最近のトラックバック

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月30日 (月)

安城緑道ハーフマラソン

相方のデコママと安城緑道ハーフマラソンに参戦してきました。

この大会はレースというより練習会的なもので、ゼッケンは手書きだし、信号待ちがある。

なのでそれほどマジになって走る大会でもない。昨年までは同時開催のフルマラソンの部に出ていたのだが、同じところを2周回るコース設定がいやで途中でやめたくなってしまう(昨年は30kmでやめてしまった)ので今年は初めてハーフにエントリー。

9時スタートのフルマラソンの部を見送り、30分後にハーフのスタートだ。

いつものように大会主催者のTさんの爆笑挨拶の後、なんとか予定時間通りにピストルが鳴りスタート。

今回はキロヨンのペース走で目標は1時間25分。信号待ちも予想されるので右手にガーミン205を、左手にスーパーランナーズを装備して走った。

序盤は追い風も手伝いいいペースで走っていた。ガーミンのラップもキロヨンを切るペースを刻んでいる。でも8kmも行かないうちに、30分前スタートのフルマラソンのランナーに追いつく。遅いランナーを抜きながら前を追う。暑くなってきたので手袋を外してランパンに挟んだつもりが落していたらしく、後ろのランナーが拾ってくれたので立ち止まって手袋を受け取る。そして最南端で折り返し。ここまでは信号待ちのロスはなかった。

今回は運がいいなぁ~。と思ってたら、途中の信号のない交差点で係員に止められ始めてのロス。このロスでタイミングがずれたのか次の信号は長時間待たされることに。前の折り返しでは大分離れてた女子を含む集団に追いつかれた。

まあ、練習会だから一人旅よりみんなと走ったほうが楽しいからと思いなおしペースの合う人とペース走。

その後も信号に何度か止められ、その都度、女子1位に追いつかれては引き離すの繰り返し。

そして最北端で折り返した辺りから女子1位の中学生?とバトル。絶対負けたくないと思い彼女を後ろに従え懸命に走った。

競技場に入る手前で女子に並ばれピンチ!それでもほぼ同時に競技場に入りラスト300m。ところがここから強烈な向かい風が僕を襲う。それは僕だけに襲っての?と思われるくらい彼女のペースが普通に上がった。だめだ!付いていけない。

情けないがあきらめて最後は流してゴール。

スーパーランナーズは1時間23分56秒。オートストップ機能がついているガーミンは1時間21分38秒。つまり2分18秒くらい信号に止まったことにる。後半タイミングが悪く何度も止められたからなぁ。まあ、こういう大会だし、距離は短いし、でもほぼ目標どおりのラップで走れたし、いい練習が出来て満足。

その後、着替えてトン汁食べて、そろそろデコママがゴールしそうなので応援に行こうかと思ってたらもうゴールしてた。

タイムを訊いたらなんと1時間41分。速くなったなぁ~。サブ4もいけるんじゃないの?

そしてもう一つの驚きが、今回初フルマラソンのま~くん。
なんと2時間45分48秒。2番目に競技場に入ってきた中総のユニフォームを見たら嬉しくなったよ~。
この半年ですごい速くなったね~。もう絶対勝てない(汗)

このまま順調に伸びていって、福岡国際や琵琶湖毎日に出て欲しいものです。

<今回のラップ>
Rappu

<コース地図>
Map

陸上競技のブログの人気ランキングです。
クリックで応援よろしく!

Banner_02

2009年3月28日 (土)

奥山田シダレ桜LSD

0e0f7d1e81f1257cae49b37426caf542

今日の中総RCの朝練はちょうど見ごろの奥山田町のシダレ桜見物ランに行きました。
<デジカメを忘れたので写真はま~くんからもらいました>

さすがに岡崎の桜の名所でテレビ放映もされるとあってかなりの大木で迫力満点。

今年は例年より開花は早かったのですが、最近の冷え込みで満開の期間が長いようです。

確かに今朝は寒かった~。暑さ寒さは彼岸までじゃあないのかよ~。

この寒さじゃ毎年の春の恒例行事のデコママとの庭でBBQが出来ませんsad

今日の練習
25kmLSD
2時間23分14秒

陸上競技のブログの人気ランキングです。
クリックで応援よろしく!

Banner_02

2009年3月25日 (水)

東京マラソンにセレブランナー枠構想?!

年々倍率が上がってる東京マラソン。

今年は7.5倍だったが来年はもっと倍率が上がりそうだ。

ただでさえくじ運が悪い僕はきっと来年も外れそう。

そんなくじ運の悪い人達への究極の救済措置を石原都知事は考えてるらしい。

それは東京マラソン“セレブランナー枠”構想というもの。

記事によると組織を法人化して、高額の参加料を払っても走りたい人からは、たくさんいただいて、優先的に走らせ、差額をチャリティーに使おうというものらしい。

都知事によると、あと1000人ならば出走枠を増やせるらしく「プラスアルファする人がいたら(金額の)高い順にいただいて、だんだんせり上がって『100万円でもいい』って人がいるかもしれない。そういう人には出してもらってだな、有効に使えたらと思っている」とオークション方式でセレブ枠を新設することに意欲をみせた。・・・・だってさ。

是非セレブ枠の人には色違いのゼッケンをつけてもらって特別エイドやトイレなどで優遇してほしいね。

しかし、そうまでして走りたい人っているんでしょうか?まあお金持ちさんなら別でしょうが。我々庶民にしてみれば、前日受付で前泊しなければならず、交通費や宿泊費、さらに通常のフルマラソンからすれば倍の参加費の今の東京マラソンは充分セレブなんですが・・・(笑)

陸上競技のブログの人気ランキングです。
クリックで応援よろしく!

Banner_02


 

2009年3月23日 (月)

東京マラソン観戦記

パソコンで知り合いの選手のラップを確認しながらのテレビ観戦。

強風で走りにくそうでみんな後半にラップが落ちていました。とくにrei-chanの落ち込みがすごくてちょっと心配です。

今回のMVPは枚方マスターズの高田選手
ズラを被ってスタートから5kmまで先頭集団で走る姿は衝撃でもあり爽快感がありました。
テレビで名前が紹介されすぐにわかりました。
彼は篠山の優勝ランナー。同じ大会を走ったことでさらに親近感が。

それにしても3週間後にまたフルマラソンを走るなんて・・・。

どこまでトップで行くのか気になりましたが徐々に離されてしまいもう彼の勇姿は見れないと思っていました。

ところが彼にはもう一度幸運が。なんと女子トップの選手が終盤追いついてきたのです。
そしてゴールまでの2km弱で再び全国ネットに。おおいに楽しませてもらえました。

なんと今朝の「とくダネ」でも特集していました。

もし来年当選できたら僕もあのズラを被って広いデコの部分に「デコちゃん」と書いて走りたいと思います。

陸上競技のブログの人気ランキングです。
クリックで応援よろしく!

Banner_02

2009年3月22日 (日)

がんばれ!春日国!

今日は第3回東京マラソン。
走友も何人か走るので頑張ってもらいたいけど、僕にはもう一人頑張ってもらいたい人が。

それが、現在、東幕下筆頭の春日国

彼とは仕事でお付き合いがあった会社が名古屋場所で春日山部屋をお世話するようになってからお友達になり、名古屋場所の時には一緒にちゃんこを食べたり、何度か場所へ車で送っていったりしていました。

先場所は幕下5枚目で6勝1敗の好成績。(十両以下は15日間で7回相撲をとります)十両に上がってもおかしくなかったんですが落ちてくる人が一人しかいなくて東の筆頭にとどまりました。

十両の一番下とたった一枚しか変らない番付ですが、そこには天と地くらいの差があります。十両にあがれば関取で付け人もつきます。

一枚下の幕下は誰かの付け人をしなければなりません。実際彼は横綱白鵬の付け人を2年位前からしています。関取がかかった大事な場所なのに今場所もやってます。横綱が相撲を取り終えて花道を帰っていくときに毎日のようにテレビに映るという特権もありますが・・・(笑)

そして今場所は勝ち越せば(4つ勝てば)間違いなく十両に上がれます。
どんな力士に聞いても十両に上がった時が一番嬉しいといいます。是非4つ勝って関取になってほしく、初日から応援していました。

今場所の星取り表です。

昨日も負けてしまい、なんと1勝3敗。後がなくなりました。
来場所、十両に上がるためにはもうひとつも負けれません。
自分の力を信じて開き直って行くしかありません。

頑張れ!春日国!3連勝で関取だ~!!

そしてあの低音ボイスで歓びのインタビューを聞かせてくれ~

2009年3月17日 (火)

第25回日本大正村クロスカントリー完走記

3月15日岐阜県恵那市の大正村で行なわれた日本大正村クロスカントリーに参加してきました。

この大会は初出場ですが、噂ではすごい坂があるらしい。それでも地元特産物などの出店やレース後の温泉&打ち上げが楽しそうなので参加したのでした。

そして今回の参加者がmoonさん、むちむちさん、ウルトラマンさん。飲むことに関しては横綱級のそうそうたるメンバーとなりました。僕とま~君を合わせて5人で朝7時20分我が家を出発して現地に向かいました。

9時には会場入りし、受付を済まし小学校の体育館の中に陣地をとりました。すごい坂に挑むので一応みんなで軽くアップに行きました。

今回の目標は平均キロ4以内で10マイル(16km)走り1時間04分切りで入賞狙い。篠山のフルマラソンから2週間しか経過してないし、最近スピード練習はまったくしてないので果たしてキロ4で行けるのか、また坂はどの程度なのか・・・。

スタート10分前にスタート位置に移動して一番前でスタートを待ちました。そして10時30分定刻にピストルが鳴りレースが始まりました。

まずはこのコースの高低図から。高低差約200m。とんでもないコースでした。
Hyoukou

<クリックで大きくなります>

スタートしてグラウンドを駆け抜け狭い道路で右折を繰り返します。一気に狭くなるので転倒が心配されます。なるべくいい位置で道路に出たくちょっと飛ばしました。

暫くは明智町内を走って行きます。若干の下り坂も手伝い最初の1kmを3分29秒で通過したことをガーミンが教えてくれました。最近スピード練習してないのにかなり走れる自分にびっくり。次の1kmは3分49秒。7分20秒で2km通過ですが、やっぱりスピード練習不足は明らかで、すでに息が上がり一杯一杯の状態。

さらにこの辺りから名物の登り坂が始まりました。後でガーミンで見たら5kmまでに100m以上登ったようです。明らかなオーバーペースのスタートダッシュに坂が追い討ちをかけ、全然登れません。それでもようやく登りきったようで、やっと下り坂が始まりました。

楽になったと思いきや、この下りも曲者です。余りに急な坂なので怖くて腰が引けてしまいます。ましてや1週間前まで僕の左ひざには「チョウケイ君」が住んでいたのでいつものように腰を入れた前傾フォームで走れないのです。その為、せっかく登り坂で抜いたランナーに下りで抜き返されていました。

その後は登っては降り、降りては登るの繰り返し。6人程度のランナーと抜きつ抜かれつ走っていました。

そして8km過ぎに待ち構えていたのが本当にすごい登り坂でした。ガーミンのデーターで見たら1kmの間に95mも登る九十九折の坂です。まるで本宮山のようでした。

何とか登りきり、坂を下っていきます。最初は急坂で怖くてスピードが出せませんが暫くするとちょうどいい角度の坂になりました。この辺りでようやく調子も出てきてラップも3分31秒で走っていました。

僕の前には3人のランナーが見えます。とりあえずこの3人を抜けばギリギリ入賞ラインなのかな?と思い懸命に前を追います。

残り2kmを切って一人抜き、あと二人です。ラスト1kmの看板があり最後の力を振り絞りスパート。まとめて二人抜き去りゴールの学校が見えてきました。

ところがここから2マイルのファンランランナーとコースが重なっています。道一杯にゆっくり走るランナーを避けながらスパート。後ろにランナーの気配があるので気が抜けません。何度もぶつかりそうになりながら何とか逃げ切ってゴール。

タイムは1時間4分20秒。目標達成ならず。さらにガーミンの距離表示は15.47km。約500m短い。やっぱスピード練習をしないとだめだね。

ゴール後、終盤バトルしたランナーの一人が話しかけてきました。rei-chanの知り合いらしくお互いの健闘を称えあえました。

そして記録証を見たら年代7位で入賞も逃がしてしまいました。翌日の中スポには入賞者の名前が掲載されていてますます悔しくなりました。

坂はきついけど、こういう田舎道を走るのは嫌いじゃないし、たくさんの出店も楽しめるし来年リベンジに来ようかな~なんて思ってます。

<今回のラップです>
Pesu

<コースです>
Tizu

そしてレース後はお決まりの大炎会。
会場で売ってる牛串やらはんぺいやらから揚げやらおでんやら買いこんでビールをどんどん飲みました。抽選会では何にも当たらなかったのでその後は近所の日帰り温泉施設のささゆりの湯に行って2次会。いったいどんだけ飲むんでしょうか(笑)

帰りはま~君の運転で皆さん帰路につきました。今回も最高に楽しい遠征となりました。

ま~君、のんべぇ軍団に付き合ってくれてありがとね~。次回ののんべぇ遠征は五木ひろしマラソンです。またまたお世話になります。

<今回のメンバー>
Shuugou

陸上競技のブログの人気ランキングです。
クリックで応援よろしく!

Banner_02

2009年3月13日 (金)

名古屋国際女子マラソン

先日行なわれた名古屋国際女子マラソンに今年も応援に行ってきました。

(日々の忙しさでブログのアップが遅れましたsweat01

もはや恒例行事となった応援ツアーですが、今年も走友のふみふみさんの応援をする為にむーぴーとうさんが計画した通り、土日エコキップを使って地下鉄で行ったり来たり。

さらに今年はQちゃんのラストランということもあってすごい人です。

吹上や市役所周辺で応援していましたが、Qちゃんは沿道に手を振りながらの笑顔の走りでした。僕も大きく手を振って応援しました。その時確かに目が合いました。感激です。

そんな時途中の関門で止められたランナーが歩道を歩いて来ました。
沿道の応援の人から拍手をもらった彼女はその場に泣き崩れてしまいました。

みなさんこの大会にかけて練習してきたんでしょう。今回は悔しい結果となりましたが、この大会のエントリー資格を持っているエリートランナーなんですから是非来年リベンジに来て欲しいものです。

走友のふみちゃんもこの辺りは余裕があるように見えました。この調子なら完走も出来そうです。ふみちゃんを見送り、地下鉄に乗り、残り1km地点でふみちゃんを待ちました。

最後は歩道を応援しながら走ろうと思っていました。

最後のランナーが通り過ぎ、選手の収容バスや交通規制の解除を告げる大会車両が通り過ぎてしまいました。残念ながらふみちゃんは来ませんでした。

後で聞いたら40kmの関門で止められたようです。
完走は来年に持ち越しとなりました。残念ですがしょうがない!来年も応援するから頑張ってくださいね!!

その後競技場入り口でみんなと合流して、打ち上げに行ったのですが、驚いたのが最後の関門です。

40km地点が最後の関門かと思っていましたが、なんと競技場入り口ゲートに最後の最後の関門があるのです。時間は3時間15分。

40km地点を通りぬけて、さああとはゴールするだけ!と思って走って来た選手を競技場入り口で止める意味はあるのでしょうか?競技場内では交通規制もありません。

実際何人ものランナーが入り口のゲートが閉められゴールすることが出来なかったようです。この関門の意味がわかりません。来年は改善してほしいものです。

さらに驚いたのが、Qちゃんのタイム。
あんなにニコニコ走って2時間50分。僕が必死で走ったタイムより6分も速い。
まあオリンピック金メダル選手なんで当然ですが、プチショックでした。

僕も前回の篠山マラソンでフルマラソンは10回走りましたが、応援もなかなかいいもんです。懸命に走るランナーは美しい。そして僕もまた走りたくなる。

頑張って走るランナーを見ながら、心に決めた!
今年も防府に行こう!

