最近のトラックバック

« バンクーバーマラソン2012完走記~その4~(5月6日レース編№2) | トップページ | バンクーバーマラソン2012完走記~その6~(5月6日レース後編) »

2012年5月15日 (火)

バンクーバーマラソン2012完走記~その5~(5月6日レース編3)

ハーフを通過し、この辺りから遠くにダウンタウンのビル群が見え始める。
ゴールが見えたようで、少し寂しくなる。

その時、コースの案内係りの人が、ランナーを公園の中に誘導する。

ここからは公園の中を通るコースなのかな?って思ったら、反対側を逆に走っているランナーもいる。
そのまま走って行ったら、単なる距離合わせの200mほどの折り返しだった。

Joban13

Orikaesi

日本のマラソン大会のコースではこんなあからさまな事はしないよなぁ~なんて思ってたら、給食エイドでジェルを取り忘れた。
痛み止めを服用するにあたり、是非とも欲しかったのに・・・

足の痛みは徐々に酷くなってきたので、ポーチの中に入れておいた痛み止めを走りながら探す。
でも記念に押し込んだロゴ入り手袋が邪魔して手探りでは取りだせない。

仕方ないので15マイル(24km)表示がある給水所でいったん停止して痛み止めを服用。

Joban10

これで治るのといいんだが・・・。

写真を撮ったりしてたので、2~3分程休憩しただろうか。
走り始めたら、再び前にサルさるマンさんが走っていた。
追いつきエール交換して再び前に行く。

25㎞を1時間50分ちょっとで通過。

左手に海を見ながら、気持ちいいシーサイドコースを走っていく。

72008110120006s

足は痛いが、ピカチュウを被っている以上、痛そうな顔は出来ません。
常にスマイルで声援にこたえながら走る。
応援のお子様には特に丁寧に近寄って手を振る。

そして楽しみにしていた、Burrard Bridgeへ。

2012_05080188_2

72007510080027s

反対側を走行中の車もクラクションを鳴らし応援してくれる。

橋を渡り終えると30km。ガーミンでは2時間13分15秒。

ダウンタウンがどんどん近付いてきた。もう終わってしまう~~~。

コースはビーチサイドのサイクリングロードのような道にでた。

72010410970043s

バンクーバー到着した日に夕食を食べたレストランの下を通る。この辺りもすごい応援だ。痛みにこらえて笑顔!笑顔!

そしてレースはいよいよ終盤のスタンレーパークの外周へ。

この素晴らしい景色を目に焼き付けておこう。
液晶が壊れてしまい画面が見えなくなったデジカメで撮影したり、スマホで写真を撮ったり。

2012_05080162

35㎞を過ぎ、スタンレーパークの奥の方に行くと、流石に応援はほとんどいなくなった。そうすると急に痛みが増してくるから不思議だ。

我慢できない痛みをなんとかしたくて、以前、医師のモエパパさんが言っていたように、速攻性を期待して舌下で痛みどめを溶かすことにした。
しかし、Bから始まる痛みどめは舌下で溶かすものじゃありませんね~。
めちゃくちゃマズイし!! 

気持ち悪くなってきた(汗)
遠くに見えるエイドが待ち遠しい。マジで吐きそうだし。。。

ぎりぎり間に合ってエイドに到着。
お水をたくさん飲んで、胃の中に流し込む。
気持ち悪さで中和されたのか、痛みは若干和らいだ(笑)

Joban11

写真を撮りながらライオンズゲートブリッジの下をくぐる。

72007110050038s

ダウンタウンが近づいてきたようで、応援も増えてきた。

72007410530022s

3時間06分で40kmを通過。あと2kmちょっと。
いつもの大会なら、とてつもなく長く感じる2.195kmだが、今回はもっと長く走りたい。まだ終わって欲しくない気分だ!

72010211170005s

スタンレーパークを後にし、W Georgia Stへ。

72010710290013s

このストリートからゴールまでは本当にすごい応援だった。

道の両側からみんなが、ピカチュウを応援してくれるので、左右に蛇行しながら、たくさんの人とハイタッチをした。

72010811860007s

そして左折を2回したら、大観衆の向こうにゴールが見えた。

今までの人生でもらったことの無い大声援を受けて、全身に鳥肌がたった。

僕はこのままゴールするのが惜しくて、その場で反時計回りに1回転して観客の声援に応えたりした。

そして両手を振りながら感動のゴール。

72007912000034s
テンションがあがり過ぎて自分が自分ではないような変な感覚。
初サブスリーの東京マラソンの涙の感動とは違い、今回は笑顔の感動だった。

終わってしまった。楽しかったバンクーバーマラソンが終わってしまった。

後で調べた正式タイムは3時間19分49秒。277位だった。

ゴール後はスタッフについて行き、水を受け取り、完走メダルをかけてもらった。

72008610080018s

僕はこの瞬間をカメラに収めたく、壊れたカメラをスタッフに渡し、つたない英語で、大丈夫だから撮影してくれ!と言って撮ってもらった。

72009910120050s

その後はゴール後のエイドでパンやバナナなどが入った紙袋をもらい、スタッフみんなととハイタッチ。

そして、スタート前に預けておいた着替えなどを入れた荷物はどこでもらうのか???

周りを見渡してもそれらしき場所がない。

はたして、僕の荷物は・・・・

(つづく)

« バンクーバーマラソン2012完走記~その4~(5月6日レース編№2) | トップページ | バンクーバーマラソン2012完走記~その6~(5月6日レース後編) »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

すっごく!楽しい気分が伝わって来ました。

そうなんですよねぇ~あぁ~あ!ゴールで終わっちゃうのかぁぁぁ

そんな楽しいというか、足痛いでしょ?!大丈夫だったの??

荷物もどうなったのか心配です。(続きを楽しみにしています)

■なかいみちさんへ

毎度毎度長文でもうしわけありません。
バンクーバーの良さを少しでも解ってもらいたくどうしても長文になってしまいます。
でも楽しさが伝わったということで、僕も嬉しいです!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194269/45266350

この記事へのトラックバック一覧です: バンクーバーマラソン2012完走記~その5~(5月6日レース編3):

« バンクーバーマラソン2012完走記~その4~(5月6日レース編№2) | トップページ | バンクーバーマラソン2012完走記~その6~(5月6日レース後編) »