最近のトラックバック

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月26日 (火)

第33回つくばマラソン2013完走記

つくばマラソンに初参加してきました。
タイムは2時間53分12秒でしたが、2時間50分カットを狙っていたので、残念な結果となってしまいました。

11月3日の海響マラソンから12月15日の防府マラソンまで続く怒涛の7連戦の4戦目のつくばマラソン。

前日の土曜日のAM10時45分豊橋発のひかり号で出発。
zakiさん、どんぐりさん、たらちゃん夫妻、ケロちゃん、ふ~ちゃんとの男女7人のつくばツアーです。
行きの新幹線からは富士山がとてもきれいに見えました。

Image01

東京から山手線で秋葉原へ、そこからTXでつくば入り。

まずはホテルに荷物を預け、大会前日イベントが行われているイイアスつくばへ行きました。
そこで、ランスマの取材を受けましたが、放送されるのでしょうか?

Image02

Image03

その後、日テレジェニックによるじゃんけん大会やら、筑波大学の鍋倉教授によるランニングカンファレンスやらで時間をつぶしました。

後で知ったのですが、鍋倉教授が僕より年下だったこと、さらにベストタイムが2時間29分9秒だったということに非常に驚きました(笑)

さらに僕がめちゃくちゃじゃんけんに弱いこと。そしてふ~ちゃんがめちゃくちゃ強いことも知りました(笑)

その後イイアスの中のお店で夕食を食べて、ホテルに戻り早々に就寝しました。

そしてレース当日。
朝7時にホテルを出発し、シャトルバスで会場入り。
ちょっと早過ぎました。次回は7時30分出発でもいいかもしれません。

Image04

Image05

ユニフォームに着替え、荷物を預けて、スタート位置へ。
心配されたトイレですが、たくさんの男性用の小便器の仮設トイレがあり、男子にはまったく問題ありませんでした。

また、天気は快晴で、ほぼ無風。気温もそれほど寒くなく、絶好のコンディション。
目標の2時間50分カットに向けて、何の障害もありません。
zakiさん、どんぐりさんと共に、Aブロックの前から3列目くらいから、9時30分ちょうどにスタートしレースが始まりました。

マラソンは30kmから。
そのことを常に意識しながら、紅葉に染まる晩秋の筑波路を走りました。
30kmまではとにかくリラックスして距離を消化。

その為、沿道の応援に応えなければならない、ピカチュウも封印。
いつもの練習のつもりで走る為に、初めて試合でipod装着して、
お気に入りのサザンやミスチルと共に走った。

最初はキロヨンで行くと言っていたzakiさんについて行くが、3分50秒とか55秒とかのラップなので、自重しキロヨンに戻す。
5㎞の通過が19分37秒。

10㎞の通過は39分28秒。ラップは19分51秒。

5㎞ごとに踏むマットによって、地元で応援してくれている走友さんたちにラップタイムが届く。おかしなラップを刻むことはできない。

なんの問題もなく10㎞通過。ここまではノーダメージ。今から30km走をやればいいんだ。何にも問題ない。

15㎞を59分39秒で通過。20㎞は1時間19分47秒。中間点は1時間24分09秒とほぼキロヨン。

折り返しコースなので、一緒に行ったみんなが応援してくれる。zakiさんは調子が良さそうだし、たらちゃんは大きな声で応援してくれたし、ふ~ちゃんとはハイタッチですれ違い。

折り返してからは雄大な筑波山をみながら、いつかあの山に登りたいなぁ~なんて考えてた。

25㎞付近でちょっと辛くなってきたけど、
「気のせいだ」「たくさん練習したんだし」と言い聞かせたらすぐに元にもどり、巡航。

30kmのポイントをほぼキロヨンの2時間00分16秒で通過し、ここからいよいよ後半戦だ!

いままで温存してきた足を使う時がきた。
前走の海響の時みたいに、いままで抜いて行ったランナーを抜き返してやる。

そう思って走ってると、足がどんどん軽くなる。
広い学園東大通りにでる。
行きは気がつかなかったが、若干下っているのかもしれないしそうじゃないかもしれない。
調子が出てきた錯覚で下り坂に感じたのか、とにかくこの調子で最後まで行くんだ。
ラップも3分台に復活し、ランナーをどんどん抜いて行く。
この時は、250カットを信じて疑わなかった。

31~32kmも3分台。いい調子だ。
ところが、33kmのラップが4分10秒。

あれ?なんで落ちた??
ポーチに入ってるVAAMの顆粒をさぐる。
小さい顆粒袋がうまく取り出せない。両手を後ろに回してゴソゴソしてるうちに
さらにペースが落ちてしまった。
次のラップが4分17秒。

さっき抜いたランナーに抜き返される。
抜いて行くランナーに必死でしがみつき、挽回を試みるが、
左太ももの裏側がおかしい。
さらに両手のひらがしびれ出した。

35㎞の通過が2時間20分59秒。
あと7㎞を29分弱になってしまった。
キロヨンでいかないと間に合わない。
今までのフルマラソンで一番速い35㎞通過だからキツイにきまっとる。
ここで諦めたらすべてが無駄になってしまう。

しかし35㎞過ぎにある、弧線橋の登りでめちゃくちゃ消耗。
こうなったら、せめて自己ベストは出さないと。
4分10秒までは許そう。それ以上落ちないようにと、自分にカツを何度も入れる。
歩いてるランナーが羨ましい。おいらも歩きたい。

ポーチに残ってる最後のザバスリキッドを投入し、回復を待つ。
しかし、キロラップは4分25秒~4分24秒とまったく上がらない。

つくば大学の校内に入ったようで、ゴール臭が漂うが、
まだあと5㎞は走らされるらしい。

あっちこっちへ迂回やら、距離合わせの折り返しやら、壁のような坂やら、こなしてるうちに、もうほとんどジョグ状態。

ようやくゴールのグラウンドに入って、電光掲示板をみると、
2時間52分55秒くらいだった。

もうスパートする気力も失せ、そのままジョグでゴール。

Goru03

長かった、そしてとてつもなく長かった最後の10kmがようやく終わった。

Goru04_2

自己ベストはおろか、250カットを狙ってはるばるつくばまで行き、
暑くも寒くもないほぼ無風の絶好のコンディションで達成できないなんて、、、。

本当にもったいないレースでした。

今回のつくば遠征での唯一の収穫は、
前夜祭を盛り上げてくれた、日テレジェニックの皆さんとの記念撮影でした(笑)

2013年11月20日 (水)

第34回豊田マラソン2013 完走記

昨年に引き続き、豊田マラソン10㎞に参加してきました。
タイムは36分28秒で年代5位入賞でした。

11月3日の海響マラソンから12月15日の防府マラソンまで続く怒涛の7連戦の3戦目の豊田マラソン。
今年も朝7時10分頃にま~君夫妻にお迎えに来てもらい、ま~君号で会場入りしました。

さすがに地元の大会です。
会場では、黒笹アヒレスさん、金太郎さん、ふ~ちゃん、ゴローさん、モエパパさん、豆みのさん、rei-chan、、、その他たくさんの走友さんに会えました。

Youota01

この大会へのエントリーを決めたのは、翌週のつくばマラソンへの刺激入れということもありますが、
何といっても、入賞者の中から抽選で6名様に当たる、いぶすきマラソンへの招待券。

昨年は走友のアヒレスさんが見事にゲットしたし、今年こそと思って夫婦で毎年出ています(笑)

スタート直後とゴール直前に渡る、豊田大橋や、途中の平成記念橋のアップダウンに苦しめられながらも、36分28秒でゴール。

昨年は400mほど長かったコースですが、今年は若干レイアウトを変更され、距離は正確になったと思います。
でも、途中のキロポストがデタラメ!2分台とか4分台とかありえんし。
来年はもう少し正確なキロポストの設置をお願いできればと思います。

デコママも46分10秒でゴールし、年代4位入賞。今年も夫婦で入賞できました。

Toyota

一緒に準備した走友さんも、ま~君、アヒレスさん、ふ~ちゃん、rei-chan、とほとんど入賞しいぶすき招待券の権利ゲット!みんなで行けたら最高なんだけど(笑)

さあ、いよいよいぶすきの抽選会。

しかし、その前に、各部門の表彰式がある。
例年、この表彰式がとてつもなく長いのだが、ことしも、入賞者の集まりが悪くなかなか始まらない。

会場内には美味しそうなものがたくさん売ってる出店があるのに、何処にも行くことができない。
めちゃくちゃ腹減ったし。

大会の参加者がどんどん帰って行くなか、罰ゲームのように残された入賞者とその関係者。
なんか食べたいよぉ~~sweat01

寂しい表彰式(笑)がようやく終わり、
いぶすきマラソン招待の抽選会が午後1時頃にようやく始まった。

11時50分が表彰式の招集時間だから、1時間以上かかってる。
スタッフの皆さんは大変だとは思いますが、やっぱり観客がいる中での表彰式の方が気持ちいいし、もう少し段取りをスムーズにやって欲しいなぁ~

で、いぶすきの抽選会ですが、今年こそ当たりたい!と念じて抽選札を抽選箱に入れたのに、やっぱりダメでした。
でも、なんと、相方のデコママが見事にいぶすき招待ゲット!!

今シーズンは、ウイメンズに外れてしまい、フルマラソンは大井川だけだよ。と言っていましたが、まさかのいぶすきマラソン。
しかも初めての九州だといって大喜びしていました。

僕もいつかいぶすきに行きたい。当たるまで毎年出続けてやる!
その為には入賞する走力を維持しないと(汗)

2013年11月13日 (水)

いびがわマラソン2013完走記(ハーフの部)

11月3日の海響マラソンから12月15日の防府マラソンまで続く怒涛の7連戦の2戦目のいびがわマラソン(ハーフ)に参加してきました。

朝5時15分にマモさんにピックアップしてもらい、東郷のSAで黒笹アヒレスさんとアザブガエルさんが合流。
そして、守山のSAで味噌煮込みさんが乗り込み、5人のダンナーズで会場入りしました。

毎週、週末になると天気が崩れるパターンにはまりこみ、先週の海響マラソンに引き続き、今回も揖斐川町に入る頃から降り出した雨は、帰るまで降り続いたのでした。
10月のかもしかから、雨3連荘です(泣)

いつもなら、フルの選手の応援の為に、外に出るのですが、結構な雨で、しかも寒いので建物からまったく出たくありません。
フルに参戦のダンナーズの皆さんを更衣室で見送り、練習パートナーのせっとんさんには、初サブスリー達成するべく気合い注入で送りだしました。

フルの部のスタートを建物の2階の窓から見送り、その後ようやくユニフォームに着替え、外に出ました。
海響を共に走った豆みのさんが応援に来ていました。たくろうさんや、こたらっちさんらと談笑しながらスタートを待ちます。
降りしきる雨の中、ゲストランナーの金さんも入って来られ、「先週も下関で会いました」と挨拶すると、ちゃんと覚えてくれていて感激しました。

Qちゃんのエールに応えて、スタート!

ノーアップなんで最初は慎重に行くつもりでしたが、たくろうさんがすごいスピードで飛ばすのでつられてそこそこのペースになっちゃった。
最初の1㎞はちょっと遠いんだっけ?それでも3分51秒。

毎週水曜日の早朝に繰り返した、ほぼノーアップのポイント練習の成果なのか、
こういう身体に悪い走り方は慣れてるんだよね。それほど息も弾まないし。

それにしても、雨降りだというのに、園児さんや小学生のたくさんの応援には嬉しい限り。
なるべく笑顔で応えながら、走っていきます。

左折して橋を渡り、右折。
この辺りでセントジョージからの招待選手の女性ランナーに抜かれた。
ついて行こうと思うのだが、ちょっと速いんだよね。

5㎞を19分05秒(手元)で通過すると、ちょっと足が重く感じられるようになってきた。
フルマラソンの翌週+前日に3時間弱のLSDで、予定通りの重さをもらうことが出来、ここからはフルの後半イメージで走ろう。

重い足取りに、徐々にきつくなる登り坂でキロヨンを超える区間も出だした。
それでも何とか粘って次の5㎞は19分52秒。

坂を登り切り、ようやく折り返し。
下り坂となり、どんどんペースがあがるのだが、それほど伸びない。
たくさんのハーフのランナーが道をふさぎ、右側の僅かなスペースで飛ばしていく。
次の5㎞は19分39秒。いよいよ足が売り切れ出した。

ここから粘るのが、今回のハーフマラソンに出場した狙いだし、
再来週のつくばマラソンで2時間50分切る為の練習と言い聞かせ、必死で粘る。
しょくにんさんやNIさんに応援され、最後の堤防へ。

15㎞から残りの6kmはほぼフラットだけど、ここから3分40秒~4分03秒~3分48秒~3分47秒~3分44秒と腕を振って必死で走った。

前にも後ろにもランナーがいなくて、単独だったけど、たくさんの応援を受けながら、無人のゴールへ駆け込むのは気持ちいいね~。
フルだと、サブスリーやってもハーフの選手に紛れて爽快感がないから、やっぱり来年からも調整でハーフに出ようっと。

ゴールタイムは1時間21分58秒でゼッケンと同じ総合21位。
でも年代では優勝でした。

Image01

そのあと、いったん陣地へ戻り、大急ぎで着替えて、ビールとご飯をかけ込み、フルマラソンのゴール地点へ向かった。

フルマラソンは10時スタートだったので、13時までにゴールすればサブスリーだ。

せっとんさんはどうだったんだろ?
直前に発熱したから、大丈夫かな??

1時10分前からゴール横のスタンドで応援する。
12時55分ちょっと前に、味噌煮込みさんが駆け込んできた。
さすがに実力者です。どんなコンディションでもちゃんとサブスリーやっちゃいます。
さらに、僕の海響のタイムをちょっと上回るあたり、小憎らしいヤツです(笑)

その後、フルの選手がどんどん入って来ます。
みんなこの雨の中、サブスリー!お疲れ様です。
時計は無情にもどんどん過ぎて行きます。
12時58分を過ぎてしまいました。あと2分しかありません。

心の中で「せっとんさん、頑張れ!!」って何度も叫びました。

すると、実況アナウンサーが、せっとんさんの珍しい苗字を呼んでいる。間違いない。来たんだ!!
コースに乗り出してみると、必死の形相でせっとんさんが走ってきた。
「ラスト!頑張れ!!間に合った!!!」

せっとんさんの感動のゴールを見届け、こっちまで泣けてきた。
おやじの涙腺はユルいから困ります(笑)

毎週水曜日の朝、一緒にペース走を繰り返した甲斐がありましたね~。
本当によかった。おめでとう!!

せっとんさんは、おいらの息子でもいいくらいまだ若い。福岡目指してますます精進して欲しいです。
頑張ってください。

帰りはマモさんの車の中でビール飲みながらみんなで談笑して帰りました。
参加の皆さん、雨の中お疲れ様でした。

マモさん、往復の運転、そして自宅まで送り届けて頂きありがとうございました。

最後にラップ

Image02

2013年11月 6日 (水)

第6回下関海響マラソン2013完走記~14回目のサブスリー達成~

下関海響マラソンに初参加してきました。
大会前日にセントレアからジェットスターで福岡空港へ。

Image01

福岡空港からは、地下鉄で博多駅まで行き、そこからソニックで宿泊地の小倉入りしました。
その後、走友の岩ちゃんに迎えにきてもらい、彼の車で受付会場へ行き、受付を済ませました。
夕食は小倉名物の更新さんのごぼ天うどん。

Image02
たっぷりのごぼ天で腹いっぱいになりました。

レース当日朝はわざわざ応援の為に早起きして駆けつけてくれた岩ちゃんと一緒に電車で会場入りしました。

霧のような小雨が降ってるものの、
気温も低くなく風もないので、マラソンを走るにはいいコンディションです。

豆みのさんとAブロックの前方に並びスタートを待ちました。

Image06

ゲストランナーのジャイアンツOBの宮本選手や谷川真理さんや、金さん、現役では中本選手らが紹介され、一通りのセレモニー終了後、8時半にスタート!!

Image08

このコースは、序盤の20kmはほぼフラットで、後半のほとんどが登ってるか下ってるのアップダウンの連続。
【コースマップ&高低図】※大会HPより

Map

Kouteizu

しかも、海を渡る橋は、川にかかる橋と違い、大きな船が通過出来るように、高低差がエゲツない程ある。

過去何度も参加している岩ちゃんも、豆みのさんも、後半がキツイと言ってたし、
下調べした時に見たいろんな人のブログにもみんなそんなこと書いてたから、序盤は体力温存作戦。
スタート直後の大声援に見送られ、すぐに周防灘沿いに出て、まずは関門橋を目指して走っていく。
天気がよければ素晴らしい景色なんだけど、あいにくの天気で景色はイマイチ。
でも風がまったくなく、走りやすい。
関門橋の下をくぐり、しばらく行くと5㎞地点。
地元の走友さんがアップデートでみてるので、恥ずかしいラップは残せない。
5㎞の通過が20分13秒。
ほぼキロヨンなんだけど、すごく楽ちん。3日間の禁酒と煮込み会の成果なんでしょうね。

それにしてもどんどん抜かれる。みんなどんなタイムを狙ってるんでしょうか?
ちょっと焦るけど、後半に備えて残さないと。
7.8km付近で折り返し、今来た道を戻っていく。
サブスリーのペースメーカーの後ろに大集団が走っていた。いくら苦しくなってもあの電車には抜かれてはならない。
10㎞の通過は40分45秒。この区間20分26秒。ちょっと落とし過ぎたか。どうりで抜かれる訳だ。

再び関門橋をくぐり、唐戸市場前へ。
雨なのにたくさんの市民が大声援で応援してくれる。しかもピカチュウは大人気だ。本当にありがたいことです。
岩ちゃんからも写真を撮って応援してもらい、ますます元気になった。

Image11

下関港の中で、距離合わせのような折り返しで再びサブスリーペースメーカー軍団とすれ違った。
心なしかさっきより近づいたような・・・(汗)
15㎞の通過は1時間01分15秒。この間20分30秒

スタート位置付近を大声援を受けながら通過。
初めて出たけどこの大会は本当に応援が多い。
小さいアップダウンの関彦橋を越えて1時間22分11秒で20㎞到達。

20km

この間20分56秒。
若干重たい感じでペースが落ちてきた。ここからアップダウンの連続だし、気合いを入れないと。
ザバスのリキッド投入!!

そしていよいよアップダウンの始まりを告げる彦島トンネルへ。
トンネルを抜けると、、、、そこは彦島大橋へのはてしない登り坂だった。
約2.5kmで、50m程登る、ダラダラと長い登り坂だ。

ハーフの通過は1時間26分55秒。単純に倍にすると2時間54分弱。
味噌煮込みさんに命令された、255カットがこの後のアップダウンを考えると危うくなってきた。
この辺りで順位を数えてるおじさんに147位って言われた。
このままではゼッケン負けしちゃうし(^_^;)


坂のてっぺんから、はるか遠くに折り返しの長州出島がかすんで見える。
あそこまで行くのかよ(汗)
坂をどんどん下りて行き、25㎞を1時間43分20秒で通過。この間21分09秒もかかっちゃった。
いくら登り坂があったとはいえ、255に黄色信号!!

国道191号に出る辺りから雨が激しくなってきた。
ビニール合羽は途中のエイドで捨てちゃったし。
でも雨の中でも三好池で煮込んできたし、前回のかもしかハーフも雨だったし、雨が気にならないどころかかえって好きになってる自分が怖い(笑)


長州出島大橋への登り口でエネルギーゼリーの給食があった。
ありがたく頂戴すると、心なしか元気になってきた。


出島で折り返し、再びえげつない登り坂の長州出島大橋へ。
坂の途中で30km通過。タイムは2時間04分20秒。この間21分ちょうど。
脚もなんともないし、こんなに余裕で30kmを通過したことあったっけ?
でもまだまだ最後の彦島大橋の登りがあるので、無理は出来ない。

反対車線を走ってるランナーからもピカチュウの応援を受けながら、坂を登ったり降りたり。
本当に後半は平らなところがない。

最後の彦島大橋への長い登り坂の途中で35㎞到達。
タイムは2時間25分48秒。この間21分48秒もかかってる。

残り7㎞をキロヨンで行って2時間54分弱。
マラソンは最後に195mのおまけがあるから約束の255カットする為にはほぼキロヨンで行かないと。
それにしても鬱陶しい坂があと1㎞ほど。
ペースがあがらない。

そんな時に、元気な足音で抜いて行くランナーが。
ゼッケンには梅木蔵雄と書いてある。
ゲストの梅木さんだ!

必死で、後ろにひっつき引いてもらい、最後の坂終了。

ここから残り約6kmは下り基調だ。

こうなったら全部出し切ってやる!!
っていうか、残しすぎた。
もっと序盤から攻めても良かった。
まあ、始めてのコースだし、しょうがないかもね。

面白いようにランナーを抜きながら、40kmを2時間46分06秒で通過。この間20分18秒。
残り2.195kmを9分かかったら、255切れない!!
過去のフルマラソンを振りかえってもラストを9分切ったのはベストを出した別大しかないかも・・・(大汗)
このままでは味噌ちゃんに怒られるぅ~~。

必死で走ってると、歩道を並走するおじさんが。
よく見たら岩ちゃんだった(笑)

岩ちゃんの声援と、沿道から途切れることのない、ピカチュウへの応援に助けられ、ラスト2.195kmを8分41秒秒でカバーして、
2時間54分47秒でゴール!!

Goru

何とか2時間55分を切ることができて味噌ちゃんにフラれずに済みました(笑)
でも、前から2列目でピストルが鳴ってすぐにスタートマットを踏んだのになんで6秒もかかってるんでしょうか?不思議です。

記録証に記載された順位は105位。
ということは、後半だけで40人ほど抜いたことになり、自分のゼッケン127に順位で勝てました!

毎年、シーズン最初のレースは相当苦しむのですが、
三好池や田んぼで、再三煮込んできた効果で、振り返ってみれば最後まで余裕のレースができました。

煮込み回会員の皆さんに大感謝です。

それと、雨の中、熱心に応援してくれた下関の皆さん、またボランティアの皆さん
本当にありがとうございました。

レース後は総合11位の豆みのさんと3人で唐戸市場へ行き、名物のフグ刺しとウニで乾杯!!

Image23

ビールがめちゃくちゃ旨かったのは言うまでもありません。
翌日は文化の日で祭日なので、今夜は岩ちゃん一家と大打ち上げがあるので、350×3本にとどめて
船で門司港へ渡り、お風呂に入り、小倉駅でいったん解散しました。

その後、7時から大打ち上げ開始。

Image21

Image19

Image17

九州のうまかもんを堪能し、みんなでカラオケで大はしゃぎして、最後はこれまた名物の丸和前ラーメンで〆。

Image20

岩ちゃんには前日の受付から、アフターまでお世話になりっぱなしで、本当にありがとうございました。
今度は僕がおもてなしますので、是非岡崎まで遊びに来てくださいね〜

Image16

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »