最近のトラックバック

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月26日 (土)

第16回長野マラソン2014完走記~18回目のサブスリー~

3年連続4回目の長野マラソンに今年も行ってきました。

Nagano03

今回も、10人乗りのレンタカーをチャーターしてみんなでワイワイと行きました。

Nagano01

ただ、今年はなぜか長野市内のホテルが予約できず、
仕方なく、上田駅前のホテル組と二組に別れることになりました。

僕は上田組だったので、朝5時30分にホテルをチェックアウトして、長野市内のホテルを回り仲間をピックアップ。
そしていつもの駐車場に停めて、シャトルバスでスタート地点の運動公園に7時前に到着。

天気が心配されたが、気温こそ低いものの、雨の心配はない。
ましてや昨年のような雪でもないし、絶好のマラソン日和だ。

スタートまでまだ時間があるので、味噌ちゃんの案内で近所の神社で快走祈願。お守りのシールももらえるし、仮設トイレもすいてるしいい感じです。

Nagano04

ユニフォームに着替え、味噌ちゃんとともに、頭にピカチュウをかぶり、スタートブロックへ。

Kyoudai

Qちゃんのストレッチや、アヒレスさん、味噌ちゃん、zakiさん、mamoさんたちと、いろいろお話してたらあっという間にスタート時間。

8時30分ちょうどにピストルが鳴りレースが始まった。
今回の長野マラソンのテーマは、2匹のピカチュウで沿道の観客を盛り上げ楽しめること。
そのために、味噌ちゃんと入念な打ち合わせ?を行い、お互い近くで走り、なるべく同じ腕を上げて観客に応える。
そして、ほぼイーブンペースで走ってのサブスリーだ。

静岡マラソンの後、坐骨に痛みが出てしまい、ほとんどマラソン練習ができておらず、
観衆を楽しませることはできても、サブスリーなんかできないと思ってた。
どこかで味噌ちゃんに離されてしまうんだろうな。でも頑張ってなるべく長い間ランデブーしないと。

走り出すと、長野マラソン名物の途切れることのない声援が降り注がれる。
そこに2匹のピカチュウが並んでいくもんだから、すごい人気だ。

ピカチュウラン初めての味噌ちゃんもこれほどとは思ってなかったようで、
普通な腕ふりで走る区間より、左右の観客に手を振ることの方が長いくらいで、序盤からかなりの疲労度に戸惑ってました。

それでも、幼いお子様からの「ピカチュウ!!」の声援は無視することはできず、必ず笑顔で応えないといけません。
おじさん、おばさんも、老若男女すべての人から応援されます。

若いおねえちゃんから「かわいい♪」って言われた時は、さすがに照れくさく、
周りのランナー達に「ただのオヤジなんだけどね」って照れ隠し(笑)

練習不足もあって、序盤は、キロ4分10秒ちょっとのサブスリーペースがとても辛く感じ、
沿道に笑顔で応えることで気を紛らし、走ってると、味噌ちゃんから何度も「ちょっと速い!」って注意されました。
最初の5㎞が20分39秒だったので、実際ちょっと速かったようです。

善光寺前を通過し左折し、長野駅へ向かっての下り坂は毎年とくにすごい観衆です。

ここも二匹のピカチュウは左右に別れて、ハイタッチしながら、観衆を盛り上げます。

普通の帽子を被って走ったら、ほとんど見向きもされないオヤジランナーが、みんなから応援され、カメラを向けられ、声をかけてもらえます。
なんて楽しいんでしょうか~。これだから仮装はやめられません(笑)でもちょっと暑いのが玉に傷。通気性がまったくないこの帽子は運動には向かないようです(笑)

10㎞を41分32秒で通過。ようやくサブスリーペースに落ち着いたようです。
でも相変わらずの重い感じは続いてます。いつまで行けるんだろうか。

五輪大橋の下をくぐり、犀川の堤防に出る。
ようやく観客に切れ目が出だした。帽子を外し、さわやかな風を頭に入れると生き返るように気持ちがいい。
味噌ちゃんと二人で外して「生き返る~~!!」でもすぐにお客さんがいるので、再び被りなおして笑顔(笑)

15㎞を1時間02分30秒で通過。反対側を、トップが走って行った。豆みのさんは、ワイナイナ選手と一緒に走ってる。すげぇ~~!
アヒレスさんともすれ違った。我々ピカチュウ兄弟の沿道からの人気がうらやましそうに走って行った(笑)

そして大声援のエムウエーブの折り返し。Qちゃんとハイタッチしながら沿道にも笑顔を振りまき、走り抜ける。

Nagano06

エムウエーブからの復路では、たらちゃん、一人旅さん、、、たくさんの走友さんから応援をもらいながら、走っていく。

すると後ろからすごい足音が聞こえてきた。
振り向くとサブスリーのペースメーカーを先頭にした、大集団だ。

彼らに巻き込まれると給水が取り辛いし、前を走りたい僕と、ペースを乱したくない味噌ちゃんと、集団に追いつかれたときに二人が別れてしまった。

五輪大橋への上り坂で味噌ちゃんは集団の後ろへ、僕は集団に巻き込まれいつしか、その電車に乗っていた。

料金所を通過して中間点を1時間28分21秒で通過。

集団内だと給水が取りにくいので、前に出ようと思ったけど、向かい風がキツイ。

ここは無理せず、中でおとなしくしよう。

電車の中で走ってると、165㎝の僕は隠れるようで、ピカチュウの声援も少なくなり、走りに集中できるようになった。

大塚南の交差点で折り返し、ホワイトリンクへ向かっていく。
追い風に変わり、急に余裕が出てきた。

走る前は、坐骨の痛みもあり、走り切れるか不安ばっかりだったけど、ロキソニンが効いてるのか、坐骨は痛くないし、
序盤の重さが嘘のようになくなり、余裕が満ち溢れてきた。
サブスリー電車の乗り心地が本当に良く、このまま乗っていればサブスリーでゴールできるんだ。と思ったらうれしくなってきた。

でも、味噌ちゃんはどこに行ったんだろ?
さっきまで後ろで聞こえてた、ピカチュウへの声援は聞こえなくなったし。トイレでもいったんだろうか?
1周4㎞ちょっとの三好池で走ってても、ほぼ毎周毎にトイレに行くしなぁ。
手をつないでゴールしたかったなぁ~(笑)

25㎞のホワイトリンク前を1時間45分04秒で通過。
時間の経過とともに気温もあがったようで、スポンジのサービスがうれしい。
ピカチュウの中の自分の頭を冷やす。

010

沿道の人すいません。頭がオーバーヒートしちゃいそうなんで(汗)

給水こそ取りにくいものの、サブスリー電車の乗り心地が最高なんで、このまま岩野橋を渡り終える35㎞まで乗って行こう。
向かい風だし、中で楽をしよう。

30㎞を2時間06分13秒で通過し、いよいよ毎年長く感じる千曲川の堤防へ。
堤防までの細かいアップダウンが堪える。
乗客の中に、声を出して息をするランナーがいて、こっちまで苦しくなってくるから勘弁してほしいものだ。

ここまで来るとすこしづつ、乗客は減っていくもののみんな真剣そのものだ。
さっきまでいた迷惑な乗客は降りたようで、再び快適な電車になった。

それでも、向かい風区間ということもあるんだろうけど、練習不足はいかんともしがたく、
さすがに疲れてきた。

味噌ちゃんはどっかに行っちゃったし、おいらもこのあたりからジョグに切り替えたらどんなに楽だろうか。
そんな弱気な自分が顔を出しだしたので、ここは思い切ってみんなに声をかけてみた。

「みんなで一緒に3時間切るぞ~!!」そうすると、何人かの乗客から「おお!!」って帰ってきた。

こうしてしまえば、言いだしっぺだし、恥ずかしくて失速なんかできない。

岩野橋を渡って35㎞を2時間27分23秒で通過するとともに、「あとたった7㎞!頑張りましょう!」と再びみんなに声をかける。

サブスリー電車の運転手が、「私はギリギリで行きますから、余裕のある人は先に行ってください」というので、
今までのお礼を言ってビルドアップ開始。

失速したランナーをどんどん抜きながら、走ってると、その中に、たくろうさんがいた。
「あと少し頑張りましょう!」って声をかけると、生き返ったようで、ついてきた。

ゴールまでお互い頑張りましょう。

残り5㎞の消防署前を通過。

あと3㎞ほど堤防を走れば、ラストはゴールに向かっていく直線道路のみ。

かなりきつくなってきたけど、みんなを励ました以上、失速はできない。

008

それと、毎年、このあたりで、青いユニフォームのmamoさんがいるはずだし。いつものように追い越しながら吸い取ってやるぜ(笑)
しかし、目を凝らして前を探すけど、肝心なmamoさんがいない。

生き返ったたくろうさんに離されかけ、頑張って付こうとしたら、急に右のわき腹が痛くなってきた。

最後の直線に入ったら、腹痛はマックス!!

ピカチュウ頑張れ!の大声援が背中を押してくれるが、あまりの痛さに笑顔ができない。それどころか手を振るとわき腹が痙攣しそうだ。

004

申し訳ないけど、苦しい顔で、お辞儀しかできませんでした。応援してくれた子供たち、すいません~。

40㎞を2時間48分31秒で通過し、サブスリーを確信。
確信するとともに、さらに足が動かなくなった。

さっきまで励まして元気つけた、選手が「さっきはありがとうございました。お蔭で頑張れました」と、
僕にお礼を言って追い抜いて行った。彼も苦しい中、なんとかサブスリーでゴールできそうだ。
こんな「ただのオヤジ」でも役に立ててうれしい。

長い長い、直線道路もようやく終わり、運動公園野球場へ。

003

最後は無理やり笑顔を作っていつものポーズでゴール!!

002


タイムは2時間58分32秒
30回目のフルマラソンで18回目のサブスリー達成でした。

サブスリーできてよかった~。
これで、来年の1歳刻みのランクインは決定的です。
もし、万が一、この坐骨が痛くてまともに走れなくても1歳下になっちゃうけど、100位以内に入れるから大丈夫。

ゴールして、女子高生からタオルをもらい、今年はメダルも。
ここでもボランティアの生徒さんたちにピカチュウは大人気です。ただのオヤジなんだけどね(笑)

野球場を歩いていたら、mamoさん発見。
タイムを訊くと、2時間56分台。ぼくより2分速かったようです。
それだけ離れてたら見えないし、、、見えないから吸えません(笑)

いつもの練習パートナーのせっとんさんは、Cブロックスタートだったので、我々を5㎞手前で抜いていき
2時間56分ちょっとでゴール。どんどん速くなるなぁ~。

Gorugo1_2

味噌煮込みさんは、トイレに行ったわけではなく、
30㎞からレースをやめて沿道の応援に応えることに徹したようで、ジョグで笑顔を振りまいていたようです。
初めての仮装で大したもんです(笑)

Rorugo2

これで、秋までフルマラソンはお休み。
夏場は何も考えずに走り込みができるし大好きなシーズンの始まりです。

ごきげんよう。
さようなら。

Nagano02

Rap

2014年4月19日 (土)

子供神輿配達&富山県出張花見ラン

4月12日に富山市までお神輿の配達に行きまして

おいしい海の幸と、満開の桜を満喫してきました。

もちろんランナーなので、富山市内を走って散策しました~(笑)

http://youtu.be/HOdt9zHKFTI

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »