最近のトラックバック

« 名古屋ウィメンズマラソンの応援に行きました | トップページ | 長野マラソン2012年完走記・・・なんとかサブスリー達成 »

2012年3月19日 (月)

鳥取マラソン2012年完走記

鳥取マラソン2012年に初参加してきました~。

mamoさん、kane-chan、いわさんと共に、前日の土曜日朝8時30分出発で鳥取に向かいました。

途中の道の駅で休憩した時にあちこちに雪が残っててびっくり!

Image07

ここはどこなの??まるで雪国です。

電話は糸電話だというし(笑)、早くも明日のマラソンが心配になってきました。

途中、何か所か渋滞があったものの、ほぼ計画通りに受付を済ませ、

Image06

予約しておいたホテル東横インにチェックインしました。

このホテルを予約した時に、通常のシングルが空いてなく、500円高い映画見放題付きプランを予約していたのを思い出しました。

これが、翌日のレースまで影響を与えるとはこの時点では思いもよりませんでした。

その後、みんなで鳥取市内で夕食を食べ、8時過ぎには就寝しました。

翌朝は、4時に起床して、仕事をしました。
東横インはすべての部屋でWi-Fiが使えるというので、ipadを持って行ったのですが、何故か僕の部屋だけ電波が悪く使えませんでした。仕方なくノートパソコンをレンタルしたんですが、このレンタル代ってなんとかならんのかね?あとでメールしてみよっと。

仕事しながらテレビのスィッチをいれました。どこを回してもテレビショッピングで見るものがありません。

そうだ、せっかく500円も余分に払ったんだから、映画を観よう。

でも、仕事しながらなので、いまさら大作をみても途中だし、内容も解らない。

こんな時は、どこを切っても同じ味で同じ柄の金太郎飴みたいな、映画に限る。ということで朝から僕の部屋はピンク色heart02

仕事をしながらも、レースとは違ったテンションがあがりまくりlovely

そんなこんなで、レース前の大事な朝食が別の欲求に邪魔され、食べたのか食べなかったのかよく解らない状態で、約束の7時になっちゃいましたsweat01

ホテルをチェックアウトして鳥取マラソンのスタート会場のコカコーラウエストスポーツパークに向かいました。

心配していた天気ですが、傘が要らないくらいの霧雨が降っていて、気温が予報より低いらしく、吐く息が白くなります。

雨に濡れないスタンドの一角に陣取り、支度します。

人数が少ないのもあり、トイレのストレスは一切ありません。また、早くから並ぶ必要もなく、スタート10分前に、スタート位置に移動すれば充分で、雨に濡れながらの我慢大会をせずに済み、とっても助かりました。

9時スタートなので、あっという間にスタート時間となりました。

競技場を回って、さらに外周を1周回り、外に出て行きます。

そろそろ、1㎞地点かな?って思いましたが、キロ表示がありません。見逃したのかと思いましたが、次も、その次もありませんでした。どうやらこの大会は5km起きしか表示がないようです。

これは、しっかり集中してペースを維持しないと、ちょっとのズレが5倍になって知ることになり、取り返しがつかなくなってしまいます。充分注意しないと。

スタート直後にkane-chanは見えなくなってしまいました。

僕に付いて行くと言っていたmamoさんは横を走っています。

5kmのポイントを19分59秒で通過。ちゃんとキロヨンで走っていたようです。普段から堤防での15㎞走で培ったペース感覚が役にたってます。

5㎞過ぎに最初の折り返しがあり、来た道を戻って行きます。

この辺りから僕はペースを維持してるつもりなのにマモさんから離れだします。

あれ?なんでだろ。キロヨンが辛い。調子が悪いのかな??

なんて思いながら10㎞のポイントが見えてきた。39分39秒で通過。この間19分39秒。

やっぱり速かったんだ。

時計を見てびっくりしたのか、マモさんとの距離が縮まり、やがて併走。

身体も温まってきたらしく、線路沿いのまっすぐな道は、気持ちよく巡航。このままどこまででも走って行けそうな感覚に陥る。

寒さ対策で重ね着したアームウォーマーが邪魔になるくらいちょっと暑さも感じた区間だったが、この後も降り続く雨が徐々に体温を奪い、寒くなるなんて思いもよらないことでした。

ちょっと急な坂を駆け上がり、左折するとすぐに15㎞。1時間00分16秒で通過。

いい感じで走れてます。心配された風が吹かないし、旨く行けば自己ベスト更新も出来そうな予感です。

この辺りで、後ろから10人くらいの集団に追いつかれました。

その集団の中心にいるおっさんが、とにかくうるさい。
余裕があるのか何なのか、ず~っとしゃべってる。それに同調して応えてる仲間との会話もまったくの耳障り。

キロ表示が5㎞間隔だし、こっちはペース維持に必死だというのに、なんという奴らだ。

マモさんは集団に巻き込まれているが、うっとうしくないのかな?

僕はもう我慢できません。下り坂を使い、ちょっとペースアップしていきました。

それにつられて同じくがまんが出来なかったのか二人のランナーも付いてきました。

ここからしばらく3人での抜きつ抜かれつのバトルは40km手前まで続きました。終盤の失速を最低限にとどめたのはこの人たちのお陰です。ありがとうございました。

中間点を1時間25分10秒で通過。別大よりも50秒速い。こうなりゃ、自己ベスト出してやる!

しかし、腹が減った~sad

朝ご飯をちゃんと食べなかった影響が早くも出るとは・・・。

朝9時スタートだし、いつもの30kmペース走はそんなに朝食食べなくてもやれるからと、少ないご飯にしたのが、失敗だった。さらにへんなテレビを見たので、変な満腹感もあり、実際にはタンクが半分くらいだったのかもしれません(汗)

ポーチに入れた、ザバスのリキッドは2袋。
残り20㎞を乗り切るにはなんとも心もとない燃料です。

とりあえず中間点でかなりの空腹感だったので、1袋給油。このまま35㎞くらいまで持ってほしい。でないと途中でガス欠となり、テレビでよく見るフラフラになってしまいそうだ。

そんな時、エイドステーションにバナナを発見。

レース中に初めて給食をもらうことにした。バナナは走りながら取れませんね。一度立ち止まり、皮をむき、ゴミ箱に捨てて、口に入れるという作業をしないといけません。

そんなこんなでバトルしていた二人に20mほどおいて行かれます。

徐々に追いつき再び併走。二人ともいいペースなんで助かります。

後ろを振り向いてもマモさんがいません。何処行っちゃったんでしょうか??

そしてスタート地点の競技場横を通過して30kmポイントを2時間01分17秒で通過。この間20分17秒。

相変わらず別大より速いペースで移行しています。

30km~35㎞を一番速いラップで走ることを密かに目標にしていて、ここまでそれを実行する為に準備してきたし、順調でした。

ゴールの競技場を右手に見ながら坂を登り下り、そして自動車学校の交差点を右折して、約5㎞行き、そして同じ道を5㎞戻って来て40kmという、まるで精神修行のようなコース設定。

ここを余裕をもって走ることをテーマにしてきた。さあ、この二人を振り切ってペースアップだ!

って思った瞬間、急に襲ってきた寒気と足の重さ。

途中から競い合ってきたライバルさん(一人はすでに脱落)からどんどん離れだす。

腹も減ってる。もう一つのザバスを食べようと思った時に、エイドステーション発見。再びバナナをもらい元気回復!

離れたライバルさんを追いかける。

福知山で知り合ったミッチーさんが折り返してきた。相変わらずばねの効いた綺麗な走りです。エール交換しあい、前を急ぐ。

kane-chanもやってきた。なんか辛そうだけど大丈夫でしょうか?まさか折り返したら向かい風なのか??

そしてようやく35㎞ポイント到達。ラップを確認すると21分01秒もかかってた。

落ちてるかなとは思ったけど、ここまでとは・・・。1㎞起きにキロ表示がないといっぺんに5倍で帰ってくる恐怖がここにあった。

それでも最低限粘れば、自己ベストも可能と思い、必死の走り。

長かった精神修行もようやく折り返し。

ちょっと走ると、あのうるさかった集団がやってきた。その中になんとマモさんが埋もれていた。あのうるさい集団でよく我慢したもんだ(笑)

残り5㎞の看板付近で、ライバルさんに追いつき、追い抜く。彼もちょっと驚いていた。それもそうだろう、この辺りではお互い抜かれることは無く、抜きっぱなしだったし。

40kmを2時間43分23秒で通過。この区間21分04秒。再び21分台となってしまった。

もう自己ベストは無理だ!!やっぱり禁酒が1日では僕はダメです。ちゃんと1週間やらないと終盤失速することがよくわかりました。

でも、名古屋ウイメンズのmewさんには勝たないと(笑)

最後の力を振り絞ってるときに、前にkane-chan発見。かなり辛そうだけど、応援しながら追い越し、競技場に向かう。ここがまた嫌がらせのような登り坂(笑)

左折して競技場へ。

すぐにゴールしたいのに、ゴール地点を通り過ぎ嫌がらせのさらにトラック1周。

ゴールでは、周りにランナーも居ないし、カメラを意識してのグリコポーズでゆっくりとゴールラインを越えてみた(笑)

オールスポーツさんの写真が楽しみです(笑)

Image04

そのあとは、無料のトン汁を食べて、あわくら温泉で汗を流し

Image02

帰路につきました。

帰りの車内が居酒屋化したことは言うまでもありません(笑)

運転してくれた、マモさん、kane-chanありがとうございました。

また、見事自己ベストのいわさん、おめでとうございます。

鳥取は、糸電話ということで、とても心配でしたが、コースは走りやすく、運営もしっかりしていて風さえ吹かなければいい大会です。でも遠いからもう来ないかも(笑)

最後に今回のラップ&コース図です。

05km  19:59
10km  39:39 (19:39)
15km 1:00:16 (20:37)
20km 1:20:30 (20:13)
25km 1:41:00 (20:30)
30km 2:01:17 (20:17)
35km 2:22:19 (21:01)
40km 2:43:23 (21:04)
G    2:53:03 ( 9:40)

Map

« 名古屋ウィメンズマラソンの応援に行きました | トップページ | 長野マラソン2012年完走記・・・なんとかサブスリー達成 »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

鳥取マラソンぉ⊃ヵれ様☆⌒(○ゝω・)b
21分「も」かかった・・・なんて書いてみたいものです!
ビデオがよかったのかよくなかったのか・・・そのあたりは?( ´∀`)
しかし、お金を払ったんだから多少は見ようと思ってしまいますよね。
自己ベストに及ばずとも、悪いタイムではないと思いますよ!
長野での走りに期待しています!
゚+.(○´∀`ノノ '`゚チ'`゚チ

■どんぐりさんへ

コメントありがとうございました。
そういえば21分もかかったなんて書いちゃいましたね~。
昨年までの僕なら大満足なんですが、もう少し高いレベルに行きたい気持ちが表れてしまいました~。
長野ではもう少し走れるように再構築します。

初めまして。鳥取マラソン、お疲れ様でした。序盤一緒に走らせて頂きましたゼッケン112の者です(ミッチーと同じ裏六甲サブスリー会に所属しております)。10kmを過ぎてからの2kmほどは本当に走っていて気持ちよく、このまま最後まで楽に走って行けそうな気がしていたのですが、欲をかいて前に出てしまったが最後、25kmから失速しました。

でこちゃんさんとゼッケン111の方のリラックスされた柔らかい走りが印象的でした。長野での好記録達成をお祈りしております。

■きむこさん

コメントありがとうございました。
きむこさんの事はよく覚えていますよ。線路沿いのところで111番のマモさんと3人で併走していた時、「みっちーさんのチームですよね」と何度も声をかけようと思いましたし(笑)

途中からどんどん前に行くので、さすが裏6の人はみんな強いなぁ~と思ってました。
111番の人は、イチロー選手で有名な名門陸上部出身で、都大路も走ったんですよ~。
彼とは同じ年で良きライバルです。

また、どこかの大会でお会いできる日を楽しみにしています。
今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194269/44548146

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥取マラソン2012年完走記:

« 名古屋ウィメンズマラソンの応援に行きました | トップページ | 長野マラソン2012年完走記・・・なんとかサブスリー達成 »