最近のトラックバック

« バンクーバーマラソン2012完走記~その3~(5月6日レース編№1) | トップページ | バンクーバーマラソン2012完走記~その5~(5月6日レース編3) »

2012年5月14日 (月)

バンクーバーマラソン2012完走記~その4~(5月6日レース編№2)

一生のうちに一度は走ってみたいと思っていた海外マラソン大会。

カナダ ブリティッシュ・コロンビア州観光局の鈴木さんからの当選メールが届いたのが2月29日。
それ以来、色々準備してきたが、本当に走れるようになるなんて最後まで信じられない気分だった。

夢だった海外マラソンがまさかこんな形で実現するなんて思いもよらず、走りだしてみたものの、夢なのか現実なのか、区別が付かないような不思議な感覚。

今回が21回目のフルマラソンだがこんな感じは初めてだ。

スタートのクィーンエリザベスパークの外周を回りキャンビーストリートを南下し、さっき下車した駅の交差点を右折して広い通りを西に向かって走って行きます。
スタートまで一緒にいたDadomoさんはすぐに見えなくなり、前には緑のウエアのケンさんが走っていた。

女子エリートランナーのQtaさんがカッコよく抜いて行った。流石にサブスリー目前のエリートだ。かなりいい感じで走れている。

西に向かって走っているので、朝日を背中に受けて走って行く。前に出来た自分の影の頭部がピカチュウの形になっていて、自分が今ピカチュウになっていることを自覚させてくれる。

影で自覚しなくても、ピカチュウの人気はこちらでも凄ましく、沿道からは「ポケモン!」「ピカチュー!」「ナイスハット!」の連発だ。

ゼッケンに小さく書いてある名前を呼んでくれる人もいる。

ディズニーランドのミッキーマウスはいつでもにこやかな様に、カナダで大人気のピカチュウの評判を僕が落とすわけにはいきません。
スタート前にDadomoさんに教えてもらったとおり、常に笑顔を返し、手を振り応えていた。

最初の5㎞は20分33秒程度で通過。

<序盤のコースはこんな感じです。写真はOgamanさんから頂きました>

Joban1

Joban2

Joban3

昨日は5km走っただけで痛かった足裏筋だが、テーピングが効いてるのか、笑顔効果なのか全然痛くない。
最近あんまり走って無いから足はめちゃくちゃ軽い。このまま痛みさえ発症しなければサブスリーも出来そうな予感でめちゃくちゃ嬉しくなる。

5㎞を過ぎると、凄い下り坂がしばらく続く。ここを飛ばすと足裏筋に悪そうだし、前日のセミナーで金さんがおっしゃってたように足に負担がかからないようにピッチ走法に切り替えて走る。
そして8kmすぎから10km付近までは逆に凄い登り坂だ。
熱心な応援に背中を押されながら大きなパシフィックスピリットパークの外周をどんどん走っていく。

ピカチュウBOYが沿道を盛り上げながら走っていくものだから、周りのランナーさんからも、色々と話しかけられる。
しかし、悲しいかな、英語がよく解らない。そのたびに「Sorry! I'm japanese I can't speak English」の繰り返し。
そういえば、英語は苦手だった(汗)

もっと英語を勉強しておくべきだった(笑)

気温も上がってきたのか、前を走っていたランナーが青い手袋を捨てた。
何故か、我々はもらえなかった受付会場で配っていたという大会ロゴ入りの手袋だ。めちゃくちゃ欲しかったブツなので、迷わず拾い上げポーチにイン!自分へのお土産が一個増えました(笑)

10kmは42分12秒で通過。あっと言う間に10㎞終わってしまった。

コースには1㎞ごとにキロ表示があり、マイル表示も何か所かあった。
エイドは1マイルごとにやってくるから、すぐにエイドが来る。中身が何かを告げながら水とゲイタレードをスタッフが手渡してくれる。

また、あちこちにバンドが出ていて、何かを演奏して大会を盛り上げている。

Ouen1

Ouen2

沿道の観客は、鐘を鳴らしたり、声をあげて声援してくれる。

カメラを持ったほとんどの人が「ピカチュウでこちゃん」を撮影してくれる。

いったい何人のカナダ人のカメラに写り込んだんだろう?想像もできません。

Ran1

沿道からの声援にこたえたり、ハイタッチしたりしながら、15㎞を1時間04分32秒で通過。そして右折して海沿いの道に出る。

Joban4

眼下には海が広がり、遠くには雪山。息をのむような素晴らしい景色を左手に見ながら坂をどんどん下って行く。

2012_05080155

2012_05080157

2012_05080158

こんな気持ちのいい大会を走らせてくれたことに改めて感謝の気持ちが湧きあがる。

坂を下りて行くと、前に、アメリカ在住の日本人ランナーお猿のコスプレのサルさるマンさん発見。ピカチュウとおさるの奇跡のコラボだ(笑)

Joban8

しばらく併走して久しぶりの日本語での会話を楽しみ(笑)先に行かせてもらった。

そして20㎞を1時間26分11秒で通過。

さっきまでの下り坂の激走で、心配していた左足裏が痛くなってきた。まだ、がまんできない程ではないが、ポーチに入れておいた痛み止めを飲んだ方がよさそうだ。

ハーフを1時間31分ちょっとで通過。このままこれ以上痛くならなければ、3時間一ケタでは行けそうだ。

めちゃくちゃ楽しくて、気持ちいい、バンクーバーマラソンがもう半分終わってしまった~。なんかとってももったいない気持ち半分、後半ビルドアップしたい気持ち半分の不思議な気分で前半終了。

(後半戦へつづく・・・)

« バンクーバーマラソン2012完走記~その3~(5月6日レース編№1) | トップページ | バンクーバーマラソン2012完走記~その5~(5月6日レース編3) »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

凄い良いペースで気持良く走っている様子

でも、足底筋痛って辛かったでしょうに・・・・凄いですね。

■なかいみちさんへ

前半はほとんど痛みがなく、気持ちよく走れました。でも後半は撃沈でした~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194269/45252900

この記事へのトラックバック一覧です: バンクーバーマラソン2012完走記~その4~(5月6日レース編№2):

» 予定通りに楽しめた2012年バンクーバーマラソン [サルコスチュームランナーYoshiが北米マラソンを走る]
予定通りに楽しめた2012年バンクーバーマラソン・・・ということで、 4時起床して、ブログを書いたりしてから、6時過ぎに、HI Vancouver Downtownに泊まった修さんと、 同部屋で、上のベットになった日本からのyusuke君と出発! レース会場に向かうスカイトレインの... [続きを読む]

« バンクーバーマラソン2012完走記~その3~(5月6日レース編№1) | トップページ | バンクーバーマラソン2012完走記~その5~(5月6日レース編3) »