最近のトラックバック

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月28日 (水)

第2回大阪マラソン2012完走記~11回目のサブスリー達成!

ゴローさんの完璧なプランニング&添乗で、
モエパパさん、どんぐりさん、一人旅さん、しょくにんさんと6人で楽しんできました~。

10時に名古屋発の近鉄特急で前日の土曜日に大阪入り。

Image03

まずはホテルに荷物を預け、翌日のレース本番で戸惑わない為に、荷物預け位置の確認~スタート位置までの移動時間を実際に時計で時間を計りながらシュミレーション。

Image05

これをやっておくと、翌日のホテル出発時間や、道中のトイレの位置などの確認もできていいんだよね~。

最近、大阪に転勤になった、岩ちゃんと合流し、受付会場のインテックス大阪へ。
タダでもらえるものは一通りもらって(笑)道頓堀へ。

Image13

テレビでなんども見たグリコの看板前に初めて来たけど、凄い人だし・・・
お決まりのポーズで記念撮影して、粉物文化の大阪だし、お好み焼きで夕食。

Image14

そしてホテルに戻り、9時には就寝しました。

前日は北風ビュービューで寒かったけど、マラソン当日は天候にも恵まれ最高のコンディション。

7時にモエパパさんと一緒にホテルを出発し、満員電車に揺られ、森ノ宮下車。
前日にシュミレーションしていたので、スムーズに荷物預け~スタート位置へ。

9時スタートなのに7時40分にはAブロックに整列しちゃった。

そこにはすでに3列ほどならんでいたので、その後ろに行くと、一番前には今から仕事に行くのか?という作業着をまとったしょくにんさんや、このまま家から来たんですか?っていうくらいしっかり着こんだヒロさんがいました。

僕は寒さ対策で着ふるしたフリースを羽織っていましたが、下はランパンだけなので、むき出しの太ももが寒いです。

みんな冷たい道路に座ってましたが、ヒロさんやしょくにんさんはちゃんと座布団を持参していました。
モエパパさんはホテルでもらってきた朝刊を座布団代わりにしてた。
ホテルから朝刊を持ってくるのは退屈しのぎにもなるし座布団にもなるしで良い作戦だと思いました。来年はもらってこようっと。

綾小路ウシ麿さんやナリシンさんもやってきて、大阪マラソンというより、なんか地元の大会みたいな雰囲気で、みんなと談笑してたら、あっという間に、スタート時間が近づいてきました。

ところが寒い中、早くから並んでいたので、小問題を解消したくてたまりません。
でも周りを見渡しても、仮設トイレは無いし、今、このブロックから出ることは不可能。
こうなりゃ、最終手段のバーム作戦。
初めてやってやったぜ~。
斜め前に女子が居たけど、そんなの関係ねぇ~!!

たくさん着込んでいたしょくにんさんは、ちゃんとゴミ袋を持参していて、周りのみなさんのゴミまで集めていました。本当に頭がさがります。僕もフリースやバーム缶を入れさせてもらいました。ありがとうございます!!

そして車いすの部に続いて、9時ちょうどにマラソンの部スタートで、僕にとって23回目のフルマラソンが始まりました~。

スタート直後に後ろから肘鉄をかまして強引に抜いて行くお兄ちゃんに閉口したけど、転倒しないよう、しばらくは注意しながら進む。

かなり前からのスタートだったので、すぐに走りやすくなり、周りを見渡す事ができた。

僕のすぐ前に2時間45分カット狙いのモエパパさん、横にはしょくにんさん、が走っていた。

最初から突っ込むと後が辛いのは大井川で経験済みなので、キロ表示を探しながら走ってたけど、肝心の1㎞ポイント見逃し。
2㎞で時計をみたら、8分2秒くらいだった。ちょっと速い感じだけど、徐々にキロ4分5秒~7秒程度に落ち着いたようだ。

5㎞を20分13秒で通過。

<大阪在住のさんじゅうこさんから写真を頂きました>

12

走りたがる脚を押さえるのに苦労するくらい脚が異常に軽く、オーバーペースにならないよう、何人に抜かれようとも、ラップに注意し距離消化。

10㎞を40分50秒、15㎞を1時間01分26秒、20㎞は1時間22分02秒。この間の5㎞ラップは計ったようにすべて20分36秒。

そしてハーフを1時間26分42秒で通過。

30kmからの5㎞を最速ラップにする為に、まだまだ踏み込まず我慢の走り。

それでも28kmくらいから我慢できなくなり、キロヨンにペースアップ。

いままで抜かれたランナーを面白いように抜きまってると気分も最高になってきて、ミスチルの「口笛」を歌いながら、スマイルラン♪

その後も「エソラ」「終わりなき旅」など歌ってたら、壁のような南港大橋出現。

あまりの斜度に歌も歌えなくなった。

必死で登り切って、下り坂を走り橋を越えたら、急に足が動かなくなった。

残り4㎞なのに・・・

ここから粘れば53分カットも可能なのに、脚が動かない。さんじゅうこさんから熱烈応援をもらったのに、脚が別物になってしまった。

07

10

そんな時、前方にモエパパさん発見で、ちょっと盛り返し、なんとか追いついた。

モエパパさんを後ろから見てたら、誰にも抵抗することなく抜かれていたので、応援しながら抜いて行こうと思ったら、
「ああ、でこちゃんさん、さあここからラストスパートしましょう~」
って言いながらスピードアップ。

思わぬ展開に口をついた言葉がいけなかった。
「もう無理です。足が動きません」

いままで、一度もネガティブなことを考えなかったのに、こんなことを口走ったら本当に動かなくなった。

あと2㎞がとてつもなく長い。

周りの景色がゴールの雰囲気を醸し出してるのに、ゴールゲイトが見えない。

最後の左折をしてもさらに左にカーブしていて見えないゴール(泣)

42kmを越えたらようやくゴールが見えた。
時計をみれば255を切れそうだ。

レース前に掲げた最低限の目標はカットできそうで、昨夜はじめてみたグリコ電飾看板のようなポーズでゴールを駆け抜けた。

タイムは2時間54分35秒で11回目のサブスリー達成!(ネットは54分31秒)

その後ちょっと前にゴールしたモエパパさんと握手し、3時間になるまで、ゴールでどんぐりさんを待った。

係りのおじさんは明らかに我々に向かって「立ち止まらないでください」と言ってくるけど、仲間を待ってるんでと嘆願し邪魔にならない隅っこで3時間になるまで待つことに。

ナリシンさん、しょくにんさん、豆さん、、、続々と走友さんがサブスリーでゴール。

さあ、どんぐりさんはどうなの??

2時間59分を過ぎた時、中総のユニを着たどんぐりさんが見えた。

モエパパさんと二人で感動のゴールを見届け、お決まりの抱擁タイム(笑)

どんぐりさん、本当によかったね~。ばっはーさんの時もそうだったけど、走友さんの初サブスリーは感動しますね~。

その後、難波の居酒屋で祝杯をあげて、
Image16


さらに近鉄電車で祝杯をあげてたら、

Image17

安部元首相も我々の快走祝いに駆けつけてくれて、握手してくれました(笑)

大阪マラソンは、応援も多いし、運営もしっかりしていて本当にいい大会です。
東京より安く行けるし、来年からは、東京は申し込まず、大阪オンリーで行こうと思いました。

最後に、色々とプランニングしてくれた、ゴローさん本当にありがとうございました。
また、行き帰りの道中でみんなの健康相談に無料でのってくれたモエパパさんありがとうございました。(笑)

最後にラップです。

Image01

2012年11月19日 (月)

第33回豊田マラソン2012完走記

50歳となりましたので、満を持して、豊田マラソンに夫婦で参戦してきました。
もちろん狙いは入賞しての指宿マラソンゲット!!

朝7時10分にま~君が自宅にお迎えに来て、ま~君号に夫婦で載り込み現地に向かいました。
トヨタ本社の駐車場に停めて、そこからシャトルバスで会場入り。

会場で、アヒレスさんも合流し、一緒にアップなどしてたら、あっという間にスタート時間となりました。

今年から50歳以上が5分遅れのスタートとなりましたので、一番前に並び、9時55分にスタートした若い衆のあと、10時ちょうどに50歳以上のオヤジチームと女子がスタートしました。

スタートしてすぐに豊田大橋ののぼり坂となります。
50台代以上の選手しかいないので、自分の順位がすぐにわかります。
前に5人走ってましたので、現在6位です。

10位までが入賞なので、この順位をキープすれば、いぶすきマラソンの抽選権がもらえます。

橋を渡り終えるとコースは左折します。
この辺りから5分前にスタートした選手に追いつきました。

もう一度左折して、久澄橋を渡る頃には、道いっぱいに選手が溢れ、50歳代の先頭集団が走るスペースがまったくありません。

しかも、5分後に年代違いがスタートすることすら知らない為、まだ抜かれ慣れてない選手ばかりで、道が開いていません。

僕の前には女子トップの小柄な選手も走っていて、とても走りにくそうです。

仕方ないので、「右側あけてくださ~い」と、荒れる呼吸の中、何度も叫び、通してもらってました。

それでも音楽を聴いてるのか、まったく気が付かないメタボランナーもいたりで、
そんな時は仕方なく、歩道を疾走したり、鎖を飛び越えたり・・・。
よく転倒しなかったと思います。

それでも上野町の信号を越えた辺りから、右車線は車を通す為にランナーが走って無く、そこを使い走ることでなんとかペース維持が出来るし、叫ばなくてよくなり、走りやすくなりました。

この辺りから女子1位と男子4位、5位、6位争いの4人の集団で走ってました。
自分は現在6位で、前には、デリカさんに言わせれば、「負けたくないコスチューム」のひざ丈のハーフをバサバサさせて走るおじさんが4位でしたので、この人だけには勝ちたいと思ってました(笑)

高橋町の交差点を過ぎて右折し、水間町で左折すると、北西の風がもろに向かってきて急に走りづらくなりました。
さらに平成記念橋へののぼり坂も加わり、集団のペースがどんどん落ちて行きます。

思い切って前にでてやろうかとも思いましたが、向かい風も激しいのでここでは無理せず、落ちたペースに身体をまかせ、体力を温存する作戦に出ました。

がまん出来ずに、女子1位が抜いて行き、集団の前に出て行きました。
風よけに使ってればいいのに、なんで出て行くんだろ??

平成記念橋の坂を登り切り、下り坂となりました。

ここで、ドリカムの歌じゃないけど、
「車線一番右に出て踏み込んだ~♪」
頭の中で鼻歌歌いながら反対車線をスパート!

一気にみんな抜き去り、4位に浮上。

平成記念橋北の交差点を左折すると、風を感じなくなり、スピードアップ。

堤防に出たら、冬型の気圧配置の北西の強風に背中を押され、どんどん乗ってきた~

なんて気持ちいいんだろ~。

ふと前を見ると、スタート直後はアヒレスさんと競ってた3位の選手の背中が見えるじゃありませんか!

確か3位と4位では賞品が違う!なんとか追いつきたいけどどうなんだろ。

相変わらず5分前スタートの選手を抜きながら、走って行きます。
そんな時、その選手の中に、肩を左右に振りながら走る見覚えのある走り方の選手を発見。

それは、夏から毎週土曜日に三好池で煮込んでた時、いつも一人で走られてる人でした。
三好池では一度も話したことないんだけど、何故か
「あれ、いつも三好池で走ってる人ですよね」
すると、驚いたように振り向いた三好池さんは
「今4位ですよ~!すぐ前に3位の選手もいますよ~」
と言って、応援しながら僕のペースで併走し出した。

「だいぶ詰めてきたんで、なんとか頑張って追いついてみます~」

高橋のアンダーパスの下り坂&のぼり坂で一気にスパートしたら、急に苦しくなった。
まだまだ残り2㎞以上あるし、大丈夫なんか??

豊田大橋の上でようやく3位の選手に追いついた。
抵抗されるのも嫌なので、5分前の選手に紛れて気づかれぬように抜いたつもりなのに、やっぱり気が付かれ(笑)豊スタ横の下り坂で再び抜き返された。

このまま4位じゃ嫌だし、ちょうど下り坂だし、再びすぐに抜き返し、めちゃくちゃ苦しいけど、レーススタート位置で左折して競技場に入ると思ってたので一気に決着を付けるべく、そのままスパート!

ところが、その信号は直進。なんと上野町の信号まで行くらしい。

ええ??もうガソリン残って無いんですけど~~(汗)

ゴールを背にしてどんどん走らされる長い距離合わせ(泣)

後ろが気になるので、手加減は出来ない。

必死で粘って、ようやく競技場へ。

ラストで差されないように、耳は後ろに集中してたので、マキちゃんのお父さんからの応援にも応えることができずにすいません。

ゴール手前で誰かに抜かれた。びっくりしてゼッケン確認すると、色違いだった。人騒がせな5分前スタートのラストスパートだ!

ゴールゲイトをくぐる時にも人騒がせ君が来たし。

そしてなんとか3位をキープしてゴール。
タイムは37分38秒。
絶対36分台で走ってると思ってたのにガッカリ!!

すぐに入ってきたさっきまで競ってた選手と握手を交わし、meuさんと同じユニの女子トップの人と談笑。

2位のアヒレスさんも、みんな距離が長いと言ってました。
おそらく400mほど長いと思います。

Image09


相方のデコママも4位入賞!

Image04

そのあと、楽しみにしていたいぶすきマラソンの抽選会。夫婦でゲットなるか~!!

バンクーバーを当てた男なんで、絶対当たると信じていましたが、なんと当たったのは隣のアヒレスさんでした。

フルマラソン走り過ぎですよ~(笑)

レース後は、ライバルの豆ちゃんともたくさんお話し出来てよかったです。
他にもたくさんの走友さんとお会いしました。皆さんお疲れ様でした。

この後、我が家で、岡崎マラソン組の、一人旅さん、ゴローさんも合流して大炎会開催。

Image10


そしたら、なんと豊川シティーで入賞された、味噌煮込みさんまで合流するし、オオタスポーツまで来るしで大賑わいでした(笑)


【ラップ】
1~4㎞=14分28秒
4~7㎞=10分56秒/25分24秒
7~10㎞=12分12秒/37分38秒
7㎞~残り3㎞がキロヨン以上なんて絶対ありえんし・・・

賞状とメダルとカタログギフトをもらいました~。
何をもらおうかなぁ~(笑)

Image08


2012年11月 8日 (木)

第31回半田市民マラソン大会2012完走記

朝6時30分にデコママと自宅を出発し
恒例の半田マラソンを走って来ました。

50歳になったので今年は優勝狙いでの参戦となりました。

ちなみに、49歳だった昨年は年代3位、48歳だった一昨年は年代2位と何れも5㎞の部で入賞していました。

以前は10㎞の部を走ってましたが、坂道がおおいコースを2周するのが嫌で、最近はもっぱら1周の5㎞です(笑)

会場で、はじめさん、一人旅さん、フランクさん、ばっはーさん親子、moonさん、むちむちさん、ウルトラマンさんの中総メンバーと一緒にいつもの場所に陣取る。

その他、いわさん夫婦や、やまビアンキさん、NIさん、ゆかちゃん、塾長などたくさんの走友さんとお会いしました。

レースは10時ちょうどに一番前からスタート。
優勝狙いなんで、最初から飛ばしに飛ばしました。

最初の1kmが3分12秒だったけど、下り坂だし、優勝しないといけないので、構わずぶっ飛ばす(笑)

2㎞までのラップも3分16秒。
苦しいけど、優勝しないといけないんで、お構いなし。

去年より絶対飛ばしてる。(と、思ってた!)

折り返しはまだかな~。あれ、こんなに遠かったけ???
と思って走ってたら、すでに反対側に折り返したランナーが・・・

しまった!自分の順位を確認するの、忘れてた!!

そう思った時、50歳代の青色のゼッケンとすれ違ったような気がした。
こんなに飛ばしてるのに、あれ?自分は現在1位なんじゃないの??

折り返すと、とたんに登り坂となり、いっきに苦しくなる。

前を走る、「もしかしたら同じ色ゼッケン君」を追わないといけないんだろうけど、とにかく苦しい。

やっぱり、見間違えだ!きっと紫色だ!
そう思ってみると、前を走ってるお兄ちゃんは脚も後姿も走りも若そうだし。

そうなると、もう前は追えなくなるから不思議だ。
ここからは後ろばかり気になる。

登り坂だし、ラップも3分42秒~3分47秒とどんどん落ちる。
やまビアンキさんに応援され残り1㎞。

昨年は最後の最後に抜かれ3位だったので、今年はこれ以上抜かれないように坂を必死で登っていく。

競技場の手前で足音が大きくなり、誰かに抜かれた。
抜かれざまにゼッケンを確認すると違う色で一安心。

中総のみんなに応援されながらゴール!!
優勝したかと思って記録証をみたら2位。

やっぱり折り返しで見たゼッケンは同じ青色だったんか~。
ちなみに優勝した人との差はこれくらいだった!

Image15


表彰式前に色々とお話ししたら、51歳だそうで、完敗でした。

それでも表彰台に乗るのは気分がいい♪

Image08

大きなメダルと賞状をいただきました~

Image11_2

最後は本当に苦しかったけど、自分では昨年より速いタイムでゴールしてたと思って満足してました。


家に帰ってビールを飲みながら、昨年の記録を調べてみたら、びっくり!!
こんなに苦しい思いをしたのに、昨年よりなんと19秒も遅かった。

昨年並みならぶっちぎりで優勝だったんだ。

この後ショックで起きていられなくなり、午後4時に寝てしまいました。
そして起きたのは翌朝5時。
なんと13時間の爆睡でした(笑)

寝る子は育つというけど、タイムも良くなるといいなぁ~

【ラップ】
2012年
3:12-3:16-3:42-3:47-3:36=17:35

2011年
3:10-3:11-3:37-3:44-3:33=17:16

Image16

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »