最近のトラックバック

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月25日 (木)

名古屋ハーフマラソン2010

2007年からず~っと出続けてる名古屋ハーフマラソンに今年も参戦してきました。

過去のタイムは

2007年=81分52秒
2008年=82分38秒
2009年=82分41秒

と言う感じで、いびがわマラソンの後ということもあって、それほど走れていません。

今回も、いびがわ明けだし、次回の奈良マラソンに向けて、キロヨン楽ちん感覚が得られればいいや、、、くらいの気楽な気持ちで参加してきました。

ばっはーさんと一緒に東岡崎から電車で会場へ向かいました。途中の知立駅でふ~ちゃんも乗って来て3人で瑞穂へ行くと、ま~君、どんぐりさん、もちりんさん、味噌煮込みさん、そして、安城快足の人たちもいました。

バナナやういろうをもらったり、アップしてたりしたら、あっという間に時間になり、スタート地点へ移動。

テレビ中継の為、来ていたCBCの氏田アナに握手してもらって気合い注入!

そして10時ちょうどにスタート。

まずは、トラックをグルグル。マサシ選手に抜かれないように、適当に走って、1kmラップを見たらなんと3分44秒。こんなに楽にこのタイムが出るなんてびっくり!氏ちゃん効果恐るべし!

競技場を出て右折を繰り返して環状線を北上していく。

この辺りから心配していた北西の強風がもろに襲いかかってきた。

無理せず集団の後ろに付いて体力温存。それでもペースが合わないと抜いて、風を受けながら前の集団へ、前の集団へと進んでいく。

常に3分50秒以内のラップで、こんなに楽に走れる自分に驚く。

今日はよっぽど調子がいいらしい。こうなりゃ、キロヨンなんて言わず、自己ベストを、それも80分カット目指して走ってみるか!

5㎞の通過が18分57秒。そして快調に今池を通過。内山町の交差点を左折して桜通りへ。

相変わらず向かい風がキツイ。ギンナンを踏まないように、向かい風に逆らって進んでいく。

栄で右折してすぐに10㎞を38分11秒で通過。

コースがまた北向きになった影響ですごい向かい風が襲ってきた。早く折り返したいよ~!

市役所のところでようやく折り返し。

そうしたら、急に暖かくなって風を感じなくなった。気のせいかあまり追い風は感じないから不思議だ。

さっきまでは小さくなって走ってたけど、ここからは羽根を広げるイメージで大きくなって走ろう。

風向きを味方につけて、軽快にラップを刻む。15㎞の通過が57分17秒。

この辺りからいよいよ辛くなってきたが、ラップを見ると相変わらず3分50秒切ってるし、80分は切れると信じて走る。

遠くに見える歩道橋まで粘ろう!作戦で頑張る。歩道橋をおかわりしてたら、長かった環状線も終わってようやく左折。そして20km到達。ここはあえて時計を見ずに、ゴールを目指す。

ヒデ坊が応援してくれたので、「80分切れるのか?」と訊いたら、彼は時計を見て、「大丈夫!行ける!」というので最後の力を振り絞り、スパート。

最後の橋の登りがキツイ。腕を振って乗り切り、競技場へ。

そうしたら、今までで最高の向かい風が襲ってきた。一般と登録のコースを別ける看板が強風で倒れるほどだ!

そんなぁ~。ここにきての向かい風は計算外だ!早くコーナーを回らないと。

最終コーナーにさしかかり、風を感じなくなった時、「ただいま1時間20分経過」とアナウンスが入った。

ええ?ウソだろ!ヒデ坊も間に合うと言ったし、3分50秒かからないように走ってきたから絶対間に合うと思ってたのに。

半信半疑で時計を見たら、ほんとに80分経過してた。悔しい~!!

こうなりゃ、目の前のランナーを一人でも抜いてやる!

ラスト100mを思いっきり走って一人抜いてゴール!

タイムは1時間20分28秒で僅かに届きませんでした。

あと、28秒。1kmあたり、1秒ちょっと。これくらいなんとかしたかった!

次回は絶対切ってやる!って言っても、この大会はこれが最後だった!

大好きな大会なのに、とっても残念です。

毎年、走りたかったなぁ~。なんとかならないもんでしょうか??

最後に今回のラップです。

[1キロ毎のラップ]
 3:44-3:49-3:48-3:48-3:46  5km18:57
 3:49-3:47-3:48-3:51-3:56 10km38:11(lap19:14)
 3:46-3:51-3:46-3:48-3:52 15km57:17(lap19:06)
 3:48-3:47-3:47-3:49-3:47 20km76:17(lap19:00)
 4:10               ゴール80:28(lap3:49)

後で計算したら、80分カットの平均は3分47秒/kmでした。残念です。

2010年11月15日 (月)

いびがわマラソン2010完走記

5年連続のいびがわマラソンに行ってきました~

327364

(写真はトリヰさんからもらいました)

5年目でこの難コースでサブスリー達成となり、ようやく攻略できましたscissors

今回は過去最高の中総RC総勢24名での参戦となりました。

早朝5時,まだ暗い中,岡崎北部組6名,岡崎南部組15名に分かれて出発。
北部;でこちゃん,でこまま,マキちゃん,アヒレスさん,ケロちゃん,たくみさん

南部;はじめさん,ほうじょう君,トリイさん,のりピー☆さん,emuさん,zakiさん,山さん,どんぐり君,一人旅さん,kane-chan,たらさん,育ちゃん,フルート君,庄助さん,ゴロー
 
遅れて、もちりんさん、osamusanも到着し、大所帯となりました。皆さん、大根の安売りを買ってきて、マラソン会場というより八百屋さんみたいになっていました(笑)

さて、今回のレースプランですが、当初の計画では12月の奈良マラソンを本命レースにする予定でしたが、試走してみたら、かなりキツイコースだったので、それならば、何度も走ってるいびがわを今シーズンの本命レースにすることにしたのでした。

目標は最低でもサブスリー。あわよくば自己ベストの56分カットを狙っていました。

その為には、ここは行きは登りで帰りは下りなので、前半のハーフを1時間28分~帰りのハーフを1時間28分で走る必要があります。

スタート20分前にAブロックに並びます。
周りには中総のAブロックの人はもちろん、味噌煮込みさんや、猿さん、ノノヒデさん、知多のカズさん・・・。知ってる人がたくさんです。

さらにスペシャルゲストランナーの金さんも隣に入って来て、思わず握手。
スタートまで金さんのマラソン談義などしてたらあっという間に1分前。

ほぼ無風、曇り空、気温14度くらいの絶好のコンディションの中、Qちゃんのピストルでレーススタート。

スタートしてすぐに、黒笹アヒレスさん、kane-chan、zakiさんが抜いていきます。彼らは50分以内の走力なので、当然ですが、すごいスピードです。

序盤の10㎞はそれほどアップダウンもないので4分10秒/㎞以内を意識して走ります。

近くに居るはずの味噌煮込みさんが居ない。キョロキョロして探したら、僕の真後ろの死角に隠れてた(笑)

田んぼのペース走の時みたいに色々お話ししてたら、ゆぅきさんが髪の毛をなびかせながらカッコよく抜いて行った。この前、四万十川で100km走ったばかりなのにすごい人だ!

髪の毛がカッコいいよ~!と後ろから声をかけると、これまたカッコよく右手を上げて遠くに行っちゃいました(笑)

入りの5㎞は20分19秒、次の5㎞は20分52秒。ほぼ予定通りの走りが出来ています。

コース脇のには、「お猿さんしばらくの間ランナーさんに道を譲ってね」みたいな看板があり、猿が出るのかな?なんて思ってたら、10㎞手前の揖斐峡大橋の付近で本当に猿が出た!

その猿は日本語をしゃべり、僕の名前を呼んで、大きな声で応援してくれた。よく見たらしょくにんさんだった(笑)わざわざ応援遠征御苦労さまです!

その後、なかいみちさんが元気に抜いて行ったり、ウシの着ぐるみのお兄ちゃんに抜かれてもマイペース維持。

次の5㎞は21分ちょうど。この区間は登り坂もあったしこんなもんだろう。

とにかく、このコースは序盤の走りにかかってる。細かいアップダウンの繰り返しをいかに脚を残して折り返しまでいけるか。

それを阻むのが、19km~23kmの間の選手とのすれ違い区間。この区間に平らなところは一切なく、さらに激しいアップダウンが続く。
本来慎重に走らなければならない区間なのに、すれ違う仲間を探すのに気を使い、肝心なペース維持がおろそかになる。

充分に注意しながら、目標通りの1時間28分ちょうどで折り返し。

そして問題のすれ違い区間だ。脚を残すことに神経を使いながら、次々と来る仲間とエールの交換やハイタッチを繰り返し走る。相方のデコママとは会えずに問題の区間は無事終了して右折。

ここからは下り坂基調になってスピードを上げたくなるが、ここで上げると、33km地点に立ちはだかる約1kmの登り坂で大失速してしまうので、注意が必要だ。

そして25㎞到達。この間は21分20秒。あの登り下りがあったので想定内のタイムだが、この辺りから急に足が重くなりだした。

僕の計画ではこの感覚になるのは35㎞付近の予定なので、約10km前倒しで来た。
ということは、残り10㎞は地獄になるのか?不安になりながら、坂を下る。

27km過ぎのS字の下り坂で見覚えのあるランナーが。よく見ると前半にあんなに元気に抜いて行ったなかいみちさんだった。声をかけて応援するが元気がない。あとで聞いたら燃料切れだったそうな。そんなことなら、僕が持ってたカーボショッツをプレゼントすればよかったと猛烈に後悔したのでした。

そんなこんなで30km到達。この間20分43秒。足は重いが、下り坂ということもあり、まずまずのペースで走れてる。

このあたりでノノヒデさんに抜かれる。やっぱ実力者は違う。終盤が強い。

ハーフの折り返しを過ぎて、急な下り坂。そしてこの後が1kmに渡ってダラダラと登る、このコース最大の難関。

このほぼ終わり切った足で何処まで粘れるのでしょうか。

スピードはどんどん落ちる。怖くてラップが見れない。もう止めたくなる。歩いてるハーフの選手が羨ましい。僕も歩きたい。こんなえらいこと、やめちゃおうか。次の奈良でがんばれば良いじゃん!弱気な思考が頭をよぎる。

でも、この日の為に1週間も禁酒したし、辛い炭水化物抜きのカーボローディングもしたし、何より、このレースに懸けてきた日にちがもったいない。

きりんさんが抜きながら、あと40分我慢しましょう!と言ってくれたし。

弱気な気持ちを追い出し、脳を「勝負脳」で騙しながら、35㎞到達。

30㎞~35㎞は21分42秒もかかってる。時計を見た瞬間に、また止めたくなった。

その時、再び猿のしょくにんさんから応援されて、持ちこたえることが出来た。サブスリーランナーだけあって、流石にポイントを押さえた声援は力になります。本当に助かりました。ありがとうございました。

めちゃくちゃ辛いけど必死に走って1kmのラップを取った。すると4分7秒で走れてる。このラップはさらに僕に勇気を与えた。本当に足が終わってたらこんなペースでは走れない。やっぱ気分の問題。ここぞの勝負脳だ。

堤防に出て、残り3㎞。ここからは本当に辛くなった。1kmづつ我慢しながら走る。

すると前に、猿さん(応援のしょくにんさんではありません。安城のランナーさん)発見。彼はこのレースでサブスリーを狙ってる。ここで死んではサブスリーも危ないと思い、抜きながら激励!そして背中で引っ張る。

前には牛の着ぐるみのお兄ちゃんもいる。あんな着ぐるみには負けたくない。なんとか彼を抜かなければ。

そして40km。この区間21分07秒。ぎりぎり粘れてる。

長かった堤防もようやく終わって、橋を渡る。この時、元気に抜いていくランナーが。最近ほとんど抜かれてなかったので、すごい衝撃。しかもお話ししながら二人のランナーが抜いて行った。その一人は僕に、「オス!」みたいな声をかけて抜いて行った。

軽い走りで余裕がみなぎる後姿。たくましいふくらはぎ。そう、それは味噌煮込みさん。
オーラスで親っパネ振り込んだくらいの衝撃。後を追おうにも、それを許さないオーラ。

完全に降伏。その場にひれ伏したい衝動にかられながら、ゴール。

タイムは2時間58分08秒。
行きは目標通りだったが、帰りが2分余分にかかってしまった。この原因はどこにあるのか・・・。実力不足なんでしょうね~。

ゴールして後ろを見ると、猿さんがすぐに入ってきた。彼の走力からしてサブスリーは確実と思っていたけど、やっぱ初のサブちゃんは嬉しいもので、なんども一緒に田んぼでペース走した仲間の達成は倍嬉しい。ハイタッチで迎えて祝福。昨年の山さんに引き続き、仲間のサブスリーに立ち会えて最高に幸せでした。

今回の同行者の中では、emuさんの3時間05分台と、どんぐりさんの3時間15分台がMVPでした。相方のデコママは途中で痙攣をおこし、ぎりぎりサブ4の3時間57分27秒でした。

いびがわマラソンのコースは厳しいけど、応援や運営は本当に素晴らしい良い大会です。とりあえず今回、サブスリーで攻略できたので卒業したいけど、また来年も走りに来ると思います。今度はフルエイドでのんびりランもいいかもね。

最後に今回のラップと、僕のフルマラソン全成績です。

  5㎞    20:19
10㎞     20:52(20分52秒)
15㎞   1:02:12(21分00秒)
20㎞   1:23:29(21分16秒)
25㎞   1:44:50(21分20秒)
30㎞   2:05:33(20分43秒)
35㎞   2:27:16(21分42秒)
40㎞   2:48:23(21分07秒)
42.1㎞  2:58:08(9分45秒)

Image01

2010年11月 8日 (月)

第29回半田市民マラソン大会完走記

毎年恒例の半田マラソンに夫婦で参戦してきました。

毎年10㎞の部に出ていましたが、あのコースを2周するのは辛いので、今年は初の5㎞の部にエントリー。

デコママは根性があるので10㎞です(笑)

朝6時30分に自宅を出て、現地に向かいました。会場では一人旅さん、むちむちさん夫妻、ふ~ちゃん夫妻、カズさん、ヘレさん、エトワール2007さん、横クン、マツジ、ユカちゃん、T川塾長さんらにお会いしました。

まずは、無料で参加できるジョギング部にアップがてら出てのんびりと走る。相変わらず最後の坂がキツイ。後のレースでは、苦しみながら登るんだろうなぁ~と思いながら走ると早くも憂鬱になってきた。

まだ時間があるので、トラックをジョグして、流しを数本。
身体が軽いし調子も良さそうです。

ユニフォームに着替えて早めに集合場所に並ぶ。
ここは、横はいり禁止で、厳しいので、早く並ばないと一番後ろにされてしまうので、注意が必要です。

早くから並んだお陰で、一番前がゲット出来た。

周りを見ると、快足ACの横クンが同じ色のゼッケンをつけて近くにいた。
あれ?30歳代じゃないの?と思って訊いてみたら、40歳になったばかりだそうで、この時点で僕の順位は1つ確実に下がりました。残念。

ユカちゃんやT川塾長もちゃんと一番前にいるし、他にも速そうな人ばかり。入賞出来るんでしょうか??

そして10時ちょうどにピストルがなってスタート!

走りだせば軽い感じで走れるし、最初の1kmは3分10秒台でも呼吸は楽ちん。かなり調子がいいらしい。

序盤は下り坂基調でT川塾長と抜きつ抜かれつしながら折り返しへ。

折り返し地点ではゆぅきさんから応援をもらいながら、同じゼッケンを数えて順位を確認。まず40歳になったばかりの横クン。その後誰も同じ色のゼッケンがいない。ということは年代2位だ!違う意味でもドキドキしながら全体で12番くらいで僕も折り返す。

322935

そこからは5人ほどの第2集団で粘って走る。

喉が渇いていたが、吸水には寄らずレースに集中!

後半は快足ACのマツジさんとのバトル。
急な登り坂で追い抜いたら、すぐに抜き返してきた。でも頑張って後ろに付き、下り坂で抜き返す。

そして心臓が破れそうになる最後の坂。

天白川の人とのバトルのお陰で粘ることができ、最後まで順位を維持してゴール。

タイムは17分14秒で年代2位入賞。全体でも9位の好成績でした。
過去にも何度か入賞したけど、初めての表彰台(3位以内)

<横クンの横で嬉しい表彰式>

2010_11070007

大きなメダルと賞状をもらいました。

2010_11070013

優勝者には盾もあるし、バスタオルもある。僕もいつかは優勝したい!今48歳だから、50歳になったら色々なレースに出てみようっと!

さて、レースが終わったら、10㎞のレース中のデコママの応援です。

43分過ぎに競技場に入ってきました。

2010_11070016_2

辛そうですが、なんとかスパートしてゴール。

ゴールタイムは43分37秒で年代4位に入賞していました。

五木ひろしマラソンに引き続き夫婦で表彰です。とっても嬉しかったけど、一つ残念なことが。
毎年、参加賞に入っていたコロナの入浴券が無くなっていました。来年は復活してほしいものです。

2010_11070023

レース後に記念撮影。

2010_11070026

2010年11月 4日 (木)

奈良マラソンコース試走してきました

奈良県への配達のついでに奈良マラソンコースをマモさんと試走してきました。

2010_11030002_2

画像は折り返し地点手前の天理教の建物の下を潜るところです。当日はここを潜って、天理高校前で折り返し、再びここを潜ります。

事前の下調べで、奈良市内は渋滞するとのことだったので、天理市内に車を停めて、折り返し地点から鴻池陸上競技場まで行き天理まで戻ってくるというコースで試走しました。

<今回のコース クリックで大きくなります>

Map

マラソンコースが解るか不安だったのですが、折り返し地点の天理高校前にて、ちょうど試走中の大阪のなにわMCの人や奈良市民のランナーさんのミクシーチームと出会うことができ、一緒に走っていただくことになりました。

奈良市民のランナーさんの解説付きでしっかりコースの把握ができました。
本当にありがとうございました。

さて、このコースを実際に走ってみての感想ですが、予想以上に坂がキツかったです。
りょうさんのブログ「奈良マラソンを走ろう!」で事前にイメージはしていましたが、ここまでキツイ坂だとは正直驚きました。

まずは今回の試走でのガーミンの高低差のデーターを
(クリックで大きくなります)

Koudo_2

今回は天理スタートで逆走していますので、ちょっと解りにくいですが、スタートして朱雀門で折り返し、大仏前で右折して国道169号を南下するわけですが、難所は窪之庄南交差点で左折して奈良東病院を越えたあたりからの登り坂~名阪自動車道を超えてから豊田町までの下り坂です。
つまりひと山越えるわけです。

<名阪国道を越える橋>

2010_11030007

<走ってみると結構きつい坂>

2010_11030006

高低図でいうと5㎞地点~11km地点。実際のレースでは17km付近~22km付近まで。

80m登って下っています。この標高差80mの山を天理高校前で折り返しを挟んで往復するわけです。

坂なので辛いのは当たり前ですが、

特に、折り返してからの復路の登り坂(名阪を超えるまで)が方向が北向きになることから、向かい風が予想され、相当きつくなると思われます。この辺りで28kmくらいでしょうか。足を残しながら、登らなくてはなりません。我慢のしどころです。

マラソンコースは天理大学の敷地内を通るのですが、試走禁止ということなので、歩いて通過しました(笑)

2010_11030008

出口では柵をしっかり締めて。

2010_11030009

奈良マラソンのコースでの難所はこの山越えであることは間違いありませんが、坂道は事前にイメージしたり、ある程度覚悟しているので、それなりにこなせると思います。

それより、問題なのが復路の国道169号線です。今回試走してみて、間違いなくここが一番注意し、しかも辛くなるところだと実感しました。

4㎞ちょっと続く長い直線道路。高度表で確認すると約30mの高低差があります。4㎞で30mなので大したことないと思われるかもしれませんが、すでに30km以上走ってきて、しかも峠を2回も超えている脚に、この微妙な坂は堪えると思いますよ~。

そしてさらに問題なのが、これが北向きの道路ということ。

大会は12月5日。間違いなく北風が吹き荒れるでしょう。
微妙な坂に向かい風のダブルパンチ。
そして遠くまで見渡せる直線道路。
おそらく走っても走っても紀寺の交差点は近づいて来ないでしょう。確か紀寺の交差点にはマクドナルドがあったと記憶しています。
向かい風に煽られながら、目を凝らしてマックを目指し走ることになりそうです。
今、これを書きながら想像しただけでもゾッとします。奈良マラソンにエントリーしたことを後悔するほどです。

紀寺を右折してようやく向かい風とおさらばし、残り約5㎞。でもここからがまた登り坂。
はたしてここまで脚が残ってるのでしょうか?
奈良公園の鹿さんの応援で粘るしかありませんね~(笑)

2010_11030011

そして最後の競技場までの登り坂は1kmで20mの登りです。もうここは根性で押し切るしかないでしょう。

まあ、大雑把にいえば行きは下りで帰りは登り。さらに向かい風。
決して走りやすいコースとは言えません。往路の169号で風に押されて気持ちよく下り坂を飛ばし、調子を過信すると、後半に強烈なしっぺ返しが来ます。

ということで、僕は序盤は押さえて走り、国道169号に出る33km付近までは脚を残すことに集中し、長い向かい風の直線は誰かの後ろに隠れて凌ぎ、残り5㎞でアクセル全開というプランで走ろうと思います。

当日、北風が吹かない事を願って、レポートを終了しま~す!

最後に今回の試走でお世話になった皆さん、本当にありがとうございました。

2010_11030013

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »