最近のトラックバック

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月29日 (火)

第3回嬬恋高原キャベツマラソン完走記

昨年に引き続き嬬恋高原キャベツマラソンに参加してきました。

メンバーは、所長さん、むちむちさん、ウルトラマンさん、でこちゃんの4人。

皆さん、マラソンよりもspabeerという人ばかり(笑)

ということで、前日の土曜日の朝8時30分出発でまずは群馬県の万座温泉に向かいました。

昨年も立ち寄った万座温泉の豊国館の露天風呂でロングドライブの疲れを癒します。

<今年は雨降りで写真が撮れなかったので昨年の写真です>

P1020356

そして宿泊地の草津温泉に。

お宿は昨年と同じ草津温泉ホテルリゾート

翌日のレースのことなんか全く考えずにたくさん飲みました。

2010_06270002

早寝の一行は夜9時には就寝sleepy

そして早起きの一行は朝4時には起床shine

ホテルのパソコンでちょっと仕事して、spaのハシゴ。

ついでに草津温泉湯畑を散策。

2010_06270007_2

7時からの朝食まで喉の渇きを潤すためにbeer

これにてファンラン決定sign03 外は小雨だし、故障してもいかんし。

7時45分にチェックアウトして所長さんの運転であわただしく会場に向かいます。

今年は若干コースが変わったようで、昨年スタートゴールだった場所に車を停めて、バラギ嬬恋スキー場のセンターロッジまで歩いて移動。

スタート地点が2km弱、下に降りた為、「ラストの坂が短縮」とパンフレットに書かれていました。

でもその分、折り返しが1km先に移動したとのことでした。

それでも大会事務局発表の「日本一厳しいマラソンコース」との触れ込みだし、ラストの坂が短縮しても終盤は相当辛いだろうと思っていました。

小雨が降る中、スタート位置に移動すると、koba-tea.さんがすでに並んでいて、しばらく談笑。ゲストの宇佐美さんのあいさつの後、10時にピストルが鳴りレースが始まりました。

最初の3㎞はとんでもない下り坂です。折り返しコースなので、当然最後はここを登ることになります。coldsweats02

朝食バイキングの食べ過ぎと、beerの影響でお腹が苦しくて仕方がありません。それでも重力が身体を押すので最初の1kmは3分30秒台。

いったん左折して第一折り返しに向かいます。前からkoba-tea.さんが良い感じで走ってきました。彼もノーアップなのに・・・。やっぱ実力者は違いますね~。

5㎞を19分59秒で通過。

スタート後すぐに雨はあがり、曇り空なのにとっても蒸し暑い。

お腹は相変わらず苦しいし、ペースは上がりません。でも前に見える女性ランナーを目標になんとか頑張ってみる。

コースには平らなところはほとんどありません。坂ばっかりです。

しかも晴れ男効果炸裂でいつの間にかsun

給水所では、コップを二つ取って、喉の渇きと、頭の冷却を必ず行っていました。

浅間山を見ながら広大なキャベツ畑の中を走っていたら、少しずつ調子が出てきました。ようやくお腹もこなれたし、アルコールも抜けたようです。

10㎞を42分47秒で通過。この間22分48秒

昨年の折り返し地点を通過するときに、ようやく目標の女性ランナーを抜きました。

ここから先の折り返しまでが去年より伸びた1kmです。

この1kmが平坦なら、去年より楽になってるということになるけど、この伸びた1kmがすべてすごい下り坂。

と、いうことは帰りの初っ端1kmが急な登り坂ということになるbearing

あんまり足を使って下ると大変なことになりそうなので、若干押さえて下ってたら、さっき抜いた女性ランナーに追いつかれてしまった。そして並んで折り返し。

ここからは徐々にビルドアップしていこう。

女性ランナーを引き離し、いままで抜かれたランナーをどんどん抜いていきます。

途中にある愛妻の丘では、心の中でデコママの名前を叫び、応援の人に手を振り力をもらいます。

そして15㎞を1時間05分13秒で通過。ラップは22分25秒。急な坂を登ってこのタイムなら上出来です。流石に誰にも抜かれません。

そして残り3㎞は問題の急な登り坂です。後発の10㎞のランナーの遅い人たちは全員歩いています。歩く人を見ずに、ハーフの選手を見てペースアップしていきます。

息があがるけど、前に見えるハーフのランナーは全部抜いてやるつもりで、坂を上がる。

一応目標にしていたランナーは全部抜いてようやくゴール地点が見えてきた。

燃料を使い切ってヘロヘロになってゴール。

タイムは1時間33分07秒で部門21位。

昨年は1時間32分30秒だったから、少しタイムは落ちている。これは最後の坂は減ったけど中間に大きな坂が増えたのが原因と思われる。

日本一厳しいマラソン大会というキャッチフレーズに偽りはなく、前週に走った乗鞍天空マラソンより確実に疲れました。

こんなコースなのにkoba-tea.さんは3位入賞していました。流石ですね~

参加賞のキャベツをもらって、ビールを1リットル補給。

そして運転手の所長さんのリクエストで再び草津温泉へ。

2010_06270005

白旗の湯で疲れを癒すつもりが、お湯が熱すぎるsweat01

熱湯コマーシャル状態で我慢大会をやって、昼食を食べて帰路につきました。

今回はビールを我慢して往復運転してくれた所長さんに大感謝です。ありがとうございました。そしてお疲れ様でした。

次回はお酒が飲めない人も誘って遠征に行きましょうね~

陸上競技のブログの人気ランキングです。
クリックで応援よろしく!

Banner_02

2010年6月21日 (月)

第5回乗鞍天空マラソン完走記

乗鞍天空マラソン走ってきましたgood

6月19日に埼玉県への出張が決まったので、ついでにレースを走りたく、ちょっと遠回りですが、乗鞍天空マラソンにエントリーしたのでした。

エントリーしてから色々調べてみると、過去の大会は第1回を除いてず~っと悪天候rain

しかも昨年は大雨でコース短縮だったらしい。

ならば、晴れ男sunでこちゃんが天気を良くしてやる~sign01っと変な意気込みの元、埼玉の仕事を片付け、乗鞍に向かいました。

まず、松本駅で、同じく午前中仕事だったナリシンさんをピックアップして乗鞍高原温泉の受付会場へ。

ウインドアップのテルさんがお店を出していました。2日間に渡って出店をするそうです。お疲れ様です。

2010_06200012

その後、本日のお宿、美鈴荘

天然温泉、かけ流しのいいお宿でした。

2010_06200018

お宿ではナリシンさんのお友達とご一緒させてもらいました。メンバーは、ともちさん、kumaさん、katsuさん、coconutさん、犬山犬男さん、noanoa648さん、ショードーさん、ナリシンさん。

そしてばっはーさんご一家ともここで合流しました。

皆さん、楽しい人ばかりで、前夜祭もサッカーW杯を観ながら楽しく飲めました。

<レース前、美鈴荘前にて>

2010_06200023

前夜、露天風呂に入っていると、雨が降って来て、レース当日の天気が危ぶまれましたが、同じく晴れ男のナリシンさんとのWパワー炸裂で、当日は朝から晴天sun

天気予報を覆す恐ろしいパワーですscissors
でも、まさかこの反動が帰ってくるとは・・・・

レースは朝8時スタートなので、早朝5時30分から朝食を食べたり、朝風呂入ったり、支度したり、あわただしく過ごして、宿屋のおかみさんにスタート位置の観光センターまで送ってもらいました。

この大会は30kmのレースで、てっきり15㎞登って折り返してくるものだと思っていたら、スタート位置の観光センターから約18.5km登り、11.5km下るという変則折り返しコースだったのでした。なので、スタートして約6.5kmでゴール地点の三本滝を通過して、乗鞍エコーラインをどんどん登り、大雪渓の肩ノ門小屋で折り返し、再び三本滝へ戻ってゴールという「ドエム」にはたまらないコースです(笑)

<ガーミンのコースデーターです。クリックで大きくなります>

Map

ついでに標高差も説明すると、スタート位置の観光センター前が約1500m。折り返しが約2700m。標高差なんと1200mhappy01
それに雄大な景色付きの、まさにフルコース料理restaurant

<ガーミンデーターの標高差>

Koudo

さてさて、コース説明はこの辺にして、レース編です(笑)

スタート位置に並ぶと目の前に乗鞍岳が綺麗に見えます。あそこまで登るのか!とばっはーさんとウキウキとお話し。二人とも間違いなく「ドエム」ですscissors

Sutatomae

スタート前にはホルンの演奏があり、大会を盛り上げてくれました。

2010_06200027

そしてようやく8時になり、レースが始まりました。

前日は移動日で走ってないとはいえ、ノーアップなので、序盤はゆっくり走ります。前の方からスタートしたので、どんどん抜かれますcoldsweats01

前には、中総のユニを着たばっはーさんが走っていますが、なかなか追いつけません。やっぱ登り坂は彼にはかなわない。本宮山でもいつも勝てないしsweat01

さらに、最近、いつもなんだけど、ちょっと心肺に負荷をかけると、咳が止まらなくなる。これが苦しく、喉も渇いてしまい、なんとも辛い序盤戦。

ようやくゴール地点の三本滝地点を通過。(ケロちゃん撮影)

Sannbon

この後、エイドで飲みモノをしっかり飲んだら、喉の渇きが癒えると同時に咳も収まり、調子が出てきました。

そして急な坂道を写真を撮りながらどんどん登って行きます。若い頃何度も来た乗鞍高原温泉スキー場ですが、まさか走って横断することになるとは・・・(笑)

2010_06200030

豪快な流れの大きな滝

2010_06200032

山に向かってどんどん登るランナーたち。

2010_06200037_3

そして2度目のエイド到着。

2010_06200038

ここから折り返しまでがこの大会のハイライト。

大雪渓ですeye

走りながら自分を撮影したり、

2010_06200042

2010_06200051

カーブミラーを使ったり、

2010_06200049

歩いているランナーさんにお願いしたり、

2010_06200048

大雪渓に名前を書いて撮影したり、

2010_06200055

他のランナーに抜かれようとも、こんな景色を楽しみながら撮影。

2010_06200053

2010_06200054

そんなこんなで、1時間57分程度で折り返し地点到着。

2010_06200056

ここも景色がいいので、もっとゆっくりしたいけど、レースもあるから戻ります。

ちょっと降りると、ばっはーさんが登ってきました。お互い撮影し合い、

2010_06200057

2010_06200058

カメラをウエストポーチにしまってレースに戻りますsign03

今まで撮影してるときに抜いていったランナーを抜き返さなければいけません。さらに女子1位の選手が勢いよく抜いていき、僕の闘争本能に火が付きました。

とにかく、女子には負けたくない。わき目もふらすすれ違うランナーに注意しながらどんどん走りました。

途中、折り返しに向かう、noanoa648さんや

P1010299noa

ナリシンさんが撮影しながら応援してくれました。

P1030804narisin1

P1030805narisin2

とにかく前に見えるランナーはどんどん向きました。ラップも3分台を刻んでいますが、女子1位の彼女は全然離れてくれません。すぐ後ろから軽快な足音がず~っと聞こえます。

彼女のプレッシャーを感じながら、ヘアピンカーブではアウトインアウトで効率よくスピードを維持していきます。

重力と遠心力にいじめられた太ももが悲鳴を上げ出しますが、後ろの彼女がペースダウンを許してくれません。

そして太鼓の音と共にようやくゲレンデが見えてきました。はるか下にゴールの三本滝が見えます。後2kmの辛抱。もう足はガクガクですが、なんとか粘ってペース維持。

最後に追いつかれてもラストスパートで抜き返せるようにちょっと燃料を残し、後ろの気配を気にしながら、ゴールに向かいます。

そしてようやくゴールが見えました。なんとか逃げ切りゴール!
タイムは2時間33分56秒で32位。これって速いんでしょうか?良く解りませんが頑張ったと思います。

Goru

ゴール地点で応援してくれてたケロちゃんが撮影してくれました。

その後、すぐにゴールした彼女と談笑。「良いペースで引っ張ってくれたので助かりました」みたいなお礼を言われてちょっと嬉しくなりました。

後からナリシンさんが教えてくれたのですが、彼女は富士山2連覇のすごい人でしたsweat01

プレッシャーのお陰でいい練習が出来ましたよ~。ありがとうございました。

レース後は再び美鈴荘に戻って、おかみさんのご厚意で入浴。疲れ切った足にはちょっとぬるめの露天風呂が最高でした。本当に美鈴荘はいいお宿でした。

これでビールが飲めれば最高なんですが、車を運転して帰らなければならないので、カルピスで我慢して、高速を飛ばして帰りました。

ところが、駒が岳辺りから飯田まで激しい豪雨。ワイパー全開でも全然前が見えません。
そういえば埼玉までいく時も御殿場で濃霧に見舞われ前が全然見えなかったし、乗鞍のレース以外は悪天候だった。

僕とナリシンさんの晴れ男パワーの副作用が帰り途の豪雨となり跳ね返ってきたようです。この雨が乗鞍に降らなくて良かった~としみじみ思いながら安全運転で帰路に付きました。

帰ってたくさん飲んでやる~って思ってたのですが、700ml補給しただけで急に眠くなり、なんとまだ明るい7時に寝てしまったのでした。

と、まあ、とっても楽しかった乗鞍遠征。
温泉spaも最高だし、コースも最高。応援は居ないけど、素晴らしい景色が応援してくれます。本当にいい大会です。
来年も行きたくなる大会がまた一つ増えてしまいましたhappy01

最後にラップです。

Rap


陸上競技のブログの人気ランキングです。
クリックで応援よろしく!

Banner_02

2010年6月11日 (金)

「貯金」ならぬ「貯筋」をしよう♪

僕は毎朝ラジオを聴きながら走ってるのですが、先日面白いことを言っていました。

「楽しい老後を過ごす為に、若いうちは、貯金より貯筋をしよう」

つまり、貯金はいつでもできるけど、身体は年をとってからでは鍛えれないということ。

なるほど~♪

我が家は、貯金は少ないけどsweat01 夫婦で走ってしっかり「貯筋」してるからね~happy01

夫婦で明るい老後の為に、もっと貯筋するぞ~~bank

ランナーでよかった~scissors

陸上競技のブログの人気ランキングです。
クリックで応援よろしく!

Banner_02

2010年6月 7日 (月)

初入賞!第22回三河湖ジョギング大会

今回で4年連続、4回目の三河湖ジョギング大会を走ってきました。

2010_06060007

この大会は、腕時計を付けずに走る、タイム自己申告制なので、誰にでも優勝のチャンスがあります。

昨年は53分20秒で1着ゴールしたのですが、申告タイムが54分45秒だったので、入賞にカスリもしませんでした。

今回は昨年のタイムより1分足した54分20秒で申告してレースに挑みました。

中総からははじめさん,ケロちゃん,育ちゃん,所長さん,でこちゃん,HOJO君,フルートランナーじゅん君,つかもとさん,ゴローさんが参加しました。

ばっはーさんは三河湖まで29km走って来て子守をしながら、裏方に回り、タイムを読みあげていました。お疲れ様でした。

レースは10時にスタートしました。

スタート直後から、安城快足ACのケビンさん、マツジさん、他に3名+僕の6人で先頭集団を形成して、気持ちよいペース走感覚で走って行きました。

走りながらもケビンさんは色々とお話しをしてくれます。かなり余裕がありそうです。

僕は、イネ科の花粉に鼻と喉をやられてしまい、荒い呼吸をすると咳き込んでしまうし、水のような鼻水が垂れてくるしで、テンションはあがりません。

ダム湖の左側の舗装路から、橋を渡ってダートコースに入った頃から、快足の二人組を中心とする先頭集団から徐々に離されていきます。

僕は5番目をキープして走っていたのですが、後ろから確かな足取りの足音が近づいてきてあっさりとパスされてしまいました。

その後は呼吸と相談しながら、なんとか6番目をキープしてゴールに向かいます。

似たようなカーブを何度も曲がると、ようやくダムが見えてきて一安心。

あとは舗装路に出て坂を上がってゴールです。

ゴールタイムは54分04秒で申告タイムとの誤差は16秒。過去最高の成績です。

でも上には上がいるもので、ゴローさんは2秒差と言ってるし、所長さんも誤差一ケタと言って喜んでいました。これじゃ、入賞は無理だなぁと諦めていましたが、なんと4位入賞で、美味しそうな手作りのトマトケチャップの瓶詰を頂きました。

このケチャップは娘が早速オムライスにしていてとっても好評でした。家族には賞状やメダルより食べ物の方が喜ばれるようです(笑)

そして午後からは我が家に戻ってみんなでBBQ。
今回もたくさん飲んで笑いました。
所長さんの天然ボケにむちむちさんの鋭い突っ込みは最高で、レッドカーペットなら「満点大笑い」です。

みなさんのお陰で一日中思いっきり楽しめました。
参加のみなさん、お疲れ様でした。

この大会は参加料1000円だしとっても楽しい大会です。

来年は誤差一ケタで優勝を狙いたいと思いま~す!

陸上競技のブログの人気ランキングです。
クリックで応援よろしく!

Banner_02

2010年6月 5日 (土)

生涯3度目の月間500km超え

5月は連休もあったということで、生涯3度目の500超えしました。

朝と夜の2部練習を意識してやったことで、自然と距離が伸びたようです。

平日のつなぎジョグを朝晩の2回に別けることで、疲れを貯めることなく距離を伸ばせるようです。

その結果、週末のポイント練習のLSDが負担なくこなせています。

秋には違う自分に会えると信じて、この調子で9月までは500超えを続けて行こうと思います。

陸上競技のブログの人気ランキングです。
クリックで応援よろしく!

Banner_02

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »