最近のトラックバック

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月31日 (金)

第62回勝田全国マラソン~人生初の途中リタイヤ~

栃木県足利市のお客様へ
子供用のお神輿を配達に行ったついでに、勝田マラソンに初参加してきました。

今回のツアーには、岡崎から、H尾さん、豆みのさんが参加。
お二人とも2時間30分台で走るスピードランナーです。
さらに、神奈川県でQPちゃんが合流し、4人でまずは足利市へ。

無事にお神輿を配達し、
足利名物?のひもかわラーメンを食しました。

Himokawa

実は、お神輿を配達したお客様からは、人数分のお寿司を頂いたのですが、
どうしても名物のラーメンが食べたいというので、マラソン前というのに、
昼飯がダブル(汗)

さらに、飲みの横綱のQPちゃんと一緒ということもあって、サイゼリアでの夕食でビール×3杯(大汗)

そして、ホテルに戻ってさらに缶ビール(大大汗)

こんな暴飲暴食でマラソンが走れるのか???


・・・・走れませんでした(泣)

水戸駅前のホテルを8時45分に出発し、JRで勝田まで。
勝田駅からは、勝田マラソンの歌を聞きながら徒歩で会場へ。

荷物を預け、トイレを済まして、スタート位置へ行くとスタート15分前。

H尾さん、豆みのさん、madic-nさんと談笑してたら、すぐにスタート。
走り始めは快調な感じだったけど、
10㎞付近から身体の重さが気になりだした。

Image01

理由は色々とある。
やっぱり調子に乗って飲み過ぎたし、食べすぎた。体重もベストより3kg程多い。
QPちゃんの顔を見ちゃうとどうしても飲みたくなっちゃうんだよね。

15㎞手前で、あきらかに形成されていたキロヨンの集団に付いていけなくなる。
この辺りから、リタイヤの理由探しで頭の中がフル回転。

その結果、出てきた理由は
帰りの450㎞程のロングドライブを安全運転でいかなければいけないということ。
一家の大黒柱の、QPちゃんやH尾さんを無事に帰さなければいけない。
未来ある若者の豆みのさんもしかり。

無理に走ったが為に、足が痙攣してアクセルやブレーキ操作に支障をきたしては事故につながってしまう。

正当性に満ち溢れた理由が思いついたところで、完走への意識は吹っ飛び、
あとは、どこで止めると一番ゴールに近いか。

うる覚えのコース図を思い出し、なんとなくこの交差点を左折すると遠くなるんじゃないかな?と思われる交差点で、地元の人に訊くと、
「ここをまっすぐ行くとゴール3㎞前に出ますよ」
と教えてくれたので、チップを外し、交差点を渡り直進。

100m程、ジョグしてたら、急に悔しさがこみ上げて来て、
再びさっきの交差点に引き返した。

交差点で何度も葛藤したけど、結局止めて戻っちゃった。

ゴール手前3㎞付近に出ると、10㎞のランナーなのか、ゆっくりと走るランナーが道路を走っていた。

まだフルマラソンの先頭は来てないようだ。

ちょうどいい。10㎞の選手に紛れて走れば、沿道の観客にフルのトップに間違われることもないだろう。

10㎞の選手を邪魔しないように、端っこをトボトボとダウンジョグ。

それにしても、走ってるランナーはみんな遅いなぁ。キロ8分くらいだろうか?
最終ランナーに近いのかもしれない。

トボトボ走りながら、周りを見渡すと、女子選手しか見当たらない。
いくらなんでも男子が一人も居ないなんておかしい。後で調べたら、10㎞の男女は30分の時間差スタートでした。

女子ばかりの中にオヤジが混じってるのがとても恥ずかしく、
さらに、広報車が、間もなくフルマラソンの先頭の到着を告げて走って行ったので、歩道に移動して走ったり歩いたり。

Image04

トップの上部大学の選手が颯爽と走りぬけて行った。カッコいいなぁ~。

その後、6人ほどに抜かれた時、ゴール会場についてしまった。

ゴールゲートは潜れないので、脇から入ってゴール後の導線に。

何も知らない、無邪気な高校生ボランティアの「お疲れ様~チップ外しましょうか~」
に申し訳なく、「大丈夫です。もう外してありますから」と応え、
参加賞のTシャツを受け取り、バナナや飲み物を頂き、更衣室へ。

すると、間もなく、QPちゃんも、途中リタイヤしたらしく、帰って来ました。
やっぱり飲み過ぎですって~(笑)

H尾さんは2時間48分程度でゴールしましたが、相当きつかったらしく、、、
豆みのさんは2時間58分もかかってたし。
やっぱり食べすぎですって。

僕は途中でリタイヤしたことで、最後まで問題なく安全運転で帰ることが出来て、
皆さんを無事に帰宅させることができました。

これからは遠方への車の遠征の場合、レースはハーフまでにしないとダメだと言う教訓を得ました。

帰ってから、お風呂に入り、今年に入って初めて体重計に乗ってみたら、
55㎏もありました。
ベストは52㎏なので、重たいわけです。

3月の静岡までにどこまで戻せるかわかりませんが、
しっかりと節制してやり直したいと思います。

応援してくれた皆さん、申し訳ありませんでした。

それにしても、リタイヤってこんなにモヤモヤするもんですね。
これを次回への糧にしないといけません。

画像は完走してないのに参加賞に入っていた「完走いも」
リタイヤした人には本来の「乾燥いも」でいいですね。

Kannsouimo

【5000ラップ】
19:58-20:01-21:01-21:10-21:42-15:15(3.5km)

2014年1月22日 (水)

第65回岡崎市民駅伝競走大会

今年も市民駅伝を走って来ました。
今回の担当区間は初のアンカー。
今年はチームの監督だったので、前から一度走ってみたかったアンカーに立候補して走りました。

Image02

目標は25分以内(6区/7㎞)でしたが、
25分14秒(区間13位)でした。

Image01

まあ、風が強かったし、ほぼ目標タイムで走れたのでよしとしましょう。

チーム成績は
中総RC桜=1時間47分33秒/12位(1部/29.9km)
中総RC梅=1時間41分33秒/28位(2部/25.1㎞)
中総RC藤=1時間43分50秒/43位(2部/25.1㎞)
中総RC桃=1時間21分14秒/5位(女子の部/18.3km)

個人的には、同じ6区を走った練習パートナーのせっとんさんに、2秒差で勝つことが出来て、
今度牛丼をおごってもらうことになり大満足(笑)

それよりも何よりも、やっぱり駅伝は楽しい。
岡崎市民駅伝は高校生の時の第30回大会から3年連続で1区を走った想い出の大会なんで、
高校時代を思い出して血が騒ぐ!

オヤジになってなおこの大会を走れるなんて最高に幸せです。

実際、今回のレースもタスキをもらってすぐに抜いて行った高校生は、母校の商業高校の選手で、
彼と3㎞手前まで抜きつ抜かれつの楽しいバトル。
結局彼は、落ちて行ったので、大先輩のオヤジランナーの圧勝♪

他にも母校の南中学の選手が近くに走ってたりで、本当に楽しい。

来年も、選抜チームで走れるように、走力を維持し、また後輩と遊ぼうと思います♪

2014年1月18日 (土)

第12回いちのみやタワーパークマラソン2014完走記

今年も毎年恒例のいちのみやタワーパークマラソン5㎞の部に参加してきました。
昨年は年代優勝した大会なんで、今年も狙うは優勝です。

朝、7時過ぎの名鉄電車で東岡崎から、moonさん、ペッターさん、ウルトラマンさんと一宮へ向かいました。

駅からシャトルバスで会場入りすると、一宮の突然ランナーズのソブさんがいつもの場所に陣取ってくれてました。

昨年と違っていい天気ですが、とにかく寒い。
北風も強い。一宮ってこんなに寒かったっけ?美濃加茂より寒いし!

連戦だし、怪我してもいけないので、じっくりとアップしました。
でも、一行に軽くなりません。さすがに連戦疲れなんでしょうね。

スタート位置へ行くと、同じく連戦のコナン君がいて、色々とお話ししてたら、
前日美濃加茂で競り合ったI田さんがやってきた。

「今日はゆっくり行く」とか「疲れが抜けない」とか言ってますが、騙されないぞ~(笑)

10時50分、ピストルが鳴ってスタート!!

後ろの高校生にひかれないように、思いっきり突っ込んで、入りの1㎞は3分20秒程度なのに、I田さんが前を走ってるし。
やっぱりさっきのは三味線だったんだ(笑)

必死でI田さんの後ろを追うけど、めちゃくちゃ苦しくて、もう今日は負けてもいいか!ってマジで思った。

でも、どうせ負けるにしても、いったんは抜いておかないと。
2㎞過ぎで、いったん前に出る。高校生に囲まれながら粘りに粘る。

後ろにはず~っとI田さんの息遣いが聞こえ、彼も苦しそうだ。もう少しだけ頑張ろう。

3㎞の通過が10分43秒。

前を行く男子高校生の腰のあたりを穴があくほど睨みつけ、引いてもらうイメージで走っていくと
不思議と軽くなったような気がする。

Image01

マラソンの解説者が、「集団の中で楽をする」とよく言うが、こういうことなんだろうね。

4㎞を14分20秒で通過し、残り1km。

ゴールのグラウンドは横に見えるのだが、大回りして入らないといけない。

しかも向かい風がキツくて、どんどん体力を奪っていく。

競技場への入り口手前で、ソブさんとmoonさんから熱烈応援を受け、いよいよラスト。

おそらく年代1位のはずだ。

競技場に入って後ろを振り返る。
後ろは高校生ばかり。どうやらI田さんを振り切ったようだ。

安心するととたんにスピードが出なくなった。それでもあと30m程だ。

優勝を確信した瞬間に、黒いユニフォームのおじさんに抜かれた。すごいラストスパートだ。
しまった!反対側にいたのか??
しかも、ちょっと老けてるけど大丈夫か??

ゴールして話しかけてきたその人のゼッケンをみると「50歳代」の文字が。

やられた。最後の最後でやられてしまった。詰めが甘いなぁ~。

記録証をもらうと18分01秒でやっぱり2位だった。

Itinomiya02

表彰式の待ち時間で、色々とお話しさせてもらったけど、わざわざ静岡から遠征してきたらしい。
I田さんと二人で、「静岡で暴れてください!」ってお願いしておきました(笑)

レース後はいつもの串翔さんに移動して大炎会。

美味しい料理と生ビール、最高でした!!
皆さん、お世話になりました。

来年もよろしくお願いいたします。

2014年1月17日 (金)

第8回みのかも日本昭和村ハーフマラソン10㎞の部完走記

昨年年代別で初優勝して、美味しいお米をもらいましたので、今年もお米狙いで参戦してきました(笑)

朝6時10分頃自宅を出発し、高速を飛ばして昭和村へ向かいました。
昨年並みの7時頃にインターを降りたのですが、今年は降りたところから渋滞していました。
みんなの出足が年々早くなっているようです。

僕は10㎞の部への出場なので、駐車場は10㎞のスタート近くにしました。
ほとんどの車はハーフのスタート位置がある会場前まで行こうとするので、奥から詰まって行くのですが10㎞の部は奥まで行く必要はありません。

手前の方の、しかも、出口に近いところを選んで駐車。
こうすると、帰りはすぐに出れるので便利です。
駐車場の奥に停めると、出るのに時間がかかるからね。

でも、その分、受付やら、ゴールがいちいち遠いので大変ですが、まあ、アップやダウンのついでに動けばいいので気になりません。

まずは、受付を済ませ、昨年同様の暖かいフリース毛布の参加賞をもらい、愛車に戻って仮眠。

10㎞のスタートは10時50分だからまだたっぷり時間があります。
もっとゆっくり自宅を出ればいいんですが、そうすると駐車場がいっぱいになっちゃうし、悩ましいところです。

9時30分頃から、ゆっくりとアップ開始。
女子優勝候補のmewさんや、Hさんに出会えたので一緒にジョグ。
ハーフのスタートを見送って、ユニフォームに着替え、スタート位置へ。

昨年同様一番前に陣取ると、安城快足ACのコナン君がいたのでしばらく談笑。

そして10時50分にピストルが鳴りスタート。

最初はすごい下り坂です。
優勝しないといけないので、どんどん飛ばします。
コナン君の後ろで、最初の1㎞が2分41秒。ありえない!距離が明らかに違ってる。

僕の横には、昨年も競い合った、同年代のI田さんがいる。
去年はこの昭和村と翌日のいちのみやと連勝させてもらったが、今年はず~っと併走してくる。

そのせいか、めちゃくちゃ苦しくて、「もう2位でいいや」って思う自分が顔を出す。

でも3㎞ほど行くと、急に楽になってきて、ペースアップ。
キロラップも3分36秒~3分43秒~3分27秒と走れてる。

I田さんの気配は感じなくなり、目標のコナン君も抜き去る。

このコースの一番きつい6km付近の高速脇の登り坂に差し掛かる。
目の前の男子高校生の後ろにひっつき、引いてもらった。
でも心臓がでそうだ。めちゃ苦しい。
お米の為とはいえ、なんでこんな苦しいことしてるんだろ?
米屋で普通に買えば楽でいいのに(笑)

坂を登り切り、下っていくと、ハーフの選手と合流して、残り3㎞。

周りを走るハーフの選手は約75分前にスタートし、18㎞ほど走ってるということは、ほぼサブスリーペースの人なので邪魔にはなりません。

でもここからラストまではほぼ登りっぱなしなんです。

ハーフの選手をどんどん追い抜いていたら、その中の一人から名前を呼んで応援された。
振り向いてみたらヒロさんだった。応援サンキューです!!

さっきのキツイ坂から競い合ってる男子高校生と抜きつ抜かれつしながら、ラスト1㎞。

Image01

残り1㎞の看板をみたとたん、男子高校生君はスパート開始したようで、離れて行く。

最後の500mくらいで再び登り坂。苦しんで登ってたら、コナン君に抜かれた。

Image04

もう付いて行くのが精いっぱい。

最後はちょっと離されてゴール!

プリンターから出力された記録証には今年も1位の文字が。
新米の収穫完了(笑)

Minokamo

ゴール後は爽やかな男子高校生と談笑。やっぱ、高校生とのバトルは楽しいね。
翌日のいちのみやタワーパークも楽しみです。

そして、ウエストポーチに入れておいた、かも汁引換券を出して、車まで戻る途中で頂きました。
こうすると空いてるうちにもらえるからいいよね。

見事優勝した、mewさんと、2位になったHさんと一緒にダウンジョグで車まで戻り、大急ぎで着替えて、表彰式へ。

Shouwa1

Showa2

Showa3

コナン君に写真を撮ってもらいました。ありがとね~。

そして、愛犬が一人でお留守番してるので、急いで家に帰らないといけません。
重たいお米を抱えて、駐車している所まで走り、アウトレットにも寄らず、急いで帰宅しました。

愛犬と一緒にちょっと仕事して、スーパーで惣菜を買い込み、
録画しておいた女子駅伝を観ながらビールで祝杯。

その時、いぶすきマラソンに招待されていた、デコママから無事完走できたとの報告も届き、
あわただしい一日が終わりました。

最後にラップです。
2:41-3:46-3:36-3:43-3:27-3:34-3:58-4:09-3:58-3:28
total=36分29秒
で昨年より6秒落ちでした。

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »