最近のトラックバック

« いびがわマラソン2011完走記 | トップページ | 豊橋カレーうどんを食べてきました~ »

2011年11月24日 (木)

福知山マラソン2011完走記

第21回福知山マラソン2011に初参加してきました。

前日の午後6時、僕のお店に集合し、zakiさんのお車に6人乗りこみ出発しました。

いろいろ調べてみると、福知山マラソンはインターから渋滞してしまうので、相当朝早く行く必要があることが判明しました。
なので、当初の予定を変更し、前泊で行くことにしたのですが、当然のことながら福知山や篠山にはホテルの空きが無く、仕方なく兵庫県の三田市のホテルで前泊し、そこを朝5時半に出発し現地入りしたのでした。

6時40分には福知山インターを降りることができたので、全く渋滞することなく指定の駐車場には7時過ぎには入れることができ、まもなくやってきたシャトルバスで無事に会場入りできました。

天気は曇りで寒いし雨も心配されるので、とりあえず体育館の中のアリーナ席に陣地を取り、受付を済ませました。
会場ではスポンサーでもあるSTEPさんが大々的にお店を展開されていました。
そこで安売りしていたターサーゲイル2を来年用に7000円で購入しました。

時間がたっぷりあるので、レースに向けてゆっくり支度しました。
それでも9時には準備が整いスタートの10時30分まで何度もトイレに行き、小問題を解消するくらいしか
することがありません。

9時45分からスタートブロックに入れるとのことなので、9時30分に体育館を出発し、スタート位置へ移動しました。

人がいっぱいでなかなか外に出れずにいた時、奇跡的にがんこさんにお会いできました。
彼女とは6月の乗鞍天空マラソンのお宿で出会い、ジョグノートでこの大会に来ることは知っていましたが、これだけの人数なので会えないと思ってたのでびっくりでした。
お互いに健闘を誓い合い、握手で別れました。

そのあと、外の公園のトイレに最終小問題解消で行きました。体育館の中のトイレは大渋滞でしたが、ここはガラガラです。ちょっと歩けばこんなに空いてるトイレがあるのになんでみんな体育館のトイレなんでしょうかね??

そこで後ろから「でこちゃん!」と声をかけられました。
振り向くと、さんじゅうこさんでした。彼女もこの大会に来ることは知ってましたが、ランナーやスタッフでごった返す中、会えるとは思わなかったので本当にびっくりしました。

すべての問題を解消し、すっきりした気分でスタートブロックに入りました。
まだランナーがほとんどいなかったのでzakiさんと先頭のど真ん中に並びました。
スタートまであと35分くらい。参加賞と共に配られたビニール袋ポンチョのお陰でそれほど寒さを感じずに並ぶことができました。寒い時期の他の大会でもこのビニール袋サービスはとりいれてほしいものです。

zakiさんと談笑しながら待ってると、再び小問題の気配がやってきました。VAAM缶も持参していたのですが、周りには女子高生のボランティアがたくさんいるのでちょっとここでは出来ません。仕方がないのでもう一度さっきの公園に行き、解消して戻りました。

そしてスタート直前にゲストランナーのワイナイナさんがやって来て、いよいよ始まります。

この大会を今年の勝負レースに決め、夏場からず~っとこの日を目指して走り込んできました。
30kmペース走は何度もこなしたし、毎週のように早朝15㎞ビルドアップや、LSDや灼熱のロング走などの変態練習もやってきました。

10月末の30kmペース走はキロヨンで余裕を持って出来たし、今回は2時間50分カットに初めてチャレンジするレースです。絶対出来る!

「スタート30秒前」
僕は時間いっぱいの力士みたいに、顔をたたき気合いを入れました。

そして10時30分ピッタリにピストルが鳴り、レースが始まりました。

まずは坂をどんどん下って行きます。スタート&ゴールが山の上の三段池公園なので、最初に下り、ラストは登りです。

坂を下りながら、ラストに登ることになる坂の傾斜を観察しました。中総の坂にくらべればそれほどの坂ではなさそうで一安心。奈良マラソンの時みたいにラストスパートしてやる!!

あっという間に最初の1㎞。時計を見ると3分30秒台。いくら下り坂とはいえ速過ぎなんだろうけど、身体に羽が生えてるようでめちゃくちゃ軽い。

そりゃそうだよね。いびがわマラソン翌日から9日間も禁酒し、元気いっぱいの肝臓君に、食べ物にも気をつけて体重はベストをキープしてるし、軽いにきまっとる(笑)

そして5㎞を19分35秒で通過。
zakiさんはちょっと前を軽快に走ってます。このまま2時間45分カットしちゃってください。
僕は2時間50分を目指しますから!!

1㎞おきにあるキロ表示でラップを確認し、とにかくキロヨンを意識する。いくら軽いからといって、序盤に貯金しようなんて思わない。黒笹アヒレスさんからも前半の貯金は貯金ではない。後半に莫大な利息と共に返済をする借金だ!と言われてるので、とにかくキロヨンを維持することに集中。

順調にキロヨン巡航で10㎞を39分36秒で通過。

周りを見渡すと、みんなキロヨン意識なのか適度な集団が形成されている。
横を走る裏六甲サブスリーのユニフォームを着たおにいちゃんに思い切って声をかけてみた。
「今日はどれくらいで行かれますか?」
僕より若いゼッケンナンバーなので、答えによってはず~っと付いて行こうと思ってた。
すると彼からは思いがけない答えが返ってきた。
「でこちゃんですよね?」
裏六甲ってどこ?神戸だよね。なんで愛知の僕を知ってるの??
「ええ~?なんで知ってるんですか?」
「きりんさんのジョグノートで知ってました。篠山も走られてましたよね?」
そうだったんか。世間は狭い。普段ジョグノートでエロネタやら酔っ払いネタやら書いてる場合じゃないぞ(汗)

ここから30km手前までず~っとご一緒させてもらいました。ありがとうございました。

12km手前でゲストのワイナイナ選手がスイスイと走って抜いて行きました。綺麗な走りでとてもカナワナイナ(笑)

多少のアップダウンはあるものの、コースはほぼフラットの田舎道。天気のいい日にLSDやったら気持ちよさそうな道です。

相変わらず順調にキロヨンで巡航。15km経過してもまったくダメージはありません。本当にいい感じです。

20㎞は1時間19分48秒。ハーフは1時間24分。ピッタリキロヨン。

zakiさんが力強く右手を付きだして折り返してきました。彼も調子がよさそうだ。
そして僕も22.5kmで折り返し。

山さん、たらちゃん、仲間とエール交換しながらすれ違う。他にも僕の名前を呼んでくれた人がいましたが、ちょっとわかりませんでした。すいません。

25㎞も余裕をもって通過。残りは17km。まったく問題ない。250カット出来るかも。

ところが、それは突然やってきた。28km付近だっただろうか。
何となくお尻の奥辺りが重くなってきたなぁ~。と感じてきたので、気のせいだと誤魔化してみるものの、何かがおかしい。

前回の30kmペース走ではまったく感じなかった感覚。この感覚になるのは残り5㎞くらいの予定だったので流石に焦る。
30kmのチェックポイントに向かって坂を登ってるとき、背中に棒が刺さったような感じで固まってしまった。
なんなんだこれは??

腕が思うように振れなくなる。いろんなことしながら走ってみたけど全然改善しない。それどころかフリーズが全身に伝染し出した。
30kmを2時間00分50秒で通過。

まったく余裕が無くなった。

キロヨンなんてとんでもない。勝負脳でごまかしてみるものの、4分30秒が精いっぱいの状況。

そんな時、反対側から「でこちゃ~ん!」と大きな声援。見るとさんじゅうこさんだった。
篠山でもたくさん応援してくれたし、今回も。本当にありがとね。何とか踏ん張ってみるわ。

とにかく35㎞まで死ぬ気で粘ろう。いろんなところが固まってしまい、変な走り方だけど、4分30秒/kmならなんとか走れそうだし。
30km~35㎞までの5㎞が23分台。
この時点で自己ベストは諦める。でもこのまま粘ればゴールは2時間55分くらいか。最低でもサブスリーは達成しないと。こだわりの連続サブスリーが5回で途絶えてしまう。

いよいよ残り7km。普段なら1㎞づつ粘って行くところだけど、正直言ってあんまり覚えてない。
覚えてるのは、痛みや苦痛や強烈な向かい風に耐えて進んでいたが、1㎞のラップがキロ5分を越えた時に心が大きな音を立てて折れたこと。

もうやめよう。もしそこに救護バスがあったら間違えなく乗っただろう。でもリタイヤしたら何も残らない。止めグセが付くのも怖い。フィニシャーTシャツがもらえない(笑)

背中から始まった痛みは左脚の付け根、両足の裏、左足首、両方のお尻・・・全身に広がり、勝負脳でごまかせる範囲を越えてる。

ここからは走ったり、歩いたりの繰り返し。スピードが落ちてるので、体温も下がってるようでむちゃくちゃ寒い。寒いから余計に固まるの悪循環で走っても走ってもゴールが近づかない。

そしてようやく折り返し区間が終わり、左折して最後の登り坂1.5km。

3時間前に元気に登る姿を想像してたけど、ほとんど歩くような速度で歩を進める。熱心に応援してくれるのがありがたいやら申し訳ないやら、、、。

そして2時間72分9秒でゴール(笑)
長く辛かったレースがようやく終わりました。
今まで順調にタイムを短縮してきてこんなに地獄を味わったのは初めてでした。

夏場から順調に仕上げてきてのこの失敗はショックでなりません。原因はなんだったのかよくわかりませんが、一つ言えることはピークがズレたこと。今思えば10月中旬~下旬にピークが来てたようです。好調は続かないんですね~。

そのあとは生まれたての仔馬のようにヨタヨタ歩き、フィニシャーTシャツや記録証をもらい、トン汁の列に並んでたら、後ろから「でこちゃんですよね~」と声をかけられた。

振り向くと見知らぬ女性がにこやかに笑ってる。
「いっぺん握手させて~なぁ~」と関西弁で握手を求められた。
「いつもジョグノート見させてもらってます。」という奈良の女性ランナーさんのゴールタイムは3時間10なん分だった。めちゃくちゃ速いじゃないですか!
僕のタイムは恥ずかしいけど・・・・
抜かれなくてよかった。レース中の死んでるときに握手求められなくてよかった~(笑)

色々とたてこんでて、ジョグノートのハンドルネームを訊くのを忘れました。
この記事を読んでたら是非リンク依頼してくださいね~。

体育館に戻ると、zakiさんはすでに着替えが済んでいたので、そうとう速くゴールしてたんでしょう。訊けば2時間51分台だったらしい。僕なら大満足のタイムだけど、彼は落ち込んでました。みんな目標が高いなぁ。

着替えが終わり、まだみんな揃ってなかったので、ヨタヨタと長い道のりを歩いてビールを買いに行きました。
会心の走りが出来れば美味しいビールも、こんな走りでは苦くてまったく美味しくありませんでした。

それでも高速に乗る前に余ってもいいやと2リットル買い込み、車の中で飲んでるとどんどん美味しくなるから不思議です。結局残すことなく全部をやけ酒で飲んで、zakiさんに自宅まで送り届けてもらって長い一日が終わりました。

今回は祭日のお昼時にみなさんの貴重な時間をパソコンの前に座らせて、応援させながらもこんな不甲斐ない結果となってしまいまして、本当に申し訳ありませんでした。応援してくれたすべての走友さんに大感謝です。
この失敗をバネにして、次回の別大マラソンで倍返ししますので、お許しください。

最後にラップです。

10k  00:39:36    
20k  01:19:48  0:40:12
30k  02:00:50  0:41:02
40k  02:57:01  0:56:11
Finish  03:12:09  0:15:08

« いびがわマラソン2011完走記 | トップページ | 豊橋カレーうどんを食べてきました~ »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

でこちゃん、おつかれさまーhappy01
すでに関西でもでこちゃんは有名人なんだね。握手まで求められるなんて、芸能人みたいnote
調子がよかっただけに残念でしたが、また挑戦し続けてください。
別大では全国のみんながでこちゃんのことを応援していますよsmile

意外な結果に驚きました。マラソンは走っていて、途中で調子が悪くなることもあるでしょう・・・。なんてったって42kmも走るのですから・・・。
でも、でこちゃんはきっとこの悔しさをバネにステップアップできるはずです。応援しています!O( ・`ω´・)乂(・∀・` )O FIGHT!!!

ピーキングの重要性を正直あまり考えていなかったんですが、僕もこれからは真剣に考えていこうと思います。とにかく別大が勝負ですね。頑張ってください。

◆ふ~ちゃんさんへ

コメントありがとうございます。
たくさんの人から応援をもらいながら不甲斐ない結果となってしまいました。
別大ではやり返しますので懲りずに応援お願いしま~す!

◆どんぐりさんへ

42.195kmですからね~。別名「死にに行く」というし。まさに今回は死にました。
本当に奥が深いです。
別大ではしっかり走りますからまた応援してください。

◆ばっは~さんへ

ピーキングの難しさを実感しました。
別大では失敗が出来ないので、今度の経験を生かししっかり決めてきます。

お疲れ様でした。
折り返しですれ違った時、すごくしんどそうな表情でした。
あれ?どうしたんだろうと思っていました。
福知山は、関西圏では本命レースで走られる方が多いです。
もうひとりのキロ4さん、速かったなぁ~
次は、別大ですか。頑張ってくださいねpunch
テレビの前で応援しています。

◆さんじゅうこさんへ

あんなに応援してくれたのに走り切れずにすいませんでした。
次回の別大では絶対決めて見せますから!

それにしても関西圏は良い大会がそこらじゅうにあって羨ましいです。
愛知県には男性が出場できる公認フルマラソンが無いんです。
どうにかならないもんでしょうかね~。

福知山の完走記を探していたら、たどりつきました。
背中に棒がささるなんて、怖くなってきました~
なんだったんでしょうね。。
とりあえず、はやく寝ることにします。

お互い、ベストをつくしましょう!

しょくにんさんへ
僕も今、読み返してみましたが、なんだったんでしょうかね?(笑)
まあ、きっと練習不足だったんでしょう。
でもこのシーズンで福知山の後の別大でベスト出してるから不思議なんですよね。

福知山のコースはスタートゴールが山の上にあるから最後は登らないとダメなんです。
さらに由良川の折り返しは結構アップダウンがあったような。
あんまりラップにとらわれると体力を使っちゃうので、上り坂で落ちても気にしない程度でちょうどいいのかもしれませんね。
頑張ってください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194269/43128946

この記事へのトラックバック一覧です: 福知山マラソン2011完走記:

« いびがわマラソン2011完走記 | トップページ | 豊橋カレーうどんを食べてきました~ »