最近のトラックバック

« デコママの伴走♪かきつばたマラソン | トップページ | フルマラソン1歳刻みランキング »

2008年5月19日 (月)

2008年金太郎マラソン完走記

0519 神奈川県まで出張で行くことになり、どうせならどこかで走りたいということで、足柄大橋開通21周年記念金太郎マラソン大会を走ってきました。

この大会は5kmと10kmと15kmの部があり、去年のタイムを調べたら40歳代10kmの部の優勝タイムが36分53秒。ベストタイムを出せば優勝もあると思い、10kmの部にエントリーしたのでした。

前日の出張も順調にこなし、夕方には会場近くの秦野市のビジネスホテルにチェックインしました。

レース前なので本来なら節制しないといけないのですが、暑さの中のロングドライブを癒してくれる飲み物は生ビールbeer以外に思い当たりません。

ホテル内にあったすし屋さんに入ってbeer2杯と寿司を1人前食べてお腹いっぱい。そして翌朝の朝食をコンビニに買いに行きました。

そこでriceball3個とインスタント味噌汁、ヨーグルトを購入しました。しかしこれが翌日大きな失敗となって帰ってきたのでした。

ほろ酔い気分でホテルに戻り、8時には就寝してしまいした。そして今回は金縛りにあうこともなくAM4時30分まで熟睡できました。そしていつものように持ち込んだノートパソコンで仕事をして6時から昨日買っておいたriceballを食べました。

2個でやめておけばよかったのに好物の赤飯おにぎりを最後に残したもんだからどうしても食べたくなり無理して3個目を食べてしまいました。

そして7時にチェックアウトして会場の開成町の足柄上行政センターに向かいます。ホテルから40分ほどで会場に到着。早く着いたので行政センター内の駐車場に車を停める事ができました。なので、車内で着替えなどの準備をすることができ、一人の遠征レースだったのでとても助かりました。

8時前には受付を済まして、10時のスタートには充分時間もあるのでアップに出ました。

せっかくなのでコースを辿ってみることにしました。このコースのメインはなんといっても足柄大橋。ここのアップダウンが気になる。スタート会場からコースの酒匂川沿いのサイクリングロードを走って足柄大橋に向かう。走り始めてまず気になったのがすごい満腹感。やっぱり朝ごはんを食べ過ぎたようだ。このままでは全力で10km走れない。とにかくお腹がこなれるまでしっかり走りこまないといけない。4kmほどのアップの予定だったが1時間は走らないと・・・。ここにきて何たる失敗!3個目のおにぎりがここまで苦しめるとは・・・

しかし、このサイクリングロードが曲者だ。なんといっても狭い。幅は2m程だろうか。プログラムを見ると15kmの部が15分前にスタートしていく。ということはこの狭い道で15kmの分の選手を抜いていかなくてはならない。舗装してある約2m幅のサイクリングロードはランナーで埋まっていることを想定してその左側にかすかにある土手の部分が走れるか試してみる。走りにくいが何とか走れそうだ。15kmの選手が1列に並んで走っていることは考えられずおにぎりと共に早くも優勝に暗雲が立ち込めた気がした。

狭いサイクリングロードを抜けると、白線の指示があり、今度は野球場やらパターゴルフ場などの公園の脇を走るようだ。ここも一応舗装してあるのだが、砂がかぶっているところがいたるところにあり、かなり走りにくい。

そしてメインの足柄大橋に到着。コース図によるとここの歩道を往復するらしい。それよりも堤防の中の公園道路から橋への取り付け道路のアップダウンがかなりのものだ。これを往復するので登っておりて、登って降りる。今まではほとんどフラットだったのでこのアップダウンは大変だろうな。ここまで体力温存で来ないといけないなぁ。などとシュミレーションが出来たのは収穫だったが相変わらずお腹が苦しい。

そして再び公園に入り野球場の横を通りサイクリングロードを戻っていく。おそらくここは遅いランナーとすれ違うんだろうな。かなり狭いところもあるし大変そうだ。レースをイメージしてラストスパートのポイントを決めた。結局なんだかんだで10kmのコースの約7kmほどは走ってしまった。お腹は苦しいし暑いしでかなりの疲労感。こんなんでレースは大丈夫なの??

不安いっぱいの中、ユニフォームに着替えて20分前には会場に向かった。
定刻の9時45分を少し遅れて15kmの部がスタートしていった。そして明いたスタート位置に流れ込む。今回は先頭の真ん中の好位置がゲットできた。

遠くまで遠征で来たんだ。頑張って優勝するぞ~!!
スタート1分前のコールがあり、目を閉じて深呼吸。

そしてピストルが鳴った!

<レースの模様は続きを読むをクリック>

グラウンドを約1周して外に出て行く。グラウンドといっても陸上競技場ではなく多目的広場なので走りにくい。グラウンドからは6番手で道に出る。暫くは普通の道なので走りやすい。まずまず軽いしいい感じだ。

アップの時に気が付いたのだがここには距離表示がない。というかあるのは15kmの部の表示で15kmのコースは最初に少し遠回りするので我々10kmの部には何の役にもたたない。

今回の作戦は最初は無理のないペースで走り、余裕を持って橋を往復。その後の約3kmはロングスパートで順位を上げるというもの。ところがまだ2kmも走ってないと思うのに身体が重い。さっきの軽さはなんだったんだ。体感ではそんなに飛ばしてない。おそらくキロ3分45秒くらいだろうか。我慢してれば軽くなると思い、同年代と思われる前の選手を追う。

2kmほど走ったところで折り返して問題のサイクリングロードに入る。やっぱり15kmの選手がたくさん走っている。そして当然のことながら我々とはスピードが全然違う。なるべくアスファルト部分を使って右に左に交わしながら抜いていく。並んで走ってるところは土手も使った。シュミレーションをしておいてよかった。

でもこんな走りでかなり消耗してしまった。時計をみたらまだ10分足らず。ということはまだ3分の一だ。遅い選手を抜きながらも、10kmの選手にも抜かれだす。明らかに同年代の選手にも抜かれ、モチベーションがどんどん下がる。もうこの辺りはキロ4維持がやっとの状態。この後訪れる足柄大橋用の体力も尽きている。やっぱりアップで走りすぎた。あのおにぎりがこんなことになろうとは。前日のbeerもいけなかったのか?それともGWの疲れが出たのか?いろいろなことを考えながら走った。もう苦しい。歩きたい。10kmのレースでこんな気持ちになったのは初めてだ。

そして、いよいよ問題の足柄大橋に到着。橋の下に吸水ポイントがあった。逆側だし取りにくい。喉が渇いているので欲しかったがとりあえず橋を往復して帰りに取ろう。

橋への登り坂も一度走っておいたので坂のイメージはつかめてる。ランナーを一人抜いて登ったら先日のインターバルで体感したような心臓が飛び出そうな感覚になった。そして橋の歩道で15kmのランナーを抜きながら走ってたら一度心臓が出そうなくらい追い込んだのが良かったのかようやく呼吸が楽になってきた。そして橋を渡り終わり川沿いで橋の下を潜り橋の逆側の歩道で戻ってくる。ここからは15kmの部はさらに大回りしてるらしく、前は10kmの選手しか居なくなりようやく走り安くなった。

調子も戻ってきたし今まで抜かれた選手を一人ずつ交わしていく。橋を渡り終わり下に降りてようやく吸水ポイントに差し掛かる。今度はテーブルの横を通るので取りやすい。係員が手渡ししてくれるようだ。早くから吸水が欲しいアピールをしてテーブルに近づく。前のランナーに並んで手を伸ばす。タイミングよく係員が僕に紙コップを差し出した。ぼくの右手がコップに触れる。もらったつもりが手からすべり落ちた。無常にも命の水は足元に落ちてしまった。係員が「ああ~!かわいそう~」と声を上げた。本当にかわいそうだ。かなり気温も上がってるし脱水症状になったらどうしよう。

しばらく落ち込んだが、せっかくこんなとこまで遠征してきたしなんとか入賞したい。一度はあきらめたがここからは結構頑張れた。イメージしておいたラストスパートポイントからは少しだけどスパートもできて一人抜くことができた。

そしてグランドに入り込みゴール。時計は38分25秒。最低でも37分台。うまくいけば35分台を狙っていたのに何なんでしょうかsweat01

それでも入賞はしてると思って記録証をもらう。そこには40歳代8位と書いてあった。ええ??こんなに悪いの??去年なら4位相当のタイムなのにぃ~!
年々レベルが上がってるんだろうね。それでも最低限の入賞はできたので満足しないとね。

それにしても10kmの走り方がわからなくなった。蒲郡や焼津なんか押さえて走っても37分台だったのに今回は思いっきり走ったのにこのタイム。35分台なんて遠い夢になってしまった。もっともっと練習しなければと思った今回の遠征でした。

長文にお付き合い頂きありがとうございました。

この大会はオプションでアサヒビール工場見学もあります。みんなで行ったら楽しいだろうな~

« デコママの伴走♪かきつばたマラソン | トップページ | フルマラソン1歳刻みランキング »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

本日もコースが目に浮かぶような臨場感あふれるブログをありがとう。とても走りにくかったんですね。それでもしっかり入賞おめでとう!遠来賞はなかったのかな?今日の発見、でこちゃんがお赤飯が好きだということ。私も好きです。heart

8位入賞。立派なもんだ。おめでとう!!
いつもいつもベストの状態で走れるわけじゃないし、次の妻籠で頑張ってください。
前夜は大炎会だけど、ロングドライブの疲れは無いだろうし、昨年走ってるから勝負どころも分かってるし、割勘負け覚悟で節制し、上位入賞の狙いどころじゃあ~りませんか?

お疲れ様でした。

体調管理は、難しいですよね。それでも38分台に纏めた辺りは流石の一言ですよ。

>ふーちゃん
コンビニでriceball買うときは必ず赤飯です。美味しいよね~。
次に好きなのは五目御飯とか炒飯とか。
海苔を巻いてある普通のおにぎりはあんまり買いません。

>moonさん
そうかワリカン負け覚悟で入賞狙いにしようかな(笑)
でもそんなのいやだ!ウコンの力を借りてどっちも全力投球だ~

>綾小路ウシ麿さん
アップの時はそんな感じはなかったのに。
ホントにレースは難しい。
今回は貴重な経験として次回に生かしたいと思います。

遠征レースご苦労様。
間違いでしたらゴメンナサイですが、たぶん
入れ込みすぎです。
だけど、おにぎり3個は・・・♪

私も釣りの時は、赤飯、炒飯、鳥飯等の海苔がないタイプを比較的よく買います。
ただ、船酔いで食べれなかった時、家に持って帰っても、赤飯だけは誰も手をつけないのは何故・・・

せっかくなので表彰台の一番上に乗りたくて。
確かに入れ込み過ぎました。
これからはもっと気楽に走ります。

>kenjiさん

海苔のないおにぎりは美味しいよね。
そしてちょっと小さく感じるので
3個も買ってしまいました。

今回かなり気合が入ってたと思うのでちょっと残念な結果なのかな。
はじめさんと同じく優勝を意識し過ぎて入れ込み過ぎたのかな?と思います。けれどこれが優勝を狙う人には、必ずあるプレッシャーというヤツです(笑)
タイムや優勝を意識し過ぎるとエリート選手でもアップから体が重く感じて平常心を失いますから…
自分は、ドベにならなきゃイイや!って気楽に参加したのが好結果になったけどね♪

>mamoさん
ということは僕もエリート選手の仲間入りだ(笑)

そう。確かに入れ込みすぎた。
焼津や蒲郡の時みたいに気楽な気持ちで走るべきだった。

週末の妻籠は二日酔いのお気楽ランしてきます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194269/21037275

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年金太郎マラソン完走記:

« デコママの伴走♪かきつばたマラソン | トップページ | フルマラソン1歳刻みランキング »