最近のトラックバック

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月 9日 (火)

2011年9月の連休は箱根駅伝往路マラニックに決定!

毎年恒例9月の一泊マラニックですが、今年は箱根駅伝往路に決定しました。

ちなみに2009年は三河湾1周

2010年は浜名湖1周

そして今年はあこがれの箱根駅伝コースです。

9月17日の夜行バスで東京駅へ。

9月18日は大手門からスタートしてほぼ3区間の平塚まで。

9月19日は平塚~芦ノ湖のゴールまで走るというプランです。

今年は、自動車業界が変則休みとなり、参加者が少なくなるかもと心配しましたが、mamodasさん、黒笹アヒレスさん、味噌煮込みさん、ばっは~さんという、ツワモノ達が参加表明してくれました。

夜行バスも予約したし、ホテルも予約完了。

あこがれの駅伝コースを走るのが早くも楽しみで仕方ありません。

2011年8月 2日 (火)

フルマラソン1歳刻みランキング記録証が届いた!

先日、家に帰ると、ランナーズさんから封筒が届いていた。

開けてみたら、1歳刻みランキングの記録証でした。

Kiroku

早速、100均一(笑)の額に入れて飾りました。

これで、3年連続ランクインです。

ランナーやってる限り、連続でランクインしたいものです。

そしていつかはベストテン入りしたいなぁ~。

2011年8月 1日 (月)

2011年夜叉ヶ池伝説マラニック完走記(後編)

夜叉ヶ池二日目。

午前2時から前夜に頂いたバナナを1本とおにぎり3個を無理やり食べて90kmに備える。

まだ眠い中、のろのろと準備をしている時、QPちゃんから不意に「しょっぱい物」を見せつけられ一気に目が覚めた(笑)

山さんに至っては食事中に目の前にさらされ目がシャキッとしたことでしょう!!
これで風邪が治れば言うことなしなんですが・・・(笑)

スタート位置で記念撮影して、まだ真っ暗な3時30分、坂内をスタートして夜叉ヶ池に向かっていきます。

Image20

走り始めると、寝不足もあって、昨日の疲れがまったく取れていません。この状態でどうやってあと90kmも走ればいいのでしょうか?
まったくイメージが湧きません。

こんな時は、一人で走るより誰かと走るに限ります。

幸い、スタートからず~っと味噌煮込みさんが一緒に走ってくれています。

おととい富士山に登ったとはいえ、今回が夜叉6回目ということで、あとどれくらいでエイドがあるとか、コースの特徴とか詳しく教えてくれて本当に助かります。

味噌煮込みさんは、富士山の疲れもあるのか、夜叉ヶ池で折り返しての坂内エイド(今日のスタート位置)のトータル約95km地点が目安で、もしかしたら止めるかも・・・なんておっしゃってます。もし彼がリタイヤしたら、僕も絶対吊られちゃいそうです。でも、とにかく夜叉ヶ池往復の約50kmを頑張ろうと心に誓って走ってました。

2011_07240017

味噌煮込みさんとのランは本当に楽しく、色々なことを語り合った。ここにはとても書けないことやら、う~たんネタなどで、一人では辛そうな景色があんまり変わらない川沿いの山道があっという間に終わり、林道終点到着。

Image23

ここで着替えて標高1105mの夜叉ヶ池までトレイルランです。

ブヨに刺されるといけないので、アームカバー+CW-Xのロングタイツで肌の露出をなくしました。また滑って転ばないようにトレイルシューズに履き替えました。

Image24

トレイルコースに入ると、味噌煮込みさんの血が騒ぎ出すのか、富士山明けとは思えないスピードでどんどん山を駆け上がります。とても付いて行けません。本当に化け物です(笑)

最後の方にはこんな壁が立ちはだかります。

2011_07240019

まるでオロナミンの宣伝のように「ファイト~!!イッパ~ツ!!」と叫びたくなります(笑)

2011_07240020

化け物と言えばもう一人。

同じく富士山明けのよし君が全体の6番目でもう降りてきました。「今日は最後尾でゆっくり行きます」なんていいながら、めちゃくちゃ速いし!

そしてようやく、龍神が棲むという山上の池、夜叉ヶ池到着。

2011_07240022

ここは入る川も出る川も無いのに常に水があるという不思議な池で、本当に神秘的な雰囲気でした。
記念撮影をとって、ようやく全体の半分が終了です。

あと65km。足はもうボロボロ。とても走れる距離じゃありません。本当に坂内で止めちゃいそうです。

池のほとりで登ってきたはじめさんに会いました。

2011_07240024

QPさんや山さんより速く来たのでびっくり。相当気合いが入っています。

再び、ロープを使って急な山道を降りて行きます。登ってくるランナーとすれ違うし、斜度が半端ないしで、とても危険です。なのにすぐ上のランナーがめちゃくちゃ接近してきました。なんでもっとスペースを開けてくれないのでしょうか?しかもズルズル滑ってるし・・・。このままじゃ巻き込まれちゃいそうです。

なんだかんだで、危険なゾーンも終了し、山さんや、光くん、大阪のさんじゅうこさんたちともエールを交換しながらすれ違いました。

そしてトレイルも終了してさっき荷物を預けた林道終点エイド到着。

すると、先に行ってしまったと思ってた味噌煮込みさんが待っていてくれました。これで再び楽しいおしゃべりランが再開出来ることになりました。

下り始めて最初のエイドにはかき氷もありました。ちょっと寒かったけど美味しく頂きました。

Image25

足は疲れていますが、味噌煮込みさんのお陰で坂内までは、問題なく到着。

Image26

坂内は超豪華エイドになっていました。美味しそうによく冷えたビールもあり、「ここでリタイヤする人はどうぞ~」と言っています。まるで僕の心を見透かしているようで、心が折れかかります。
本当にリタイヤしようかめちゃくちゃ迷いましたが、味噌ちゃんを見ると、そんなそぶりが微塵も見れません。これからに備えて、雑炊やカレーうどんを詰め込んでいます。
僕ももう少し頑張ってみよう。ビールを我慢して炭水化物をたくさんいただき、秘密兵器のロキソニン投入!

Image27

誰かの日記で読んだ記憶があり、ウルトラ終盤の痛みやつらさをマヒさせる効果があるのかどうか、試してみることに。

重い足を引きづりトボトボと出発。ロキソニンが効いたのか、味噌煮込みさんの軽快なトークが効いたのか、なんか色々なものがマヒしてきました(笑)

そして笑顔で100km到達。

Image28

あとたった35㎞。もう先が見えた感じがしました。
各エイドでは「今年は涼しい」とか言われるし、足はまるで走るマシーンのように勝手に前に出るし、リタイヤする理由がまったくありません。こんなコンディションでリタイヤしたらもったいない。最後までがんばって走ろう!!

いびがわマラソンのコースに戻ると俄然やる気が出てきました。二人でお話ししながら、どんどんランナーを抜いて行きます。
すると、なませんさんが車でサプライズ登場で応援してくれました。新しいう~たんネタを仕入れたお陰で再び爆笑ラン(笑)

そして、噂の「チームピンきちエイド」到着。

Image29

千葉と大阪からはるばる、この私設エイドの為に毎年来てくださるようです。まるで街の洋菓子屋さんのような品揃えでびっくり!今まで色々な大会に出ましたが、ここまで豪華なのは初めてです。しかも私設だから驚きです。

「0円」のエビスビールで乾杯!

Image30

「ガンダムふくらはぎ」で有名な味噌煮込みさんですが、富士山~夜叉スペシャルをなんなくこなすだけあって、太ももも、どえらいことになってます。写真をみてびっくりeye

手作りプリンやババロアやケーキを堪能して元気100倍!

Image31

そして揖斐峡大橋エイドを過ぎればあと20km。もう完走は問題ありません。「池田町に入ったら、どこかコンビニでアイスを買って食べよう」と約束し、アイスを楽しみにゴールを目指します。

しかし、ここで問題発生。僕のコマネチが悲鳴を上げ出しました。このランパンとワセリンでのストレステストは何度も繰り返してきたのですが、想定外の距離を走るに及んで、右のコマネチから危険信号発令です。
いつもいびがわマラソンの時に駐車する横の橋の上で、携帯していたワセリンを塗りまくりコマネチを治療する。

池田町に向かう、お茶畑のアップダウンとどんどん上がってきた気温でワセリンの効きが悪いらしくすぐに痛くなる。もう手遅れらしい。これ以上コマネチにかかわるのは止めて味噌ちゃんとの楽しい会話に集中しよう。

遠くに見えるゴールを見ながら、平泉せいさんのものまねしたり(笑)

今日はスタートからすでに10時間以上一緒に走ってるのに、なんでこんなに話題が尽きないんだろう。
まるで恋人同士のように楽しい会話が尽きませんheart02

結果11時間台でゴール出来たからよかったけど、もし12時間以上かかってたら絶対恋に落ちていたと思われます(笑)

池田温泉を左折すればゴールまであとわずか。楽しみにしていたコンビニアイス!
だけど、何故かコンビニがありません。ようやくあったコンビニは係りの人が右に曲がれという交差点でした。もうゴールまで2kmちょっとらしいので、アイスを諦めゴールに向かいます。

すると最後の末守エイドで頑張ってきたご褒美なのか、顔に「アイス」と書いてあったのか、何故か僕たちにアイスをくれたのです。
アイスが余りにも美味しく、思わず走るのを忘れ歩きながら頂きました。

食べ終わってからはウイニングランです。そしてようやくゴールが見えてきました。
長かった135kmが終わります。

お互いに撮影しながらゴール!!

Image32

タイムは11時間36分32秒。

第一ステージが4時間38分36秒だったので合計16時間15分28秒。

よくがんばりました。

最初は無理だと諦めていたのに完走できたのは、味噌煮込みさんのお陰です。
本当にありがとうございました。

これからは恋愛に発展しないように頑張ります(笑)

そして往復の運転をしてくれたはじめさんとエイドのスタッフの皆さんにも大感謝です。ありがとうございました。

怪物よし君はなんと9時間台。我々が駐車場に行くと、彼はすでに帰ってしまったようで車もなくなっていました。一体何者??(笑)

ゴールのエイドで、ビールが売っていたので迷わず購入して、給油。

うめ~!!っていうのは最初だけで、いつもは全身に染み渡るように入って行くビールが美味しくありません。
想定外の距離はビールを受け付けない身体にしちゃったようです。

会場横のお風呂に浸かってると、一気飲みしたビールがいけないのかなんなのか、フラフラになってしまいました。
どうやらのぼせてしまったようです。
クーラーの効いた部屋でちょっと休んでいたら良くなったので味噌煮込みさんとお別れして、仲間の帰りを待ちました。

QPちゃん、はじめさん、光ちゃんと順調に帰って来ましたが、山さんが来ません。
山さんは出発前に風邪をこじらせ、体調不良の中、強行出場です。
ゴール後メールしたら「あと30km。歩いてる」と言っていましたが、もうすぐ制限時間の午後7時です。
心配なのでコースを逆に歩いて見に行きました。
もう少しでお祭り会場というところで、前から歩いてくる山さんが見えました。

この体調の中、本当にたいしたもんです。僕なら絶対リタイヤしていたでしょう。励ましながらゴールに向かい歩きます。制限時間には間に合いそうです。
そして感動のゴール。

自分のゴールでは全然泣けなかったけど、山さんのゴールでは目頭が熱くなりました。

初めて参加した、夜叉ヶ池伝説マラニック。
豪華で温かいエイドで思いっきり楽しめますが、いかんせん距離が長い。
そして暑い。

来年は20回記念大会らしいけど、どうしようかな~。

ゴール後はもう卒業!なんて言ってましたが、スペシャルコースを走らずして卒業と言えるのでしょうか?

今の気持ちは半々です。

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »