
P1010837

Banner_02

↑陸上競技ブログの人気ランキングクリックで応援ヨロシク!

2008年4月23日 (水)

第10回長野マラソン完走記

今回は僕にとって7回目のフルマラソン。

モチベーションが上がらない中、どんな走りをすればいいのか、いろいろ考えたがせっかくなので何かテーマを持って走ることにした。

それは、元来スピード型(前半より後半が極端に遅い)で走るランナーだが、今回はスタミナ型(後半さほど落ち込まない)で走ってみようと思いついた。

5km辺りのラップを21分~22分できれいに並べ、あわよくばサブスリー、悪くても3時間一桁では走ろうと計画を立てた。

朝、4時に起床していつもの仕事をこなす。ついでにネットで天気をチェック。天気は曇りで気温も12時で16度程度の予報。まさにマラソン日和。少しずつ気合が入ってくるのがわかった。

mamoさん、山さん、はじめさん、たらちゃんとホテル近くの松屋で朝定食を食べてホテルに戻る。慌しくユニフォームに着替え、チェックアウト。6時15分、2台に分乗して駐車場へ移動。シャトルバスでスタート会場の長野運動公園に向かう。

Image01 僕を含めた陸連登録組みは陸上競技場でアップや準備体操をしてスタートを待つ。

招待選手の外国人やら速そうな社会人の選手が軽快にグラウンドを周回している。

東京ではほとんどアップをしなかったし今回も縁起を担いでアップなしの予定だったけどなんかもてあましたので1周だけアップした。そして荷物を預けてスタート位置に移動。

僕は陸連登録なので招待選手のすぐ後ろのブロックに並びに行く。真ん中辺りでいいや、と思っていたが、夢追い人さんとmamoさんがちゃっかり一番前に居たのでその後ろに入れてもらった。その時点では前から2番目だった。スタート時間が近づき招待選手が前に入ったので後ろになったがそれでも前から10列くらいか。これならスタートロスはほとんどないだろう。

刻々とスタート時間の8時35分が迫ってきた。東京の時のように目を閉じて深呼吸。そして定刻の8時35分に号砲が鳴りレースが始まった。

<レースの模様は続きを読むをクリック>

続きを読む "第10回長野マラソン完走記" »

2008年4月21日 (月)

長野マラソン道中編

第10回長野オリンピック記念長野マラソンに参加してきました。
僕にとってはじめての長野マラソンでしたが、皆さんのお陰で非常に楽しめました。

今回は、「道中編」として記事を書きます。
(レース編は近日中にアップする予定です)

今回の参加者は、はじめさん、夢追い人さん、むーぴーとうさん、rei-chan、osamusan、コルオ君、山さん、mamoさん、たらちゃん、岩ちゃん、でこちゃんと11名。そこに現地でふーちゃん親子が合流しました。
長野マラソンは前日受付なので、前日の19日の土曜日の8時30分に岡崎を出発ました。

はじめさんと山さんの車で高速をひた走り長野を目指します。12時過ぎに長野インターを降りてまずはゴール地点の長野オリンピックスタジアムに向かいます。ここでゴール後の待ち合わせ場所の打ち合わせをしました。

インターを降りるとスタジアムが見えます。松代大橋を渡ってフィニッシュ地点までの直線が2km以上あり、この直線の心構えを昨年もこの大会を走ったmamoさんに教わる。これが実際のレースではとても役立ちました。ありがとうございました。

ゴール後の待ち合わせ場所を決めた後、予めインターネットで調べておいた信州手打そば処 奈加乃に向かう。
Soba

ネットでの評判とおり、なかなか美味しい。

その後、ふーちゃん親子が待つ善光寺へ。
P1010824

みんなで、明日のレースの無事と完走をお願いしました。

次に、受付が行なわれているビックハットに行きました。
会場の中は企業ブースがいろいろありましたが、東京マラソンを体験した後だったので何か物足りない感じがしました。

<みんなで記念撮影しました>
P1010831

その後、ホテルルートイン長野別館に移動してチェックイン。禁煙の部屋がとれなくて臭いには参りましたが5600円と安いのでまあ、こんなもんでしょう。

そしてレース前日だというのにお決まりの宴会
P1010834

居酒屋の全国チェーンなのに頼んだ料理が出てくるのが遅いし順番はめちゃくちゃだし散々でした。料理がなかなか出てこないので本当は1杯で止めるつもりの生中を2杯もいただいてしまい、これがレースに多大な影響を与えることに・・・。
来年はこのお店はやめたほうが良さそうです。

そしてホテルに戻り、僕はいつもの通り、9時前に就寝したのでした。

さてさて、いよいよレースです。
東京で大目標を達成してからモチベーションが下がりまくり、なんとも緊張感がありません。
どんなレース展開をするか、考えもまとまりません。それでも眠る寸前に出した答えはとにかくサブスリーにチャレンジしてみようというもの。
果たしてサブスリーペースでどこまでいけるのか・・・。

近日中にブログにアップする予定です。長編になりそうなので暫くおまちください(笑)

陸上競技の人気ランキング
Banner_02

↑クリックで応援ヨロシクscissors

2008年4月15日 (火)

5月のレーススケジュール

春の本命レースの長野マラソンも走っていませんが、5月のレースを調子に乗ってエントリーしてたらとんでもないことになってしまいましたsweat01

5月5日 強右衛門戦国街道ラン 65kmマラニック
5月11日 かきつばたマラソン 10km
5月18日 足柄大橋開通21周年金太郎マラソン  10km
5月25日 南木曽町・妻籠健康マラソン大会 10km
6月1日 三河湖1周ランニング大会 13.5km

なななんと5週連続になっちゃたじゃありませんかwobbly
これではいくらなんでも故障するのでこんな感じで走ることにしよう!

5月11日の「かきつばた」はデコママの伴走にしよう。
ちなみにデコママは伴走のことを「ムードメーカー」という。それをいうなら「ペースメーカー」だっちゅうのdash

5月18日の「足柄大橋開通21周年金太郎マラソン 」は急遽神奈川までの出張が決まったのでどうせならどこかで走りたいということでランネットで検索したらギリギリ間に合う大会がありましたのでエントリーしました。
過去の記録をみてみると40歳代男子の優勝タイムが去年が36分53秒、一昨年は37分38秒。
当日の気温にもよるけど、うまくいけば優勝もありそうscissors
なのでこのレースは超本気モードup

5月25日の妻籠は前日から会場入りで宴会bottleツアーなんでまあ適当に。

6月1日の三河湖はwatchを外してのタイム申告レースなのでここもデコママの伴走heart02

こんな感じで超過密スケジュールを乗り切りたいと思います。
神奈川の金太郎マラソンは本気で頑張って見ます。
その為に今から調整しなくちゃ!

っていうことで、長野では無理しません。3時間15分目指して走りま~すrun

Banner_02

陸上競技のブログ人気ランキングです。
クリックで応援ヨロシク!

2008年4月14日 (月)

焼津みなとマラソン完走記

今年もカツオにつられて(笑)はるばる焼津まで行って来ました。

我、中総RCからは、セーラーさん、たらちゃん、いくちゃん、ふみふみさん、でこちゃんの5名。今年は記念大会ということで、例年の倍の5人に一人にかつおが当たるらしい。

いったい何匹持って帰ってこれるのでしょうか?

朝、6時30分に岡崎インター近くに集合してふみふみ号にて焼津に向かう。
焼津には8時頃着いたのだが、10kmレースが終わったらすぐに会場を出たいのですこし離れたみなと祭会場の駐車場に車を入れる。地図でみると近そうな感じだが歩いてみるとかなりの距離。体感では3km近くありそう。

とぼとぼ歩いていると前方から綾小路うし麿さんがジョグしてきた。一緒に会場まで会話しながら歩く。受付を済ませ、場所を決めて落ち着くともう9時前。我々の10kmのスタートの9時40分までほとんど時間がない。慌ててゼッケンをつけたり着替えたり。

アップをする時間もないし、歩きすぎてその気もなくなったし、せめてスタート会場まではみんなでjogで移動。前から10m付近の辺りに並んでいると「陸連登録の人はロープの前にどうぞ」というので、たらちゃんと一緒に一番前に移動。スタートまで約10分。広々としたスペースで準備運動をしっかりしました。

そして9時40分に号砲が鳴りスタートしました。

一番前からのスタートなので後ろから蹴られないように最初はダッシュで走る。10m程先頭で気分が良い。

それでもこの大会はあくまで翌週に控えた長野マラソンの調整レース。ハーフくらいのペースで余裕を持ってゴールがテーマ。タイムは38分程度の予定だ。走りきって今日がピークにならないようにしないといけない。

最初の1kmは3分31秒で通過。アップをしてない割には身体は軽いし呼吸も余裕がある。次の1kmは3分33秒で2kmは7分4秒で通過。調子がいいので、せっかくの公認10kmだし10kmのベストを狙ってこのまま走りたい衝動に駆られる。どうしようかマジで迷ってるといつの間にかちょっと前方に綾小路ウシ麿さんが走っていた。今後の走りを彼にゆだねようと思い、「今日は頑張るモードなの?」と後ろから声を掛けて見た。すると「そうでもない」ような返事だったので、僕もあわせてペースダウン。

その後は3分45秒~50秒/kmのラップで気持ちよく走る。5kmの通過が18分28秒。そしてまもなく折り返し。中央よりに出てみんなを探しながら走る。

まもなくセーラーさん、たらちゃん、ふみふみさん、いくちゃんの順ですれ違う。そのころから僕の右足裏に水ぶくれが出来だしてきた。いつものレースシューズ&レースソックスなのになんで??

僕は水ぶくれには以前痛い目にあっている。我慢して走ったらゴール前に革がめくれ血染めの激痛ランになったことがある。完治に10日以上かかり大変なことになったことを思い出した。まだ残り4kmあるし、リタイヤも頭をよぎる。

リタイヤもいやなので最終手段で右足の水ぶくれ部分にあまり響かないように変な着地で走る。ペースも4分をちょっと切るくらいに落ちる。6~8kmの3kmは11分49秒。革がめくれないように祈りながらの変な走りが原因か、両足の薬指の爪も痛くなってきた。あと2kmだし応援もたくさんいるので顔だけは笑顔で走ってみた。笑うと痛みがなくなるので不思議だ。

残り1kmを過ぎて右折を繰り返し遠くにゴールが見えた。順位はとにかくカツオが気になる。ゴール直前ユカちゃんが応援してくれた。ジーパンのユカちゃんが新鮮だった。早く良くなるといいね。

後ろから二人のランナーが必死にラストスパートしてきた。カツオにどう影響するのか?抜かさせたほうがいいのか抜かれないように僕もスパートすればいいのか?迷った挙句流れに任せて抜かせることに。結局38分09秒でゴール。タイムは狙い通り。このままハーフ走れそうなくらいで体力的なダメージはほとんどなし。しかし、足裏と両爪にかなりのダメージ。長野までに治さないと・・・。

さて、気になるのがカツオだ。チップを外して記録証を祈る思いでもらう。順位は20位。今回は「4」と「8」のでアホになるじゃなくてカツオがもらえるらしい。ということはあの二人に抜かれななければ18位でゲットできたのに!と、ゴール後はとっても悔しかったけど良く考えてみたら順位は40歳代の年代の順位。あの二人の年代はわからないし、きっと30台だろうと思うことにした。

いくちゃんが見事3位入賞で昨年に引き続き無条件でカツオをゲットしていました。残りの4名はとび賞に当たらずカツオはもらえませんでした。

その後は再び駐車場まで3kmくらい歩き、魚センターに移動して美味しいお寿司を食べて帰ってきました。

来年は駐車場を考えないといけない。往復6kmは遠すぎるし、出場はどうしようかな~。

2008年4月 7日 (月)

三好池桜マラソン完走記

昨年に引き続き三好池桜マラソンに参加してきました。

04071 我、中総RCからも大量参加で、黄色いユニフォーム軍団はとても目立っていました。

昨年もこの大会は走ったのですが、故障や不調で41分台でした。今年はなんとか40分は切りたいと思ってスタート地点に並びました。

この大会は三好池横の運動公園をスタートして桜が満開の三好池の周り(1周約4.5km)を2周回って戻ってくるという約10.7km(どんぐりさんのガーミン計測による)のコースだ。

例によって一番前に並んでいた夢追い人さんに入れてもらい僕も一番前からスタート。
スタート後に轢かれないようにトップスピードでグラウンドを駆け抜ける。その後の砂利道では転ばないように注意をしながらカーブを曲がり三好池への坂を駆け上がる。

去年はここですでに息が上がったっけ?なんて思いながら今年は楽に池へでた。ウインドアップのテルさんから聞いてて池の直線部分は丁度333mあるそうで、ここで一度時計を押してラップを取る。1分12秒で直線を走りきった。ということは1km3分36秒ペースだ。これくらいのペースなら体感的に10km走りきれそうだと感じた。かなり調子もいいらしい。

この池には500mごとに看板が設置してあるが、何度か練習で走っているがこの距離ポストが実にいい加減なので、充てにできない。その意味でも直線333mでペースを確認するのは大事なことだと思います。

スタート前からのどの渇きを感じていたので最初の吸水が嬉しかった。一口飲んでペースを維持。そのまま走ってると後ろから青ちゃんが挨拶とともに大きなストライドで抜いていく。付いていこうか迷ったがまだ1周目だし、とりあえず自分のペースを守って走る。

再び直線の始まりに来たので時計を押す。この1周は16分07秒で通過。そして再び333mでラップを確認。ここも1分12秒。まったく同じペースで走れてる。呼吸も乱れてないしまだまだいけそうだ。しかし2周目に入ると後発の6kmの部や10kmの女子の部の選手が一杯走っていて走りにくい。右へ左へ交わしながら走っていく。

すると、1周目で見えなくなった青ちゃんが見えてきた。せっかくだから何とか追いつきたいものだ。カーブでは無理にでもなるべく最短距離を走りながら遅いランナーを抜いていく。青ちゃんの背中が少しづつ近づいてきた。青ちゃんがいい目標になってくれたので2周目は16分04秒で1周目より速い。結構蛇行してたのでかなりペースアップしてると思う。

そして再び333mでペース確認。やっぱりここも1分12秒。まるで機械のような走りだ。そして急坂を駆け下りながらS字カーブを曲がる。太ももにかなりの衝撃。

04072 グラウンドに入ってラストスパート。

誰かが追いついてきたので「抜かれたくないスイッチ」も入り並ぶようにしてゴール。

タイムは37分42秒。(10.7km)
40分切りを狙っていたので自分でもオドロキのタイム。

10kmに換算すると35分台前半のタイム。これは高校1年の時に豊橋ロードレースで出した35分30秒を超える自己ベストだ!うれしい!この年齢(45才)で16歳の自分越えscissors 大満足でした。

その後中総の皆さんも続々とゴールしてきました。
女子の部ではいくちゃんが2位、ふみふみちゃんが3位と中総女性陣大活躍でした。

ついでに相方のデコママも初レースで50分2秒とすごいタイム。しかしどんどん速くなるなぁ。そのうちローカルな大会で入賞しそうな勢いだ。恐るべし。

今年は桜も満開だし天気もよく最高のコンディションでした。デコママも気に入って来年も参加すると言ってました。来年もみんなで行きましょう!

陸上競技のブログランキング
Banner_02

↑クリックで応援よろしく!

2008年4月 2日 (水)

3月を振り返って

目標にしていた東京マラソンを走って、モチベーションが下がり難しかった3月も終わりました。

振り返ってみると391kmも走っていました。
5回あった週末にしっかり走りこめたのが良かったのでしょう。
東京前ほどではありませんが徐々に調子も戻ってきました。

4月にはシーズン最後の長野マラソンがあります。
徐々にモチベーションも上がってきました。

4月ということで気温の上昇が心配ですが、締めくくりのフルマラソンとして何とか満足のいく結果を残したいと思っています。

サブスリーはさすがに無理な状況ですが3時間10分は最低でも切りたいと思っています。

2008年4月 1日 (火)

奥山田しだれ桜見物ラン

今朝の朝練は、今まさに満開の奥山田町のしだれ桜を見に夫婦で行ってきました。

自宅から4km程なので距離的には丁度いいのだが、一山越えていかなければならず坂がきつい!

<今回のコース 約9km>
04012

自宅を朝5時10分出発。反時計回りでまずは真福寺の山を越えます。
かなりの急坂でデコ妻はきつそうです。
花園工業団地まで行けばあとは下り坂。自宅から約4km、22分程度で到着しました。

まだ、夜が明け切ってなく薄暗い早朝でしたが、誰もいない大きなしだれ桜を二人占めscissors

<暗くてよくわからないけど満開のしだれ桜>
0401

しばらく辺りを散策した後、帰路につきました。
夫婦でトータル55分44秒のラブランでしたheart

陸上競技のブログランキング
Banner_02 ←クリックで応援よろしくscissors

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »