最近のトラックバック

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月24日 (火)

チャレンジ富士五湖2012完走記

チャレンジ富士五湖に初参加してきました~。

と、いっても僕は三湖の72kmですが・・・

たくみさんの車で、マキちゃん、山さん、みっちゃんと5人で前日の土曜日に現地に向かいました。

開通したばかりの新東名を通って行きました。

せっかくなので、新しいSAにも寄りたかったのですがどこも満車で入ることすらできません。なので新富士ICで降りてから昼食を食べて受付会場に行きました。

受付を済まして、ホテルにチェックイン!
明日は朝が早いし、すぐに就寝。なんと7時30分には寝ちゃいました(笑)

僕とマキちゃんは72kmなので朝6時50分出発のシャトルバスでスタート位置に向かいました。

2012_04220002

他の三人は112kmの部なので、朝2時50分出発でたくみさんの車で行ったようです。

富士北麓公園駐車場に到着後、早朝に停めて行ったはずのたくみさんの車を探し、要らない重たい荷物を車に入れるつもりでした。

前日、受付時に停めた辺りに停めると言っていたのに、たくちゃんのウィッシュが見つかりません。

広い駐車場を右往左往。縦横無尽に3周ほど駆け巡りましたが、見つけることが出来ないので、スタート時間もあるし、重い荷物を背負ってマキちゃんと会場入りしました。

これからたくさん走るのに、予定外のアップをしちゃいました(笑)

荷物を預けてスタート位置に行くと、ゲストのはるな愛さんとワイナイナさんが登場しました。早朝なのか、声は男でしたが、普通にかわいい女性でした(笑)

2012_04220006 長野マラソンの翌週にウルトラマラソンなんて考えられないけど、マキちゃんとの遠征も最後になりそうだし、山さんから雄大な富士山を見ながら走れるこんな贅沢なレースは他にないと言われてて、一度は走ってみたいと思っての参戦でした。

最初は112kにしようと思ってましたが、長野マラソンのダメージもあるから、72kmにしたのですが、バンクーバーマラソンに当選という幸運にめぐり合い、今となっては72kmにして本当によかったと思っていました。

でも、一番の楽しみにしていた、富士山はまったく見えません。
富士山が見えない富士五湖なんて、地元のLSDと変わらんし・・・(笑)

しかも、天気は下り坂。午後からは間違いなく雨が降りそうです。晴れ男でこちゃんパワーを持って、なるべく少しでも降りだす時間を遅らせることしかできません。

なんせ、超のつく雨男のたくみさんが参戦なんで、いつ降り出してもおかしくない状況でレースは始まりました。

スタート後、マキちゃんを応援して、自分のペースで走って行きます。

ガーミンがペースを教えてくれますが、下り坂もあってキロ5くらいで進んでいきます。

途中でワイナイナさんが凄い勢いで追い抜いて行きました。

何処をどう走ったか解らないうちに、広い道に出て、112kmの部や100kmの部の選手と合流して歩道を走って行きます。

信号で何度も止まりますが、青になって飛び出していくのは、走り始めたばかりで元気な僕たち72kmの部の選手です。

何年か前に家族旅行で行った富士急ハイランドが見えてきました。その当時は走って無かったので、まさか走ってくることになるなんて思いもよらないことでした。

10kmを過ぎて、おにぎりがあるエイドがありました。朝ご飯を食べて間もなかったので、次のおにぎりエイドで食べればいいと思い、とりあえずパスして、先に向かいました。ところがこの後、おにぎり君は一度も現れなかったのです。

今回は、72kmということもあり、気楽な気分で参加しました。コース図もほとんど見ていません。エイドの内容も見ませんでした。72kmという距離をバカにしたわけではありませんが、過去に何度もこれくらいのロングはやってるし、全く問題ないと思ってました。

ところが、何度もあるエイドにはお菓子ばかりで、炭水化物があんまりありません。
チョコやお菓子ばっかりそんなに食べれないしお腹が空きます。もっとしっかりマップやエイドを覚えて来るべきでした。

さらに、長野マラソンのダメージも過信していました。

いつもの朝練くらいの距離の20㎞を過ぎたあたりで、早くも足が重くなりました。

股関節も痛み出し、ペースもあがりません。

河口湖で山さんに追いつきました。

2012_04220008

朝、3時前に行ったのに、臨時駐車場に入れさせられ、しかもシャトルバスが全然来なくて寒い中30分も待たされ、スタート時間にぎりぎりだったそうです。

違う駐車場にたくみさんの車があったらしく、いくら探しても無いわけです。

しばらく併走しましたが、ペースが違うので先に行かせてもらいました。

河口湖を走り切ると、次は西湖です。

2012_04220010

足が重いし先が思いやられる西湖の大きさに愕然としながら、トボトボ進んでいきます。

コースマップが頭に入って無く、あとどれくらいで折り返すのかまったくわかりません。
でも前を走る、昨年のTシャツを着た選手の富士五湖の地図をみれば、精進湖はすごく小さく、軽く回って折り返しと思い込んでいて、この後の展開に愕然とするのでした。

西湖をようやくやっつけて、後は小さい精進湖だけです。

トップの選手とすれ違ったし、もうすぐ折り返しだと思ってました。

小学校の頃は社会の授業で使う為にもらった地図帳を見るのが好きでした。
その時、自分と同じ名前の湖があることを知り、いつか行ってみたいと思っていた精進湖に初めて来ることが出来ました。

2012_04220011

写真でも解るように、めちゃくちゃ小さく見えます。すぐに戻れそうです。

ところが、この奥に精進湖本体が隠れていたのです。腐っても富士五湖です。そんじょそこらの貯め池とは訳が違います。

折れかかる心を奮い立たせながら、ようやく精進湖を攻略し、折り返しかと思ったら、まさかの右折で本栖湖方面へ。

コースマップを見てこなかった自分が悪いのですが、完全に心が折れました。

バンマラもあるしもう止めようかな~。 いつしか止める理由を考えながら走っていました。

そんな自分を思いとどまらせたのは、折り返して戻っていく、112kmの選手や100kmの選手たちです。

この時点で、朝早くからすでに自分より40km以上走ってるのにみんな元気です。辛い表情をしてる人なんて一人もいません。

青いゼッケンを付けて辛そうに走ってる自分が情けなく、っていうか恥ずかしくなりました。

最後まで走ろう!

本栖湖の入り口でようやく折り返し。
預けておいた荷物をもらい、着替えました。
着替えることで気分もリフレッシュ。

そして普段なら絶対飲まないだろう、ホットVAAMが思いのほか美味しく、カステラも食べてちょっと元気になりました。

徐々にペースをあげて、さっきすれ違ったネオ一休さんまで追いつこう!

目標も出来てちょっと楽しくなってきました。この辺りから雨が降り出しましたが、霧雨程度なので、走るにはまったく問題ありません。

今までは抜かれっぱなしだったけど、どんどん抜いて行きます。

そして再び訪れた西湖。

今度は南側を通ります。この西湖のリアス式具合が半端ありません。
もっとまっすぐ行きたいのに、カーブばかりで先が見えません。再び折れかかる心を支えてくれたのはipodに入っていたミスチル。

歌いながら走ることで気分も紛れました。

毛無山をすぎて、最後のボスキャラ、河口湖が見えてきました。

ようやく終わりが見えたようで、最後の力を振り絞り、ボスキャラ攻略!

富士吉田の市街地を抜けあとは北麓公園に向かって行くだけです。

最後は坂だと聞いていたけど、まさかここまでとは・・・。

ボスキャラを攻略したので、もう終わったと思ってたのに、最後の隠しダンジョンに最強のボスキャラ出現です。

ホイミの呪文を唱えたいのにもうMPがありません。

もう歩いちゃおうかな~って思ったけど、112kmの白ゼッケンが走ってるのに72kmのゼッケンを付けてる自分が歩いちゃダメでしょ~。

意地でも歩かないぞ~。

2012_04220012

トボトボとほとんど歩くようなスピードだけど、一応走って行き、ようやく坂が終わった。

あとは下って行くだけです。

北麓公園に入り、もうあと少し。

競技場入口で、名前を呼んでくれましたが、違う人を呼んでる。

テントの前に行き、ゼッケンを指差し、ちゃんと呼んでもらってから、ゴールに向かいました。

ゴールテープを張って待っていてくれます。
こんなに遅いのに、僕が切ってもいいのかな?

72kmなので、7時間はかからないと思ってたのに、8時間もかかってしまいました。

やっぱり、競争のウルトラは向いてないようです。鯖街道とか、夜叉ヶ池みたいな、競争ではない、ウルトラが好きです。

最後は思いっきりの笑顔でゴールテープを切り、長かったレースが終わりました。

2012_04220013

ゴール後はとにかく寒いので、温かいトン汁を頂き、体育館に行き、ありったけの服を着こみ、みんなを待ちました。

見事サブテン達成したQPちゃんから電話があったり、地元で応援のマモさんからアップデートでみんなのゴール時間予想を教えてくれたり、ネオ一休さんやhiro-451さんとお話ししながらみんなを待ちました。

残念ながらリタイヤしたみっちゃんが帰ってきたので、僕は遠くに停めたたくみさんの車を取りに行きました。

その後、マキちゃん、たくみさん、山さんとみんな見事に完走して帰って来ました。

たくみさんは30km付近で大転倒してしまい、顔から流血したのに根性の完走でした。

2012_04220015

みんな、お疲れ様でした。

そしていつものように車の中で祝杯をあげながら帰りました。

たくみさんには、112km走った後、運転までして頂き、しかも自宅まで送って頂きありがとうございました。

また、レース中に応援してくれた走友さんや、ボランティアスタッフさん、暖かいソーメンを御馳走してくれた私設エイドさん、本当にありがとうございました。

最後にコースマップです。
改めて思いますが、富士五湖は車で行くところです(笑)

Map

そして、アップデートのラップとガーミンのラップです。

Rapjpeg

Gaminnrappu

アップデートのラップを見て、10㎞の通過が66分52秒ってあり得ない!
でもガーミンでは52分57秒。

途中の距離表示はあんがいいい加減なのかも知れません。

2012年4月16日 (月)

長野マラソン2012年完走記・・・なんとかサブスリー達成

自身二度目の長野マラソンに参加してきました~!

今回は10人乗りのレンタカーを借りてバス旅行のようにワイワイガヤガヤと楽しく移動しました。

Rentaka


今回のツアー参加者は
黒笹アヒレスさん、mamo3、モエパパさん、zakiさん、どんぐりさん、rei-chan、たらちゃん、ばっはーさん、なませんさんの10人。

あいにくの雨降りでしたが、高速道路を順調に進み、お昼過ぎには受付会場に到着しました。

Uketuke

まだ、走りだしてもいないのに、ゴールしたかのような写真を撮ってもらいました。

受付会場ではたくさんの走友さんと出会いました。皆さん調子が良さそうです。明日は天気も良くなるとのとこですので、みんな頑張りましょう♪

受付を終えてから、ホテルにチェックインしました。

僕は持ち込んだパソコンで仕事をして、夕方からみんなで夕食にいきました。
長野駅前の中華料理でお腹いっぱいになるまで食べてカーボ終了!
今回は木曜日から禁酒してるので、もちろんこの時もビールは封印しました~

そしてホテルに戻り、7時30分には寝てしまいました~sleepy
良い子は早寝早起きなんです(笑)

翌朝はなんと3時30分に起床して、仕事を片付け、駅前のすき家に行きました。
券売機で朝食セットを買おうとしましたが、何故か買えません。

よく見たら、朝5時からしか買えないようです。

仕方がないので、朝から牛丼の大盛+生卵・・・

この朝食が、レースの序盤、僕を苦しめることになりましたsweat01

その後、朝6時にチェックアウトして会場に向かいます。

味噌ちゃんは絶好調の様子でオーラが凄くて声をかけるのもはばかられましたが、なんとかお願いしてホテルの前で、味噌煮込み様と記念撮影。
(あまりのオーラでちょっとボケてます(笑))

Misosama

シャトルバスで会場入りして、支度します。

長野マラソンは8時30分スタートなので、あっという間に時間が来ます。

8時過ぎに、スタートブロックに移動しましたが、すでにかなり並んでいる人がいたのですが、その時点での最後尾におとなしく並びました。

でも、後から来てランナーを押しのけどんどん前に行くランナーさんがたくさんいて閉口しました。前からスタートしたい人はみんな早くから並んでるんです。

ガーミンの電源を入れたら、「充電してください」の文字が・・・。
しまった充電してくるの忘れた!ただの重たい205のでかい時計を右手につけて走る羽目になってしまった!!

そんなこんなであっという間にスタート時間!

8時30分ちょうどに号砲がなりレースが始まりました。

しばらくは全然動きません。スタート位置を通過したのが18秒後。
その後もペースは上がりません。遅いランナーさんを右へ左へ交わしながら進んでいきます。

ふと、前を見ると、さっきまで僕の横にいたはずの、mamoさんやzakiさんがかなり前方にいる。どうやってこの障害物を交わしたんだ??

追い抜きざまに職人さんから声をかけられた。彼は復活サブスリーを狙ってるから、当然後ろに付いてくるものと思ってたが、しばらくして後ろを見たら、見えなくなっていた。大丈夫なんでしょうか?

大丈夫といえば、今回初のサブスリー達成を目指しているばっはーさんとどんぐりさんも気になります。
何度か後ろを確認しましたが、見当たりません。僕のペースは最初の1㎞は4分30秒近くかかりましたが、その後は4分5秒~10秒程度。そんなに速くないはずなのに、見えません。ばっはーさんやどんぐりさんや職人さんの動向が気になりますが、とりあえず僕も最低でもサブスリーしないと、来シーズンにつながらないし。

2kmくらい進むと、ようやく自由に走れるようになってきた。
徐々にペースを上げて行きたいところだが、なんか重たい。

いくらなんでも牛丼の大盛は食べすぎたようだ。

前回の鳥取マラソンでは、すぐにお腹が空いたので、その反省も込めて食べたのだが4時半に詰め込んだ牛丼は4時間たっても、胃の中でかなりの存在感で僕を苦しめる。

気にしないようにしながら、消化を待つしかなさそうだ。

そんな時、ロッシさんが「いや~出遅れちゃいました~」なんて言いながら軽い走りで抜いて行った。あの人は化け物だから・・・相手にしない方がよさそうだ(笑)

前回も走ったはずだが、こんな登り坂だったけ??と思いながらどんどん登って行き、善光寺前を左折。

凄い応援とともに、気持ちよく坂を下る。早朝からたくさんの応援は本当に嬉しいものです。

ビックハット前で10㎞。41分13秒で通過。相変わらずお腹が重い。
ライバルのマモさんは見えなくなってしまった。本当にキロヨン特攻隊で行っちゃったようだ。

この辺りから日差しが出てきて、長袖シャツを着てきたことを後悔しながら、脱水にならないように、何度もある吸水ポイントでは必ず水分補給をした。

Mウエーブへ向かっていく道で、トップとすれ違う。

ここからは走友さんとのすれ違い区間。みんなと励まし合いながら走ってたら、ようやくお腹がこなれてきたようで、気持ちよくなってきた。

徐々にペースを上げて行こう。

五輪大橋を渡り、中間点を1時間27分08秒で通過。余裕はあるけど、ネガティブスピリットで走れるほどの余裕度はなさそうだ。30kmまでは我慢して残りを粘る作戦で行こう。

広い道を気持ちよく走ってると、アヒレスさんが苦しそうな表情で走っていく。まだ15㎞以上あるのに、あんなに苦しそうで大丈夫なんだろうか?アヒレスさんの粘り腰には本当に頭が下がります。

そのあと、味噌煮込みさんが軽快に走って行った。お約束の脇を隠して手をあげて声援を送り合う。

あ、その前にQちゃんとハイタッチしたっけ。ちょっと古いけどラブ注入ポーズしたらちゃんとやってくれました~(笑)

長野IC近くを通り過ぎ、30kmポイント到達。

2時間3分くらいを予定してたのに、2時間04分33秒で通過。

あんまりというか、ほとんど余裕がなくなり、サブスリーに黄信号!

あと12kmを55分で走る必要がある。キロ何分で走ればいいのか難しくて計算が出来ない。
とりあえず5㎞を21分を目安に走って行こう。

退屈で長い堤防道路では、女子選手がず~っと僕の後ろに付いてきたので、頑張って引っ張ることで、辛さを紛らし走ってたら、不思議と足の重さが消えてきた。

そしてなかなか見えなかった折り返しの岩野橋が見えてきた。

橋を渡れば35㎞だということは、前日の車での試走でマモさんが教えてくれてたのを覚えていた。ここまで来ればあと7km。いつもの練習コースの堤防道路の長さと同じ。

頭の中で長野マラソンのコースを練習コースに置き換えて残り距離をイメージしながらの距離減らし。

そんな時、前に、マモさん発見eye
キロヨン特攻隊は今回も玉砕したようだ。

別大の時もそうだったけど、何故かマモさんを見ると元気が出るから不思議だ(笑)

追い抜きながらマモさんの鋭気も吸い取り(笑)ゴールを目指します。

残り3㎞を過ぎていよいよ長い最後の直線。

マモさん効果でちょっと元気が出て、ペースがあがったのか、30km付近からず~っと後ろにいた、女子選手はどっかにいっちゃったようだ。彼女はどうなったのか?失速しちゃったのかな~?

なんて思ってたら、沿道から「女子がんばれ~」という声援と共に並んできた。

まだ生きとったんか!じゃあ、負けるわけにはいきません!

最後の力を振り絞って「ラスト頑張りましょう!」と初めて声をかけてお互いラストスパート。

ラスト勝負は面倒だしどこかで降り切らないと・・・なんて思ってたら、右のわき腹が急に痛くなり出した。押さえたりつねったりしてもどんどん酷くなるばかり。

駄目だ!これ以上ペースを維持できない。なんとか3時間は切れそうだからもういいか!

彼女がどんどん小さくなる。

それにしてもこの直線は長い!どこまでも続く。
ゴールのオリンピックスタジアムは見えてるのに・・・・

もうやめてくれ~。これ以上長いと長野マラソンが嫌いになっちゃいそうだ~!!
って思ってたらようやく終わって左折。

スタジアムに入り、残り200m。最後はグリコのポーズでカメラを意識してゆっくりゴール。

タイムは2時間57分07秒でした!!

マモさんもすぐにゴールしてきました。

そして、気になるばっはーさんと職人さんをゴールで待ちます。

2時間58分を過ぎても気になる3人が入って来ません。ダメだったのか??

その時、職人さんが凄いスピードでスタジアムに入ってきた。
うぉ~~!!間に合ったぞ~。僕も声をからしての応援!職人さんは59分くらいでゴールに倒れ込んだ!おめでとう!!

ばっはーさんとどんぐりさんは???

時計は59分を過ぎ、もう駄目だと諦めかけた時、黄色いユニが見えた。間違いない!ばっはーさんだ!!

マモさんと二人で必死で応援した。引っ張ってあげたいくらいだ。

間に合うのか?時計とばっはーさんを交互に見る。あと30秒!・・・25秒!

時計よ止まってくれ~!!

なんとかぎりぎり間に合いそうだ!

僕もゴールに向かって走りだす。

やった!!間に合った!!

ばっはーさんがサブスリーでゴール!

思わず抱き合って歓喜の抱擁!!なんて感動的なんでしょう!

自分の時より嬉しいし(笑)

そのあとは、ギフランの人たちと共に芝生宴会!ナリシンさんお世話になりました!

Enkai

余りにもの歓喜でビールが旨い!旨い!

ゴールしてから、飲み始め、家に帰るまでに2.5リットルも給油してしまいました~。

ご一緒してくれた、皆さん、本当にありがとうございました。

ばっはーさん、本当におめでとう!職人さんも復活おめでとう。

どんぐりさんは、残念でしたが、来シーズンは出来るでしょう!頑張りましょう。

モエパパさんは流石の走りだし、アヒレスさんは体調不良ながらちゃんとまとめてるし、味噌煮込みさんはちゃんとサブ50だし、もうこれからは師匠と呼ばせてもらいます。

zakiさんの安定感もすばらしい。僕もまだまだ精進しないといけません。

来シーズンは50分を切れるように今から計画を立てないとね~。
味噌煮込み師匠よろしくお願いいたします。

マモさん、今回も楽しいツアーをありがとうございました。
来年もなるべく一緒の大会に行きますのでよろしくね~(笑)

2012_04150006

Rap

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »