最近のトラックバック

« 別大マラソン2012年完走記(前日編) | トップページ | 別大で初のネガティブスピリット »

2012年2月 6日 (月)

別大マラソン2012完走記(レース編)

第61回別府大分毎日マラソンの完走記です。

前夜はホテルでしっかり寝ることが出来ました。9時間ほど寝たらしく寝過ぎてちょっと頭痛がするほどでした。

それでも朝風呂に入ってスッキリ!

前日受付会場で売っていたお餅を食べ、さらに朝食をしっかり食べて、レンタカーに乗り込み、まずはゴール地点の大分市営陸上競技場へ行きました。

ここに車を停めて、シャトルバスでスタート地点のうみたまごへ行きました。

2012_02050017

天気予報が悪い方に変ったようで、朝から曇り空だし、最高気温も7℃~8℃くらいとなっていました。予定より寒いレースになりそうです。

これに海からの風に吹かれると体温低下~パフォーマンスも低下に陥り、福知山の二の舞になってしまうので、たくさん着込んでいくことにしました。

裏起毛ランナーズ長袖Tにランシャツを重ね着。それでも寒く感じたので、長袖Tの下にアームウォーマーも着用。さらにキャップ+ネックウォーマー+手袋。

下はランパン+ザムストのゲイター。はみ出た太ももにワセリンをたくさん塗り込み寒さ対策完了。

2012_02050019_2

同じような走力のランナーと集団走行が予想されるので、吸水のストレスから解放するべく、ネイサンのスピード2に水で薄めたVAAMと普通の水を左右のボトルに入れ、後ろのポケットには、ザバスの完走セットに入っていたピットインリキッドを2袋搭載。

お昼スタートのレースだからこれくらい持っていかないとね。途中でガス欠なんてなったら泣くに泣けませんから。

この大会はゼッケン順に並びます。僕の場所は前から44列目の左から6番目です。
こうしてしっかり決まってるので、早くから並ぶ必要は一切ありません。

また、トイレも人数の割にはたくさんあり、まったくストレスがありません。人気の都市型マラソンとは大違いです。

こういう素晴らしい大会を愛知県でもやって欲しいものです。

ゼッケン順に整列したままぞろぞろとスタート位置に移動していきます。
スタート位置に付き、みんなの足を観ると美脚揃い!
ふくらはぎフェチのマキちゃんや、sakusaさんに見せてあげたい光景です(笑)

そして12時にレースが始まりました。
福知山のヘタレレースからスッキリしなかった年末年始の憂さを晴らすレースがいよいよ始まったのです。今回は苦しくなっても絶対諦めない。その為にコッソリとロキソニンも2錠忍ばせてあります。

別大マラソンのコースはこんな感じです。

Kosu

季節がら西風が強く吹くことが多いことから、ランナーに追い風の恩恵を受けて欲しいとの配慮もあり、3年前からコースが変わったようです。

しかし、皮肉にも今年は逆の東方向からの風が吹き、向かい風区間が長くなりましたが、風速は1m~2m程度であんまり気にならないレベルで助かりました。またコースはフラットでとても走りやすく、今年のような風のないレースは10年に1度あるかないかとも聞きました。こんなに恵まれてるんだから頑張るしかありません。

前置きが長くなりましたが、そろそろ走りだしますね(笑)

【0~5㎞】20分11秒

前回の福知山では最初が下り坂ということもあったし、キロヨン特攻隊だったので序盤に貯金をするべく飛ばして失敗しました。

今回は絶対飛ばしません。30kmまでは我慢の走りに徹します宣言!

44列目ということもあり、スタートしてからはすぐには動きません。なんとかテレビに映ろうとカメラ目線で手を振りましたが、映ったんでしょうか??

ゆるやかに下って行く広い国道10号線はすぐにランナーをばらけさせはじめ、まったくのストレスを感じることなく走って行きます。

そしてあっという間に1㎞。時計を観ると4分18秒となっていて、流石に遅すぎるとちょっと焦りましたが、スタートロスを考えるとほぼ設定通りの4分5秒/㎞に落ち着いているようです。

それでもどんどん抜かれます。みんなすごいスピードです。とくにカテゴリー3の赤いゼッケンの元気なランナーに何人抜かれたことか。

そして5㎞を20分11秒で通過。ちょっと速いかも。抜かれ続け走りたい足を押さえるのに苦労するくらい順調なスタートでした。

【5㎞~10㎞】20分19秒/40分30秒

この辺りで女子を中心とする大集団に抜かれました。一瞬付いて行こうか迷いましたが、あんまり集団の中で走るのは好きじゃないし、自分のペースを心がけ、1㎞ごとのキロ表示を指針に慎重にそして集中してラップを刻んで行きました。

反対車線を折り返してきたトップ集団が走って行きました。中央よりに寄って手を振りましたが、これも映ったかな?近日中に録画を確認しないと。

そして猫ひろし選手を中心とする集団が行きました。もしかしたら黒笹アヒレスさんもこの中に居るのかな?と思って探しましたが、いませんでした。ということは猫ちゃんは相当のペースなんでしょう。

その後アヒレスさん、モエパパさんとすれ違いました。
マモさんやkane-chanは見つけることが出来ず、まさか後ろに居るのかな?そんなことないか。と思いながら僕も9kmの亀川で折り返し。

そして500mも行かないうちに反対車線を最後尾の車が走って行った。
ええ??オレって結構後ろじゃん。流石参加資格3時間30分の大会です。下手をするとすぐに関門にやられそうです。ますます気合いが入ったこの区間。
10㎞を40分30秒で通過!

【10㎞~15㎞】20分21秒/1時間00分51秒
この辺りまでくるとあんまり抜かれなくなりました。
周りを見回すと、ほぼ同じ面子です。安定したペースで淡々と進んでいく感じです。

そして15㎞を1時間00分51秒で通過

【15㎞~20㎞】20分41秒/1時間21分32秒
福知山の時はキロヨンを意識し過ぎるあまり、無理をしていたのかも知れません。
キロ辺り5秒プラスするだけでこれだけ余裕が生まれるんですね。

スタートした高尾山とうみたまご前を通過して20㎞を1時間21分32秒で通過。
まったく順調。でもすこし腹が減ったsweat01

【20~25㎞】20分19秒/1時間41分53秒

今の空腹感と残り距離を考え、貴重な2個のピットインリキッドをどこで摂取すればいいのか頭をフル回転で考える。25㎞まで行ってから摂取しようとも思ったけど、ガス欠になる前に入れないと意味がないので、ハーフ通過で摂取することに。

ハーフは1時間26分ちょうどで通過。単純に倍にすれば2時間52分で自己新だけど、そんなに甘いものじゃないのは百も承知。今は30kmまでの距離減らしに集中しよう。

ピットインリキッドを摂取し、ついでに食後に飲んだ方がいいというロキソニンも投入。しかし手袋しながらの錠剤を取り出すのって思いのほか大変だった。なにか工夫をしないと。

この辺りから市街地に入って来て応援が素晴らしい。沿道にはたくさんの市民が繰り出し応援してくれます。さすがに歴史のある大会で地域に根付いています。本当にありがたいものです。

【25㎞~30km】20分15秒/2時間02分08秒
25㎞からの10㎞が大事なんです。ここでしくじると、ラスト7kmで地獄を見ることになります。とにかくペースを維持。何があってもアクセルは踏みこまない。今思い起こすとここは本当に集中していて周りの景色を思い出せませないほどです。

【30km~35㎞】19分59秒/2時間22分07秒

さっき食べたばかりなのにまたお腹が空いてきました。
ラスト1個しかないリキッドをここで摂取することにしました。ついでに再びロキソも投入。
再び元気になる。

残り12kmだし、脚の状態はまだまだ余裕です。そろそろアクセルを踏んでも良さそうです。ここで初めてペースアップを始めました。

スタート後に抜かれた女子を中心とした集団もなんなくパスして長かった東向きのコースと別れて右折。そしてすぐに右折して戻って行きます。

すると前にちょっと首を左に傾けて走る見覚えのあるランナー発見。間違いない。マモさんだ!やっぱり前に居たんか!
なんて言って追い抜こう。「マモさんお待たせ!」はもう古いし、無視して抜くのもアリかな?なんて思ってたら、マモさんの前になんと中総ユニのkane-chanも居るじゃないですか!

33㎞手前で奇しくも岡崎から一緒に行った3人が並ぶという奇跡。
思わず「なんで3人並んでるの?」と声を発しちゃいました!驚いて振り向くマモさん。

僕の関心は、kane-chanのアームウォーマーの中。
と言うのも、スタート前の支度の時に、kane-chanがアームウォーマーにカーボショッツを左右2個づつ忍ばせてるのを見ていて、僕はもう丸腰で残り距離から考えてもう1杯ご飯が欲しい(笑)

1個貰おうかと思ったけど、やっぱ失礼かな?と思い、応援して追い抜く。

そして右折~左折で元の道に戻ってきて35㎞。いよいよあと7km。自己ベストも可能な状態で嬉しくなる。この間の5㎞が最速の19分59秒のラップも嬉しい。まだまだ余裕もあるしロングスパートだ!!

【35㎞~40km】20分38秒/2時間42分45秒
ゴールの陸上競技場を左に見ながら橋を渡る為の登り坂を駆け上がって行く。
周りのランナーとはスピードが違うようで面白いように抜ける。

その時、左足のふくらはぎが痙攣しだした。ランナーを追い抜く快感に酔いしれて調子に乗り過ぎたようだ。こんなところで痙攣するなんて。

今まで携帯していただけで使ったことがなかったクランプストップを舌下に噴射!
これ効くのか?アヒレスさんやマモさんはすぐに効くと言ってたけど・・・。

心なしか痙攣の信号が無くなった気がする。再びペースをキロヨンに戻す。
ちょっと苦しくなってきた。そんな時は実際に声に出して叫んだ!

「おれは出来る!出来る男だ!」「絶対諦めん!やり遂げる!」

何度叫んだだろうか。痙攣しそうになる度、クランクストップを噴射。再び叫んで気合いを入れる。

【40㎞~ゴール】8分37秒

もう泣いても笑っても自己ベストは確実。そう思うとまだゴールしてないのに泣けてきた。
福知山以降、何度も悔しい思いをした。別大の為に、真っ暗な寒い堤防を走りまくった。

最後の橋の登り坂を駆け上がってるときまた痙攣しそうになった。
もう構ってられない。クランプストップを出すのももどかしい。もうどうなってもいい。走るののみ!

競技場に入る時時計が2時間50分を過ぎた。いつかはこのタイムでゴールしたいものだ。

いよいよ残すはトラック1周。モエパパさんが大きな声で声援してくれた。

ふくらはぎは痙攣しうまく走れない。腕を振り変な走りかたでラストスパートもどきでゴール!

タイムは2時間51分22秒!自己新達成!

全部出し切ったようで、ゴールした瞬間崩れ落ちた。係り員に連れられてトラックの中に行き、そこで大の字になって、完走タオルを顔にあてて、号泣。
11月23日から長かった呪縛から解放されしばらく起き上がれないほどの感動をじっくり味わった。

はるばる別府まで来て本当によかった。

企画して誘ってくれたマモさんに大感謝です。
また同行のkane-chan、黒笹アヒレスさん、モエパパさん、本当にお世話になりました。

また、会場でお会いした走友さんすべてに感謝です。

そしてテレビの前やパソコンで応援してくれたみんなに大感謝。本当にありがとうございました。

ゴール後は別府温泉に入り、空港のレストランで打ち上げ。

2012_02050020

1週間ぶりのビールの味は最高でしたscissors

最後ですが、この空港のレストランでmamoさんがやってくれました。
なんと大事なスマホをレンタカーに置き忘れたんです。

たまたままだ時間があり無事にスマホが帰って来ましたが、毎度毎度ちゃんとやってくれるからさすがです。

<無事にスマホが戻り笑顔のマモさん>

2012_02050021

最後にラップです。

【ラップ】
05km  20:11
10km  40:30 (20:19)
15km 1:00:51 (20:21)
20km 1:21:32 (20:41)
25km 1:41:53 (20:19)
30km 2:02:08 (20:15)
35km 2:22:07 (19:59)
40km 2:42:45 (20:38)
G     2:51:22 ( 8:37)

« 別大マラソン2012年完走記(前日編) | トップページ | 別大で初のネガティブスピリット »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

PB更新おめでとうございます!
やはりフルは我慢ですね!!
防寒対策も素晴らしいと思います。

エイド(食べ物)がないレースは、携帯食料は4つあった方がいいっすね。
福岡では、4つ携帯して10km毎に1つ補充してましたよ(^O^)

自己ベスト更新おめでとうhappy01
でこちゃんのこのレースにかけた思いが伝わってきました!
50分切りも見えてきましたね。
楽しそうなツアーなので来年は私も、って思ったけど、関門で捕まってしまうと思うのでやめときます。
今度は私が頑張る番ですpunch
応援よろしくねhappy02

◆ま~くんへ

お昼スタートのレースは防府で経験済みですが、なにせ久しぶりで忘れてました。
たしかに4個あると安心ですね~

◆ふ~ちゃんへ

ありがとうございます。今までで一番充実したレースが出来ました。
ウイメンズで3時間30分を切って、資格をゲットしたら別大ツアーに行きましょう♪

ウイメンズは応援に行きますから頑張ってくださいね~

感動の完走記でした。
ラストの格闘。素晴らしいですね。
自分もソウルでは歓喜の号泣が出来るように頑張ります。

良かったですね~。おめでとうございます。これで鳥取が気分的にラクになりましたね。

自己ベストおめでとうございます!
そして、驚くべき文才!
30-35kを19分59秒でよく走れましたね。
ここはきついところで、ペースが上がるとは一般的には考えにくいのに!
私もでこちゃんの走りに勇気をいただきました!
私も東京ガンバルジョッヽ(゚Д゚(゚Д゚,,)ノオォォォ→☆☆

自己ベスト!おめでとうございます~shine
福知山があって、今回の別大の結果があるのですね。
悔しさをバネに、アスリート魂がすばらしい。
楽しそうな別大ツアー、まもさんってそんな面白い人でしたかhappy01
名古屋ウィメンズ、私も走りま~す!

◆Mr.Tさんへ

思えば夏場に三好池で一緒にペース走をやり、あれから積み上げてきたものが一気に開花した気分です。
Mr.Tさんも充分に練習されているので、ソウルでは間違いなく快走するでしょう。応援していますので頑張ってくださいね!

◆ばっは~さんへ

鳥取もそうだけど、長野も気楽に行けます。
サブスリーのムードメーカーしますので達成してゴールで抱擁しましょう♪

◆どんぐりさんへ

いつも決まって失速する30~30kmのラップは今回特に意識してました。
ここが旨く走れたので後は7kmなんで流れで行けちゃいました。

東京マラソンでは前半、特に最初の5㎞が下り坂なんで、意識しないと相当飛ばしちゃいます。ここを押さえて、がまんの走りをしないと、30kmから猛烈なしっぺ返しが来ますので注意してくださいね。

うまく走ればサブスリーも可能と思います。頑張ってください。

PS 文才は全然ありませんよsweat01
読み返してみたら直したいところだらけです!

◆さんじゅうこさんへ

コメントありがとうございました。
別大は最高でした。本当はレース後にもう一泊出来ると尚最高なんですけどね~

マモさんは本当に凄い人です!
秋の箱根駅伝マラニックではサングラスが無いと探し出したんですが、なんと普通にかけてたんですよ。超天然です(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194269/44005815

この記事へのトラックバック一覧です: 別大マラソン2012完走記(レース編):

« 別大マラソン2012年完走記(前日編) | トップページ | 別大で初のネガティブスピリット »