最近のトラックバック

« 第38回ひがしうらマラソン2012完走記 | トップページ | 第11回いちのみやタワーパークマラソン2013完走記 »

2013年1月16日 (水)

第7回みのかも日本昭和村ハーフマラソン2013年完走記

第7回みのかも日本昭和村ハーフマラソンの10㎞の部にデリカさんと出場してきました。

この大会に出るのは第1回大会にハーフマラソンに出場して以来6年ぶりとなりました。

昨年の10月で50歳になりましたので、入賞狙いで10㎞の部にエントリー。
でも、エントリー代が10㎞なのに3500円と高い!こうなりゃ、絶対手ぶらでは帰れません(笑)

デリカさんと6時に岡崎を出発し、高速を飛ばして美濃加茂まで、7時過ぎに駐車場に入れました。
ちょっと早く来すぎたようで、レースが始まる10時50分まで暇でした~

次回はもう少し遅くてもいいかもしれません。

駐車場でアップをしながら、10時スタートのハーフの選手をコースで応援しました。
モエパパさんやakiさんを見送り、ジョグや流しの繰り返し。

流しの感じでは、1週間前の風邪はすっかりよくなり、ロング走をやらなかったお陰なのか、かなり軽いしいい感じです。

そしてスタート5分前位にデリカさんと一番前に入り込む。
ここのスタートはおおらかでいいね~。ギリギリでも大丈夫。

スタートまではMr.Tさんが居たので、色々とお話し。
我々50歳代のゼッケンは4551~4690まで。背中にもゼッケンがついているが、4504までは40歳代でとってもわかりにくい。
4000番台が40歳代、5000番台が50歳代みたいにしてくれるとわかりやすくていいのにね~。

前の方に並んでいる50歳代の速そうな選手をMr.Tさんと物色(笑)
すると「左端にいる水色のゲイターの人が速いよ」と教えてくれた。なんでも10㎞を36分台で普通に走るそう。こりゃ敵わないなぁ~。
Mr.Tさんも調子がよさそうだし、三つ巴の戦いになるのかな?
でもMr.Tさんは前日、一宮で30kmも走ってるから負けたくないし・・・

そんなこんなであっという間に10時50分になりスタート!!

スタート直後から1㎞過ぎまでは急な下り坂が続きます。
かなりの斜度で、ゴール前にここを登るのかと思うと憂鬱になる。

前を見ると、Mr.Tさんが言っていた水色ゲイターさんが軽快に飛ばしている。
他には50歳代が居るか、目を凝らすが、よくわからない。でも水色さんに負けたら優勝はない。

園内の急坂を駆け下り、東海環状自動車道の下をくぐると、1㎞の看板発見!
時計を押してラップを確認するとなんと2分41秒。いくら下ってるとはいえ、箱根の選手じゃあるまいしこのラップはおかしい。150m程短いのか?

水色さんは下りが速く、あっという間に15mほど離されてしまった。
やっぱり僕は優勝出来ないのか!
いや、諦めるのはまだ早い。少しでも抵抗しよう。

1.5kmほど走ると、コースは登り基調に変わる。頑張って登ってたら、水色君との差が縮まってきた。
2㎞の看板でラップを確認。3分44秒。

2㎞過ぎで完全に水色君に追いついた。後ろで少し休もうか。
勝負に徹するならここで休むのもありかもしれないけど、もしかしたらまだ前に50歳代が居るかもしれないし、後ろからMr.Tさんが来るかもしれない。
ここは思い切って前にでて、引っ張るというより一気に離してしまおう。

しばらくは後ろに水色君の気配があったけど、それもすぐに感じなくなり、隣には40歳代のゼッケンを付けたお兄ちゃんが並んでいた。

このお兄ちゃんとは、結局ゴール近くまで併走することになるのだが、一切の会話は無く、無言で併走を続けることになった。
後ろにひっついてくると気になるけど、常に横に居る感じで、お互いに負けたくないオーラがぶつかり合って、とっても楽しい試合となったのでした。

トンネルをくぐり、コースは下り基調。ペースはどんどんあがります。
3分33秒~3分44秒~3分27秒。5000mの通過が17分13秒。さらに次の1㎞は3分32秒!まさにぶっ飛んでます(笑)

でも、この辺りから右耳にふたがされたような感じになり、それがすごく気になった。
フット後藤じゃないけど「標高差ありすぎて、耳キ~ンなるわ!!」

そして東海環状自動車道の側道に来ると急な登り坂出現。
今までのハイペースがたたり、急に足が重くなり苦しくなってきた。
併走していた40歳代さんに先行される。
ここで離されると彼に負けてしまいそうな気がして、申し訳ないが後ろに付かせて引いてもらった。
まあ、年上だしこれくらい許してね~(笑)

坂を登り切って7㎞。
この間3分56秒。
もうヘロヘロ。
残り3㎞はスタート後に下った急な登り坂だし。
最後までもつかな?

この後、ハーフの選手と合流。
急にコースにランナーが増えて走りにくくなった。
今までの併走が崩れ、ここからは根性勝負。
40歳代君はどうやら後ろにいるようだ。

絶対負けないぞ~。おじさんパワーを見せてやる(笑)

坂をどんどん登りながらランナーを抜いて行く。
ラスト2.5㎞なのか?5kmの選手が合流してきてコースはさらに大混雑。
もう40歳代君がどこに居るのかわからない。

ラスト1㎞の看板で時計を押す。8kmのポイントを見逃したので、7~9kmまでの2㎞が8分10秒。
さすがにこの坂じゃあこんなもんでしょう。

ランナーがたくさんいる園内を右に左に交わしながらのラストスパート。
1㎞が長い。
もしかしたら優勝なのか。まったくわからない。
でも最後に差されたら大変だ!最後まで気が抜けない。
怖くて後ろが見れない。
大きな左カーブを曲がり、ようやく前方にゴールが見えた。

最後の最後に抜かれないように、耳を後ろに集中しながらラストスパート!
そしたら、すごいスピードで誰かに抜かれた。
しまった。最後に50歳代に抜かれたのか???

良く見たら、ず~っと併走してた、40歳代君だった。
負けたくないけど、年代が違うし、まあいっか~ということでやり過ごし、そのままゴール。
タイムは36分23秒。

すると、40歳代君が待っていてくれて、握手を求めてきた。
「優勝おめでとうございます!」
「ええ?そうなの?他に居ないのかな?」
「たぶん大丈夫ですよ。それにしても強いですね~」
まあ、嬉しいこと言ってくれるじゃないの!(笑)
その後、何度も握手をして、記録証発行所へ。

プリンターから吐き出された記録証には「1位」の文字が。

とうとうやりました!
念願の初優勝!!

今までいくら頑張っても2位どまりだったんで、めちゃくちゃ嬉しい。

さらに2007年11月の半田マラソンで出した36分25秒を抜いて自己ベストだった。


結局、Mr.Tさんが2位で、水色さんが3位でした。

一緒にいったデリカさんも見事優勝。
中総RCチームで2種目制覇でした(笑)

パンフレットに載ってる過去の50歳代10㎞の優勝タイムをみてみたら、
第1回=37分50秒、第2回=37分56秒、第3回=38分7秒、
第4回=38分38秒、第5回=39分12秒、第6回=37分8秒
ということなので、なんとコースレコードのおまけつき!!
来年のパンフレットが楽しみです(笑)

その後、楽しみにしていた表彰式。

1位の選手が先頭になって、6位の位置から1位の位置まで階段状の表彰台を登っていく。
この段差が、この距離が、今までの努力の賜物なんだ!
と思ったらとても感慨深い階段だった。

Showa03_2

そして賞状、メダル、副賞のお米などをいただきました。

Image02

無料のトン汁を食べてる時に、モエパパさん家族と会いました。
モエパパさんは80分切ってるのに入賞できなかったそうです。40歳代も層が厚いんですね~。

ここは坂が多いし、岡崎市民駅伝の1週前だし、僕は10㎞でいいです。

来年もまたエントリーしよっと♪

最後にラップです。
2:41-3:44-3:33-3:44-3:27-3:32-3:56-(8:10)-3:28
total=36分23秒

【Mr.Tさんと表彰台で】

Showa02_2

« 第38回ひがしうらマラソン2012完走記 | トップページ | 第11回いちのみやタワーパークマラソン2013完走記 »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194269/48783656

この記事へのトラックバック一覧です: 第7回みのかも日本昭和村ハーフマラソン2013年完走記:

« 第38回ひがしうらマラソン2012完走記 | トップページ | 第11回いちのみやタワーパークマラソン2013完走記 »