最近のトラックバック

« 第33回つくばマラソン2013完走記 | トップページ | 第46回安城シティーマラソン2013完走記 »

2013年12月 4日 (水)

第7回いたばしリバーサイドマラソン2013完走記

第7回いたばしリバーサイドハーフマラソンに参加してきました。
タイムは1時間21分45秒で年代4位入賞でした。

11月3日の海響マラソンから12月15日の防府マラソンまで続く怒涛の7連戦の5戦目のいたばしリバーサイドマラソン。

今回の参加目的は、
結婚して埼玉県に引っ越してしまった、マキちゃん夫妻との打ち上げメイン・・・
じゃなかった、
12月15日に控える、今シーズンの勝負レースの防府マラソンへの調整レース・・・
じゃなかった、
仕事で仙台まで行ったついでの参加なのでした(笑)
あくまで仕事のついでの参加なんで・・・

せっかく遠く仙台まで行くので、東北の大会に出たいと思い、
岩沼エアポートマラソンに出る予定でしたが、
出張が決まった時には、すでに定員いっぱいで閉め切られていました。

東北や北関東の大会を色々と検索した結果、この板橋リバーサイドに決定したのでした。

本来、一人寂しく参加の予定でしたが、偶然にも、地元の駅で、たまたま帰省していたマキちゃん夫妻と出会い、
この計画をお話ししたら、二人とも乗り気で、一緒の参加となりました。

大会はもちろん、アフターの品川宴会まで、本当にお世話になり、ありがとうございました。

さて、大会前日の土曜日の早朝に岡崎を出発し、新幹線で東京へ。
そして、東北新幹線で仙台へ。僕は、「乗り鉄」でも「撮り鉄」でもありませんが、
東北新幹線のはやて号や、コマチ号はとてもかっこよく、思わず写真を撮ってしまいました。

Image01

車内も枕が自由に動かせたり、足元も充分広く、とても快適でした。

車窓からは、楽しみにしていた安達太良山は曇っていて全景は見えませんでしたが、
過去何度も車で行った、東北道を眺めながら、「やっぱ電車は快適だし楽ちんだなぁ~」って思ってました。

車で行くと10時間近くかかる仙台も、電車ならあっという間のお昼過ぎには到着しちゃいます。
2時間ほどで仕事を片付けて、仙台駅で三陸沖の新鮮な魚介を使ったお寿司を堪能。

Image03

Image04

仙台といえば、牛タンですが、前回の出張で食べたので、今回はお寿司にしました。

もう仕事も終わったし、明日は調整レースなので、ビールが進みます(笑)

東京まで戻る東北新幹線内でも飲み続けてしまいました~

そして、予約しておいた池袋の安ホテルにチェックイン。

値段が値段なので、覚悟はしていましたが、ここまで酷いとは・・・。
ベットはギシギシだし、シャワートイレもないし、タバコ臭いし、部屋が何より汚いし。。。。
大浴場完備につられて予約したんだけど、肝心の大浴場の露天風呂が故障中で入れないし、ここも汚いし・・・
施設が古いのはいいんです。覚悟してましたから。でも掃除が行き届いてない。
本当に酷い。写真を撮ってアップしたいくらいです。

こんな時は、早く寝ちゃうに限ります。
池袋の千登利さんの肉豆腐とビールでお腹をみたし、ホテルに戻って即就寝。

翌朝は、ホテルから100m程の松屋に朝食を食べに行ったのですが、たった100m程歩く間に、
いかがわしいマッサージの客引きに2回も会う始末。もう二度とここには泊まりませんと固く誓ったのでした(笑)

ホテルをチェックアウトして、山手線で巣鴨まで行き、そこから都営三田線で最寄駅の西台駅まで行きました。
駅から20分程歩いて荒川沿いの会場へ。

Image05

受付をして、堤防に陣地をとり、ふと川向うをみると、川の反対岸に、東横インがあるじゃありませんか。
後で調べたら、荒川を挟んだ反対側はもう埼玉県なんですね。
会場に一番近いホテルを池袋周辺で色々探してあのホテルにしたんだけど、埼玉戸田公園駅西口が一番近いホテルでした。次回は無いとは思いますが、一応覚えておこう(笑)

しばらくするとマキちゃん夫妻もやってきて、夫婦でおそろいのジャイアンツのユニフォームに着替えました。
僕は、当然、いつもの中総ユニです。

コースは、荒川の陸上競技場横の河川敷をスタートし、まずは河口口へ向かって行き、6.5km付近で折り返し、
再びスタート位置に戻ってくると13km。
今度は埼玉方面へ荒川を4㎞程登って行き、折り返して再び同じ道を戻って来るという、陸連公認コース。
つまり、2回すれ違うことになります。

10時ちょうどに、レースが始まりました。
僕は一般の部に申し込んだので、先頭の登録の部には並べません。
ベストは1時間18分台なので、プラカードの1時間20分以内のブロックに並びました。
周りを見渡すと、絶対80分以内で走れないだろ!って思われるランナーがたくさん居ました。
それほど広くない河川敷コースでこれは危険だよな~って思ってスタートしたら、
案の定、前にはランナーの壁。
動かない。。。

押し合い、転んでる人もいる。どうして遅いのに前に並びたがるんだろ??
コースの外側を使ったりし、なんとか壁を交わしながら、前に進み、1㎞手前位でようやく普通に走れるようになりました。

でも、調整レースなので、無理はしません。
ましてや、先週はつくばマラソンを走ったばかりです。
キロヨン巡航で84分でいいと思ってました。

しかし、最初の1㎞でラップをみたら3分45秒。
やっぱり試合のアドレナリンがペース感覚を狂わせるようです。
でも、それほどキツイ訳じゃないので、このまま巡航。

最初の折り返し手前で、予想外の坂があったり、
同年代と思われるランナーがこっちを非常に意識してきたりしたけど、今回は大人の走りに徹しました。

荒川といえば、金八先生だよなぁ~。
河川敷には、野球場やらゴルフ場やら色々な施設があり、それを眺めたり、金八先生の歌を歌ったり。とにかくリラックス。

マキちゃん夫妻はジャイアンツのユニで二人で一緒に走っていて、とても目立ってました。
2回のすれ違いでは大きな声で応援頂きました。

1㎞ごとにラップを押すと、つくばみたいに、細かくペースをアップダウンしちゃって予想以上に足を使うので、
今回は5000毎に時計を押してみました。

19:24-19:28-19:21-19:23-4:07
total=81:45

周りのランナーは出たり入ったりしましたが、僕のラップは綺麗に刻めました。

記録証をもらうと、年代4位入賞してました。

Image06


表彰式では賞状がもらえました。
もう少し頑張って、前にいたランナーのラストスパートに付き合って抜いていたら3位でした。

でも3位に入ってしまうと、副賞でトロフィーを持って帰らなければなりません。

僕のリュックにはそんなスペースが無いのでちょうどよかったです・・・と負け惜しみ(笑)

このペースでそのままフルが走れればいいんだけど、そこまでの余裕はないので、
防府では、キロヨンをしっかり守り、最後まで行こうと思います。

レース後は、品川へ移動し、新幹線の時間まで、打ち上げ宴会。
とっても楽しかったです。

散々飲んだのに、帰りにマキちゃんからお土産で持たせてくれたビールを再び飲みながら愛知県へ帰りました。

マキちゃん夫妻、本当にありがとうございました。

« 第33回つくばマラソン2013完走記 | トップページ | 第46回安城シティーマラソン2013完走記 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194269/54147041

この記事へのトラックバック一覧です: 第7回いたばしリバーサイドマラソン2013完走記:

« 第33回つくばマラソン2013完走記 | トップページ | 第46回安城シティーマラソン2013完走記 »