最近のトラックバック

« 走り込みの6月は500km達成 | トップページ | 猿投山アタック! »

2012年7月 5日 (木)

第5回嬬恋高原キャベツマラソン2012完走記

7月1日、雨のキャベツマラソンを走って来ました~。

今年で第5回とのことですが、実は今回の参戦が3回目となります。

3回目ですが、毎回コースが変わります。今年もスタート&ゴールが変わってました(笑)

さらにもう一つ変わったことがありました。

「日本一ハードなロードレース」というキャッチコピーがついてました。
本当にキツイコースなんでこのコピーに偽りは無いのですが・・・。ガーミンの高度データーです。

Koudo

宿泊した万座温泉を6時30分頃出発しレース会場のパルコール嬬恋スキーリゾートに向かいました。

8時くらいに会場入りする為に、ホテルの朝食をやめて駆けつけたのでしたが、現地近くで毎度の渋滞。

駐車場に入るまで30分程並びました。そんなこともあると想定して早めに出てきたので無事に受付も出来たし、車中で仮眠も出来ました。

でも、受付に間に合わない人が出たとかで、スタート直前(10分前)にスタート時刻が10分遅らされたのにはビックりしました。

雨のなか、寒さをこらえて並んでいたのに、急に10分遅らせるなんて・・・前代未聞です。

そんなハプニングもありましたが、10時10分にレースが始まったのでした。

このコースはスキー場がスタート&ゴールなので最初はどんどん下って行きます。ということは当然最後は登るわけですが・・・

Image04

約2.5kmほど走り、バラキ湖の横で折り返します。

すると、この辺りから、箱根駅伝にも出てくる水色のユニフォームのT海大学の選手が団体で抜いて行った。

凄いスピードで綺麗なフォームで走る姿は惚れぼれしますが、もしかしたら、この学生ランナーの遅刻に配慮してスタートを遅らせたのかな??なんて思ってしまいました。

市民大会の市民ランナーはみんな早く会場入りして準備します。
そして、万が一受付に間に合わなかったり、スタート時間に間に合わなくても、スタート時間を遅らせてくれたりはしません。

みんなスタート時間に合わせて準備してるんです。開始10分前に、時間を遅らせるなんて、大会スタッフは猛省してほしいものです。

折り返して嬬恋パノラマラインをどんどん南下していきます。

天気が良ければ雄大な浅間山を見ながら気持ちよく走れるのですが、あいにくの天気で何にも見えません。

キャベツ畑も太陽が照らしてこその緑輝く大地となるわけで、霧に煙っていてはそれほどの雄大感は感じず、まあ淡々と距離消化。

Image05

Image07

時折激しくなる雨脚の中、愛妻の丘のむこうで折り返し、再びパルコールスキー場に戻ります。

そして問題の登り坂。残り約3㎞。

脚が止まる。

歩いている10kmの選手みたいに歩きたい衝動に打ち勝ちながら、一歩一歩進む。

長かった登り坂もようやく終わり、ゴールへ

Image08

1時間30分38秒/年代12位(455人中)  全体で69位(1790人中)でした。

ゴールした後は、寒いので速攻で車に戻り、着替えて会場を後にしました。

そして真田の温泉で汗を流し、帰路につきました。

久しぶりの単独レースでしたが、万座温泉も含めて色々楽しめました~。

コースはキツイけど、楽しいレースです。また来ようと思います。

<ラップ>

Rap

<万座温泉じゅらくの露天風呂>

2012_07010006

« 走り込みの6月は500km達成 | トップページ | 猿投山アタック! »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194269/46205218

この記事へのトラックバック一覧です: 第5回嬬恋高原キャベツマラソン2012完走記:

« 走り込みの6月は500km達成 | トップページ | 猿投山アタック! »