と、いうことで来シーズンの勝負レースは12月の防府マラソンに決定!
今月から毎月5000円の「防府貯金」します。

陸上競技のブログの人気ランキングです。
クリックで応援よろしく!

Banner_02

2009年3月 6日 (金)

篠山ABCマラソンレポート

今回初めて参加した篠山ABCマラソンですが、さすがに関西の人気大会でした。

◆エントリー料=4300円(2次は700円増し)
◆種目 フルマラソン(公認コース)のみ
◆スタート時間 公認の部:10時40分
          一般の部:10時50分
◆制限時間:5時間10分
◆受付:13:00~16:00(前日)、8:00~10:00(当日)

◆コース:細かいアップダウンがある(高低差約50m)
◆距離表示:5kmまで1km毎、以降5km毎、中間点より1km毎
◆吸水:7箇所(水・スポーツドリンク)
  ※スペシャルが置けます。

◆参加賞:Tシャツ、完走メダル
◆その他サービス:しし鍋、ホノルルマラソンなどが当たる抽選会

【オススメポイント】
・走りやすいコースと温かい応援。
・風光明媚なコースは走っていても楽しい。
・スペシャルドリンクが置ける
・陸連登録者は10分前にスタートできるのでスタートロスがほとんどない。
・出店がたくさんあり応援の人も楽しめる。

【マイナスポイント】
・時期的に晴れるとどうしても風が吹く
・スギ花粉症の人は辛い
・マンモス大会なので更衣室等混雑する
・スタートはブロックに分かれているが人数が多いので早くから並ぶ必要がある。悪天候なら最悪だ。
・雨が降ったときに何処で支度するのか?屋根のあるところが少なすぎる。
・記録証が後日郵送なのでゴール後に公式記録がわからない。

オススメ度:★★★★☆

来年は東京マラソンを走りたいので出走は微妙ですが、もし東京を外したら再び篠山を走ろうと思います。

今度はスペシャルドリンクを用意して前泊で行きます。

最後に今回のラップです。またしても後半失速の情けない走りです。
Rappu

<オマケ 41km付近のでこちゃん 後ろに迫る山さんの陰>
Image19

陸上競技のブログの人気ランキングです。
クリックで応援よろしく!

Banner_02

2009年3月 3日 (火)

第29回篠山ABCマラソン完走記

7bd9b5 黒豆としし鍋で有名な兵庫県の篠山市で行なわれた、第29回篠山ABCマラソンに参加してきました。

僕にとってこれが10回目のフルマラソンとなります。

今回の参加者はmamoさん、むーぴーとうさん、山さん、バッハーさん、キューピーさん、でこちゃんの6名。

レース後の打ち上げを考え、レンタカーで参戦しました。

豊明IC~最寄インターの丹南篠山ICまでは223km。移動時間が2時間30分ということですので余裕を持って僕がまず朝4時にレンタカーで自宅を出発しました。
(4時に出発する為に朝2時起きでした・・・coldsweats02

順番にみんなをピックアップして予定通り5時15分に豊明IC~伊勢湾岸~新名神~中国道~舞鶴若狭道を通って8時には丹南篠山ICに到着しました。

岡崎は雨が降っていましたがこっちは朝から晴天です。天気も上々で風もない。絶好のマラソン日和のようですが、花粉症のMPとうさんや山さんは早くも花粉を感じているようでした。

関西の人気大会とあって篠山インター出口で10分ほど渋滞しました。その後駐車場に車を停めて会場まで歩いて行き9時前には会場に到着することが出来ました。スタートは10時40分なのでもう少し遅く自宅を出ても間に合いそうですが、やっぱり前泊の方がラクチンですね。

P1020229 スタートまで時間はたっぷりあるのでゆっくり支度します。

天気はいいのですが若干気温が低い。ランシャツだと日陰で寒そうなので、長袖Tシャツの上にランシャツを重ね着するスタイルにしました。念のため手袋をランパンに挟み、ウエストポーチにはカーボショッツを2袋入れました。

クエン酸と痙攣防止の芍薬カンゾウトウを補給して準備万端。10時になったので登録の部のブロックへ移動しました。

先頭の登録ブロックへ行くとすでに沢山のランナーが並んでいました。
前から15列目くらいでしょうか、今回登録の部で走る4人で並びました。まだスタートまで30分近くあります。

Photo_2

今日のレース展開などいろいろ話してスタートを待ちました。

スタート前にはボヨヨ~~ンでおなじみのゲストのかつみさゆりさんが盛り上げてくれました。

そして10時40分、登録の部がスタートしました
Photo_3

【スタート~5km 19分59秒】
号砲が鳴ってもすぐには動きません。スタートラインを超えたのは約10秒後でした。それでも道が狭いのと、遅いランナーもいるのでなかなか自分のペースに乗れません。最初に左折したころでようやく自分と同じペースの人に囲まれ走れるようになりました。
それでも最初の1kmが4分を切っていてびっくり。その後はキロ4分10秒程度を意識して走ったのですが体がとっても軽く、5kmまでは1kmごとにあるキロ表示でラップを確認するとキロ4で走っていました。防府の時よりも軽いので「なんだかいけそうな気がする~~」と吟じたくなる5kmでした。

【5km~10km 20分43秒/40分42秒】
この区間は昔鉄道が通っていた真っ直ぐな道を通ります。5人くらいの集団で走っていたのですが、追い風も手伝って軽~い走り。聞こえるのはランナーの足音のみ。まるで本当に列車に乗ってるようです。超気持ちよかった5kmでした。

【10km~15km 20分51秒/1時間1分33秒】
この区間は道が細くなったり右左折を繰り返すので向かい風になったり、登り坂もあったりでリズムが乱れました。5km以降はキロ表示が5km毎になるのですが、道には1kmごとにマークがありました。たまたま見つけた距離表示でラップをみたら4分30秒くらいかかってる区間があって、5kmを21分以内を目安にしていたので焦りました。若干のペースアップをしたのが後半に響いたかもしれません。

【15km~20km 20分55秒/1時間22分29秒】
この区間はスタート会場近くに戻ってくるので応援が多く気持ちいい区間でした。飴やチョコを差し出す小学生は数知れず。本当に嬉しい応援です。この辺りで10分後にスタートした一般の部のランナーのトップ選手に抜かれました。やっぱりスピードが違います。

【20km~25km 20分55秒/1時間43分19秒】
この辺りも4人くらいの集団で淡々と走ってました。ハーフの通過が1時間27分10秒。防府の時より27秒速いけど、余裕度は同じ程度。あの時みたいに漠然とあと10kmは問題ないという手ごたえがありました。2回ほどあった細かいアップダウンも集団の中で体力温存で気持ちよく走れました。

【25km~30km 21分35秒/2時間04分55秒】
この区間はこのコース唯一の折り返し区間です。約6km行って同じ道を戻ってきます。暫く走るとトップの選手が反対側を走って行きました。ちょうどその頃女子2位(女子1位は20m手前にず~っと走っていました)に抜かれました。見覚えのあるその走りに目が留まりました。背中のゼッケンに小さく書いてある名前を見るとやっぱりTさんでした。彼女は防府マラソンでも抜いたり抜かれたりしていて記憶に残っていました。防府では結局彼女にせり負けいつかリベンジをと思っていたのですがまさかこんなに早く機会がくるなんて。

徐々に足に疲れを感じだしたので思い切って横を走る彼女に話しかけてみました。
防府で負けたことやその後の大阪国際で再び自己新を出したことの祝福をしました。いきなり話しかけて最初は驚いた様子でしたが、暫くはいろいろ会話しながら楽しく走れ足の疲れを忘れることができました。そして30kmを2時間4分55秒で通過。防府とほぼ同じタイムだが余裕度が全然違う。序盤の細かいペースアップが原因か?

【30km~35km 22分47秒/2時間27分42秒】
ようやく折り返しが見えてきた。登り坂と向かい風ともようやくお別れだと思うとホットするけど足が重い。Tさんについていくのが辛くなってきた。少し前に女子トップがいることを伝え、優勝目指して頑張ってね~とエールを送り、ランデブー終了。彼女にはまたしても負けてしまいました。情けない。
折り返してからは我慢の走り。まだまだサブスリー可能なのでギリギリのところで踏ん張る。折り返しに向かう仲間の声援が嬉しい。山さん、mamoさん、MPとうさんの順にすれ違う。山さんとMPとうさんは余裕がありそうだったがつらそうなmamoさんが心配だ。その後一般の部のバッハーさんとQPさんともエールを送りながらすれ違いようやく35km到達。残り7kmを32分。キロ4分30秒で間に合うけど大丈夫なのか?余裕度ゼロ!

【35km~40km 25分06秒/2時間52分49秒】
この大会はなぜか中間点からは1kmごとに表示がある。今の状態で4分半で走れるのか粘ってみた。36kmの時に見たら4分50秒かかっていた。精一杯走ってこの状態。このときサブスリーをあきらめた。ここから粘ってサブスリーを達成するには最高の環境がこの大会にはある。それは10分遅れのスタートの選手だ。この辺りで追いついてくる色違いのゼッケンランナーは2時間50分くらいの走力の持ち主。彼らの終盤のスピードはキロ4分~4分10秒くらいなので非常にいいペースメーカーになる。彼らを使えない自分が情けない。もし来年東京を外したら、ここでリベンジしようと心に誓いながらのトボトボラン。

【40km~ゴール 10分39秒/3時間03分28秒】
残り1kmの辺りでオールスポーツさんの撮影ポイントがあった。苦しかったけど両手を広げて笑顔でポーズ。そんなことしてたら、また一人の速いランナーに抜かれた。一般の選手かと思ったらゼッケンの色が同じ。まだこんな元気があるランナーがいるんだ。と感心してよく見たらユニフォームも同じ。山さんだ!いつもは「お待たせ」と言って抜いていくのに今回は黙って抜いていった。遠ざかる背中に「参りました」と言った物のこのまま抜かれるのが無性に悔しくなった。思い切ってペースをあげてみた。キロ5~キロ4へギアチェンジ!
自分でも驚くほど足が動く。すぐに山さんの背中につく。最後でさすのも悪いので横に並んで暫く並走。周りは弱ったランナーばかりなので、異次元のスピードで走る同じユニフォームの二人のランナーは周りから見れば異常だったでしょう。そして山さんを抜いてスピードを維持。フルの終盤なのに心臓が出そう。ゴールまで1km切ってるはずなのに全然ゴールが見えない。再びさされることを心配しながら左折したらようやくゴールが見えた。どうやら逃げ切ったようだ。お決まりの両手を広げたグリコポーズでゴール。タイムは3時間03分28秒。

すぐに山さんもゴール。握手して健闘を称えあいました。山さんは見事自己新達成。後で考えてみれば高校の大先輩の山さんに花を持たせてあげればよかった。

そしてTさんは見事女子の部で優勝。タイムも54分そこそこ。立派なものです。来年は彼女に勝つぞ~!!

MPとうさんは目標通りの走りが出来たようだし、OPさんとバッハーさんは自己ベスト。
僕とmamoさんは残念な結果となりました。

10回目のフルマラソンの今回、いろいろな反省点がありました。
この大会の特徴などとあわせて次回のブログでまとめたいと思います。

陸上競技のブログの人気ランキングです。
クリックで応援よろしく!

Banner_02

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »