最近のトラックバック

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月29日 (水)

朝と夜ではこんなに違うのか?!

5月中旬から毎週水曜日の朝に「変態練習」と名づけて県営グラウンドの外周(1周660m)を使ってインターバル練習を重ねてきました。

秋から冬にかけて効果が表れると信じて早朝から変態になっていますbleah

そんな中、先週の水曜日は朝に雨に降られてできなかったインターバルを夜にやったのです。

同じコース(660m)で同じレスト(1分のウォーク)で同じ本数(7本)で同じように空腹時。

そうしたら、夜の方が全然タイムがいいんです。体感的にはまったく同じなのに。

ちなみに今日7月29日の早朝インターバルのタイムは
2:30-2:27-2:28-2:31-2:29-2:28-2:20

そして先週の夜のタイムが
2:21-2:22-2:21-2:22-2:22-2:21-2:16

すべてが速い。
やっぱり朝は目覚めてるようで身体の芯は寝てるのでしょうか?
自宅から県営グラウンドまで2.5km程のjogだけでは目覚めないんですね。

ほとんどのレースが午前中スタート。早朝から出発する事がほとんどだし、レース前のアップの重要性を改めて感じた次第です。

最低1時間はjogしないとだめですねぇ~。

陸上競技のブログの人気ランキングです。
クリックで応援よろしく!

Banner_02

2009年7月28日 (火)

念願の猿投山トレイルラン

昨年からず~っと行きたかった猿投山トレイルランに行ってきました。
(昨年も計画はしたのですが当日の大雨で諦めたのでした)

初めての猿投山ということで、猿投に詳しい黒笹アヒレスさんにガイドをお願いして、中総からはま~君、rei-chan、たらちゃん夫妻とともに走りました。

まずは、浄水の竜泉寺の湯に7時に集合しました。温泉をスタートゴールにするとランニング後にお風呂に入れるからいいね~。

さらにま~君が気を利かせて家まで迎えに来てくれたのでbeerも飲めることに。ま~君ありがとねscissors

<今回のコースです>
Map

浄水駅前からスタートしてまずは猿投神社を目指します。天気予報は曇りだったのに朝から晴天。猿投神社までの約8kmがかなり暑い。

<猿投神社前>
2009_0726sanage0075

ようやくここから本格的なトレイルランです。
持参した500mlの飲み物はもう空っぽなので入口の自販機で飲み物を補給して山に入っていきます。

「クマに注意」とか「ハチに注意」とか「マムシに注意」とか「イノシシに注意」とか看板がありますが今まで本当にクマに出会ったこともないので気にせずに山に入って行きました。

2009_0726sanage0078

坂道はキツイけどほとんど木陰なので気持ちよく走れます。
山頂への中腹辺りでしょうか。ちょっとした休憩ポイントがあったのでそこでしばしの休憩。

そこに居たおじさんから、この先にハチが出るところがあり、最近何人か刺されてるので、あなたたちも十分気をつけるように・・・

黒笹さんに聞くとまさに今から我々が通るルートらしく、ちょっと心配になったが、まさか自分たちみたいなランナーにハチさんが反応するなんて思いもせず、おじさんにお礼を言って走り出す。

僕にはおじさんが言っていたポイントがどのあたりか分からず集団の真ん中あたりを走っていたのですが、その時右腕に激痛がsagittarius
続いて背中にもsagittarius
ヒエェ~!刺されちゃったよ~~!
めっちゃ痛いじゃんcrying

でも何故か僕だけ。なんで????

このサイトによれば

とにかく巣に近づかないことです.巣との間に十分な距離が保てれば共存も可能です.ただし,キイロスズメバチとオオスズメバチは,9月~10月にかけて,巣の近くを集団で通行したりすると,攻撃してくることがあるので注意が必要です.

と書いてある。

まさに集団でハチさんの家の中を土足で通過したらしい。そして僕が代表でお仕置きを受けたらしい。

その後は腕と背中の痛みに耐えながらなんとか山頂へ到達。

2009_0726sanage0079

写真を撮ってから反対側へ下山していくのですが(もうあのハチがいるところは通りたくない)アディゼロXTはなかなかのグリップで下り坂でも安心です。

海上の森の中の大正池
2009_0726sanage0082

神秘的でちょっと上高地を彷彿させます。

さらに林道を進んで行くのですが、いくつもの分かれ道があり、道を覚えることができません。みんなも同じでとても1回では覚えれないそうです。なので黒笹さんにはまたガイドをお願いしなければbleah

そして「ハチに注意」や「マムシに注意」の看板に本当にビビリながら、どこをどう走ったかわかりませんが、途中こんなところで休憩しながら
2009_0726sanage0084

竜泉寺の湯にたどり着きました。

走行距離約31km
時間3時間53分でした。

そしてspabeerrestaurantで満腹になり、ま~君に送ってもらい家でsleepy

実に充実した一日を過ごすことができました。

案内してくれた黒笹さん、運転のま~君、参加の皆さん本当にありがとうございました。
ハチさんがいなくなったらまた行きましょう(笑)


陸上競技のブログの人気ランキングです。
クリックで応援よろしく!

Banner_02

2009年7月24日 (金)

フルマラソン1歳刻みランキングの記録証が届いた!

先日ランナーズからフルマラソン1歳刻みランキングの記録証が届きました。

申請料500円もしたけど、これは大きな目標だったので注文したのでした。

2009_07240065

とても100均で買ったとは思えない立派な額に入れられ、誇らしげに我が家のリビングに飾ってありますscissors

フルマラソンを走っている限り、毎年ランクインしてどんどん並べていきたいものです。

陸上競技のブログの人気ランキングです。
クリックで応援よろしく!

Banner_02

2009年7月20日 (月)

中総RC夏合宿in日和田高原

7月18日~19日にかけて御嶽高原の高地トレーニングエリアにてランニング合宿に行ってきました。

今回の参加者は、僕、MPとうさん、ひで坊、ゴローさん、金ちゃん、たらちゃん、ま~くん、いくちゃん、mamoさん、はじめさん、ばっはーさんの11名。
2009_0719gasshuku0043_3












(一緒に練習していた某高校陸上部のマネージャーさんも一緒に撮影しました。)

この施設は日本オリンピック委員会認定の陸上競技強化施設で標高は1200~2200mの間にいろいろなトレーニング施設が点在していて、真夏でも快適にトレーニングをすることができます。
(今回は雨降りが多く寒いくらいでしたが・・・)

ボルダーや昆明まで行かなくても愛知県からたった3時間でこんないいところに行けるんですね。

詳しくはこちらを参照してください。

初日のメニューですが、まず到着後の昼食前に「オケジッタ日和田ゾーン」の中の”開拓周回コース”(標高1250~1370m 1周約6.5km)を周回したりして約10kmを走りました。

その後、宿泊地である日和田高原ロッジにて昼食を食べて、日和田ハイランド陸上競技場へ移動して本日のメイン練習である20kmペース走を行いました。

立派な全天候型のトラックには、トイレはもちろん、シャワー設備も完備してあり、中部地方から名のあるクラブや高校、大学、社会人チームなどがたくさん訪れているようです。

<案内看板>
2009_0719gasshuku0021













トラック横の建物内の様子
2009_0719gasshuku0022













メイン練習のペース走ですが、走力に合わせてチーム分けして行いました。僕はま~君、mamoさん、金ちゃん、ひで坊の5人で組んで20km(50周)のペース走をキロ4分30秒ペースで行いました。
50周も数えるのが大変なので5人が5周ずつ先頭を引っ張り順番に先頭を交代していきました。
2009_0719gasshuku0027













キロ4分30秒なので400mは108秒でラップしていきます。最初はすごくゆっくりに感じて物足りなかったけど、30周くらいから徐々にきつくなりだしました。

MPとうさんは故障明けらしくこの時間はみんなのフォームのビデオ撮影したり、一緒に練習していた某高校陸上部の女子部員とお話したりしていました。退屈なペース走でしたが、その様子がおかしくて、いい暇つぶしになりました(笑)

長かったペース走も終わりが近づいてきました。ラスト5周を引っ張るのは福岡国際ランナーのひで坊です。
余裕のある彼は徐々にペースを上げていきます。他のメンバーも余裕があるらしくみんなで彼についていきました。ラストの1kmは3分30秒以内のペースまで上がったようです。
(ランニングウォッチを忘れたのではっきりしたタイムがわかりません・・・sweat01

最後の200mでひで坊・ま~君・金ちゃんに置いて行かれましたがとってもいい練習ができました。

<みんなそれぞれのペースで黙々とこなしていました>
2009_0719gasshuku0031













2009_0719gasshuku0032













2009_0719gasshuku0035












<高校生と楽しそうに走るはじめさん>

これで本日の練習は終了。トータル30kmの走り込みができました。
その後も黙々と走る金ちゃんには驚きました。45kmくらい走ったんでしょうか??

そして二日目です。朝から激しく雨が降りテンションが下がります。

二日目のメニューは朝5時スタートで朝飯前にオケジッタロードを使ってチャオ御岳スノーリゾートまでの往復から始まりました。
このコースはロッジからだと片道約7km。標高差は500mというタフなコースです。

2009_0719gasshuku0047_2













ロッジ前で体操している時は止んでいた雨も走り始めて1kmも行かないうちに土砂降りになりました。気温19度に雨でめちゃくちゃ寒く、ロッジに引き返したい衝動にかられましたが、走ってるうちに小降りになり、チャオまで登りきることができました。

「チャオ御岳リゾートゾーン」にもいろいろなコースが設定してあり、何組かのチームも合宿している様子でした。
ウッドチップを敷き詰めた1周約1kmのコースがありました。
2009_0719gasshuku0049













いったんロッジに戻り、朝食後に再びここへ来て昆明と同じ標高のウッドチップコースを使い練習しようということで戻って行きました。
坂を下ってると下からすごい速いランナーの集団が走ってきました。胸に書いてあったチーム名は某有名社会人チーム。やっぱ走りが違います。

そして朝食を食べて小休憩後、再びチャオへ。
ここは車で行くチームと走っていくチームに別れました。今日も30kmは走りたい僕は迷わず走って登りました。昨日からの練習で重くなった足に急斜度のコースが追い打ちをかけて最後はかなりへろへろになりました。

目標の30kmまではあと8km。ウッドチップコースを周回することにしました。
気温15度。小雨。強風。涼しいを通り越して寒いです。
それでも中総の半そでTシャツとランパンという出で立ちで走りだしました。僕が走り始めると同時に某社会人女子チームの選手たちも走りだしました。彼女たちはなぜかみんなと逆走していたので、何度もすれ違う女子選手に励まされ、キツイコースも楽しく走ることができました。

ウッドチップコースを5周走ったところで、さわやか林道コースへ行きました。
2009_0719gasshuku0050













この施設にはどのコースにもキロポストが設置してあるので助かります。でも「クマ出没注意」の看板を見てからはマジでクマが出そうで怖くなり、ペースが速くなってしまいました。そして一人では心細くなり1.5km地点で引き返してきました。それで合計30km達成です。

「昆明」での8kmはかなり堪えました(笑)
練習後に記念撮影。気温15度+強風でみんな寒そうです。
Dscf3853













その後は冷えた体を温める為に、濁河温泉に行きました
2009_0719gasshuku0057













名前のとおりに濁ったお湯は冷えた体を心から温めてくれました。
かなり雨が降ってきましたが、笠でしのぐはじめさんとま~君
2009_0719gasshuku0059














楽しかった合宿もあっという間に終わり、土砂降りの中央高速を走って岐路に着きました。

今回の幹事のMPとうさんとばっはーさんには企画から大変お世話になりました。そして往復の運転をしてくれたはじめさんとMPとうさんありがとうございました。

おかげ様でとってもいい練習ができました。そしてとってもいい施設を知ることができました。来年も是非行きたい所です。来年は70km目標で走り込みま~す!

2009年7月14日 (火)

出張ランニングin大阪府泉佐野市

7月11日~12日で大阪~和歌山県へ出張に行きました。

出張での楽しみといえば、知らない街のランニングrun

ランナーでよかったと思える瞬間ですよね~happy01

それで、今回走ったのは宿泊地の大阪府泉佐野市周辺。

<マップはこんな感じです>
Image01

距離は10km弱。本当はこの倍は走りたかったのですが、前夜に立ち寄ったホテルの前のホルモン屋のおやじさんと会話が弾み、beerbottle・・・

二日酔いと空腹で限界でしたsad

まず向かったのはホテルからも見えていたノッポなビル。
2009_07120009

その後は海沿いの公園へ

2009_07120010

遠くには関西国際空港も見えます。

2009_07120011

公園には散歩道が整備されていました。歩いてる人もランナーもたくさんいました。

2009_07120013

観覧車やアウトレットモールもありました。
2009_07120014

その後、和歌山県へ移動して仕事をこなし、お昼前に立ち寄ったのが温泉館「海の里」みちしおの湯

2009_07120016

目の前に広がる海はとってもきれいで海水浴をしてる人がたくさんいました。

2009_07120015

そしてこのあたりの名物が”くえ”という魚。温泉内の食堂の名前も「くえ屋」ならば名物のくえ丼を食す。

2009_07120018

くえの天ぷらはたった二つでしたが、白身でおいしいてんぷらでした。
それより僕が驚いたのが、左側に乗ってる赤っぽい丸い天ぷら。
みなさん、これ、何のてんぷらかわかります??

なんかの山菜系かと思ってそのままかぶりついたら、中に固い物体が。それに酸っぱい!

なんとそれは名物の紀州の梅干しの天ぷらでした。
ああ、びっくりした。
奥の小鉢はこれもこのあたりの名物の金山時味噌。おいしかったのでこれをお土産で買って帰りました。

今度はどこへ出張になるのでしょうか?今のところ埼玉に行きそうな雰囲気ですが、知らない街のジョギングはとっても楽しみです。

2009年7月 7日 (火)

第2回嬬恋高原キャベツマラソン完走記

今回の参加者は、山さん、むちむちさん、MPとうさん、でこちゃん、ばっはーさん一家で、群馬県の草津温泉の草津温泉ホテルリゾートに前泊しての参戦となりました。

レースは6月28日に開催されたのですが、その後仕事が忙しく、さらにパソコンの入れ替えなどありましてブログの更新が大幅に遅れてしまいましたsweat01

この群馬遠征には書きたいことがいっぱいあるけど、とりあえずレースのレポートのみ簡単に書きますね~sign01

まず、前日から温泉三昧でビールをかなり飲んでるのに、当日の朝もホテルの温泉に入って朝食までの間に、山さんからビールを勧められる。高校の先輩のお酌を断れるはずもなく、ビール~焼酎へと突入beer
この時点で、ファンラン決定coldsweats01

さらにホテルの朝食バイキングで食べ過ぎてしまい、重いおなかをかかえて慌ただしく会場になっているパルコール嬬恋スキーリゾート入り。

受付を済ませてトイレに。いくらホテルが併設されているスキー場とはいえ、既存のトイレでは数が少なすぎる!!仮設トイレを設置してくれ~~!

山さんやばっはーさんなんか40分も並んだ為にノーアップだし、僕も小問題は解決したものの、あれだけ並んでいては若干の大問題の気配を解消する気にもならず、結局レース前半はず~っと大問題の気配と戦う羽目になったし。

まあ、ついでに問題点を挙げれば、我々はどういうタイミングかメイン会場から1.5km離れた第2駐車場に入れさせられたのだが、この第2駐車場は大会が終わるまで車が出せない、さらにメイン会場~駐車場までのシャトルバスも終了まで動かないということで、レース後に重い荷物(こうなると参加賞のキャベツ1玉がうっとうしい・・・)を抱え、レース後の疲れた足を引きづりながら徒歩で移動する羽目になった。

普通、会場横の駐車場は出れなくなり、遠くに止めた人は早く出れると思うのだが・・・。このあたりのレイアウトは改善してほしいものです。

さらに問題点として、レース後に記録証が発行されないというものがあります。各部門6位まで入賞ということで、僕は入賞ギリギリの順位と思って、レース結果が張り出されるまでみんなと待っていました。結局僕は9位で入賞できませんでしたが、チップを付けて走ってるんだし、ゴールしてからパソコンで打ち出して渡した方が後から郵送するよりずっと手間も経費も省けると思うのだけど・・・

そして送られて来た記録証はいびがわマラソンみたいに写真入りじゃなくちっちゃい記録証。そんならその場で印刷してくれ~~

と、問題点を書き綴ってたらかなりの時間を消耗してしまったsweat01

じゃあ、肝心のレースのレポです。

この大会を語るにはまずは高低図を見てください。
Koudo

スキー場がスタートゴールなんでしょうがないと言えばそうなんですが、最初の4kmは飛んでもない下り坂です。

Statogo 一気に200m以上下るのですが、気持ちイイ斜度ではありませんね。かなりきついので最初から太ももにガッツリとダメージをもらえます(笑)

さらに、帰りはここを登るのだと思うと、早くも憂鬱になってきます。

朝ビール&朝食の食べすぎ&大問題&ノーアップで最初の10kmは全然だめでしたね~sweat01

それでもこの大会のハイライトである、パノラマラインは本当にきれいな道で、雄大な浅間山や広大なキャベツ畑を見ながらのランニングはここに来てよかったと思わせるものでした。

気持ちイイ道を走ってたらいつの間にか大問題の気配もなくなったし、おなかもこなれたらしく調子が出てきた。折り返しではすぐ後ろにばっはーさんが居たので、一緒にビルドアップしよう!の合図とともにペースアップdash

ここからはかなりのランナーを抜きました。最初はあきらめていた入賞も、もしかしたら・・・と思える順位まで来てる感じがしてました。

そして問題の残り4kmの登り坂です。この辺りから、後でスタートした10kmのランナーに追いつきだしました。10kmの選手の後ろの方なんでみんな歩いています。ハーフの選手だけを見るようにして追いかけます。この坂でも何人か抜きましたが、ハーフのランナーは上位だし、ほとんどいません。

Goru1 そして何とか登りきってゴールに向かいます。

本来なら上位なのでゴール付近の応援を独り占めして気持ちよく走れるのに、10kmの歩いてる人たちに紛れてしまい全然爽快感がありません。

それでも写真に写るかもしれないと思い、一応ポーズを決めてゴールラインを通過しました。

ここで、すぐに順位が確認できれば、この後の行動も決まるのですが、もしかしたら表彰式があるかもと思うと、ビールも思いっきり飲めないので、本当に改善してほしいですね~

大会はまだ2回目で改善するところがいっぱいあるけど、この景色は魅力です。今後はいろいろ改善いただき、是非いい大会にしてもらいたいものです。

でもコースは半端なくきついですよ。タイムはおそらく10分は悪くなると思います。

公式タイム:1時間32分30秒
全体順位:33位/1079人中
部門順位:9位/399人中

<今回のラップです>

Rap

<コースマップです>

Map

<おまけの大会ギャラリー>

P1020382

<前日立ち寄った万座温泉>
P1020353

陸上競技のブログの人気ランキングです。
クリックで応援よろしく!

Banner_02

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »