最近のトラックバック

« 2014年12月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年1月27日 (火)

第50回記念一色マラソン2015完走記

この大会に出るのは2008年以来だから7年ぶりになる。
前回出た時は、ものすごい強風で寒く、風と寒さが苦手なので、すっかり足が遠のいてしまった大会でした。

ところが、ランネットで大会を検索してると第50回記念大会だし、入賞すれば何かいいものがもらえるんじゃないかと思って(笑)ポチッとエントリーしたのでした。

朝、7時ちょっと前に、一人旅さんと合流してキャラバン号で一色入りしました。

05

会場では、たらちゃん夫妻、皇帝さん、コナン君、クラピカ君、まさやんさん、しんさん、どんぐりさん、豆さん、アイキチさん、、、、
他にもたくさんの走友さんがいました。(思い出しきれないので漏れてる人がいたらすいません(汗))

体育館の中に陣取り、アップに行こうと外に出た時に、ゲストでいらしていた宗さんにお会いしました。
写真を撮りたかったのですが、スマホを鞄に入れてきてしまったので握手をしていただきました。

3㎞ほどアップをしてみましたが、どうも最近は調子が悪い。
今回もあんまり走れそうな感じがしない。

ただ、唯一の救いは、毎年必ず吹き荒れる風が少ないこと。この感じなら海岸線でもそれほど吹いてないだろう。

07
スタートは前から2列目くらいでよーいどん!

02
足は重い感じだけど、レースの雰囲気が動かすのか、入りの1㎞は3分38秒。
そんなに無理してないのに、このタイムということはまずまず調子がいいのかもしれない。

次も3分43秒。若干の向かい風を感じながら一色大橋を上って行く。
橋を渡ると、一色さかなセンターの中をぐるりと回るレイアウトだ。

このあたりで、同級生のライバル豆さんが追いついてきた。
しばらく併走しながら、「我々は今何位なんでしょうかね?」と尋ねると、「さあ?」と豆さんも自分の順位がわからないらしい。

まあ、背中にゼッケンがないので、風貌で判断するしかないのだが、前を走るランナーさんがあきらかに同年代と思われる。
豆さんが、「彼は同年代でしょうね。でもすぐに落ちそうですけどね。」よくみると典型的なスタート突っ込みすぎランナーで早くもきつそうだ。

難なくパスして二人で併走しながら走って行く。

今日はこのまま、豆さんと抜きつぬかれつの試合になるんだろうな~と覚悟した矢先、腹痛が襲ってきた。

前夜は禁酒して、炭水化物を詰め込んだのに、今朝も味噌煮込みうどんとご飯を食べてきちゃったし。
まだお腹の中でこなれきってないようだ。

5㎞を18分50秒で通過し、海岸線を走って行く。
例年に比べれば大したことはないが向かい風も吹いている。

腹も痛い。

豆さんから少しずつ遅れだす。

いけない!と思い、間を詰めようとするが、腹痛もあって足が思うように動かせない。
ラップもキロヨンが精いっぱいだ。

徐々に離れていく豆さんを見ながら我慢の展開。

味沢漁港で右折して長い海岸線がようやく終わり、県道にでる。
コースは南向きとなり、風を感じなくなり、ちょっと暑くなった。

手袋を外し、ランパンに入れる。
あとで気が付いたのだが、このあたりで大事なナイキのレース用手袋を片方落としたらしい。
たらちゃんやまさやんさんが、落ちてるナイキの手袋を見たと言ってました。

再び、さかな広場に入って、10㎞。38分28秒で通過。

ペースの合う、二人の後ろで楽をさせてもらったおかげで、腹痛も収まったし、さあ、ここから反撃だ!

そんな時、後ろから皇帝さん登場!

アキレスけんの調子が悪いらしく、キロヨン以上で走ると言ってたのに、普通に3分50秒くらいで走ってる。
今まで着かせてもらったお二人とはお別れして、皇帝さんに着いていこう。

さかな広場をぐるりと回って、一色大橋の登り坂。

皇帝さんには普通についていたのに、この坂でペースアップをしてくれちゃったのか、ちょっと遅れてしまった。
そうすると、最近の不調はいかんともしがたく、ズルズルと後退。

せっかく挽回の使者が来てくれたのにもったいない。

スタート地点の中学校前を通過しどんどん南に行く。

右折して再び海岸線に出る。

ちょうどトップの東農大のユニの選手が走って行くのが見えた。

反対側を走ってくる知り合いを応援しながら進んでいく。
15㎞の通過は57分40秒。あと7㎞の辛抱だ。頑張ろう!

I黒さん、クラピカ君、豆さん(結構離されたな~)皇帝さんとエールの交換。

自分もようやく折り返しゴールに向かっていく。

向きが変わり、再び向かい風区間。

今度は自分が知り合いから応援される。

もう戻って行くだけだと思ってたのに、再び距離合わせの短い折り返しがあって心がちょっと折れる。

それでも県道に戻って来れば、ゴールは近い。

最後はどんどんビルドアップするつもりが、ラップはキロヨン程度までしか上がらない。

01

T部さんや、S野さんから応援と写真撮影もいただき、元気をもらって、必死のラストスパート!

03
ゴールタイムは1時間21分44秒。

記録証をもらうと、3位だった。

豆さんの前に、もう一人速い人がいたようです。

皇帝さんや、クラピカ君と無料のトン汁をいただき、大急ぎで着替えて、表彰式へ。

06

50回記念大会ということもあって、例年より賞品がよかったようです。
エントリーしてよかった~。

2位の豆さんと中身を比べたら、タオルが一枚多く入っているだけで、あとは同じものでした。

豆さんと記念撮影をして、いろいろとお話しして、帰路につきました。

04

久しぶりに出場した、一色ハーフですが、運営もしっかりしていていい大会でした。

コースは一色大橋以外はほぼフラットで走りやすいけど、風がふくからね~。
来年はどうしようかな~。

ゆめたろうや小牧も副賞が良さそうだし(笑)

まあ、ゆっくりと考えましょう。。。

最後にラップです。
3:38-3:43-3:51-3:40-3:55(18:50)
4:01-3:58-3:49-3:49-4:00(19:38) 38:28
3:42-3:55-3:56-3:40-3:56(19:12) 57:40
3:58-3:52-4:00-4:03-4:01(19:56) 1:17:36
4:08
total=1:21:44
年代3位入賞

2015年1月19日 (月)

第66回岡崎市民駅伝競走大会2015年

【岡崎市民駅伝1部6区/7㎞】

02

03
昨年に引き続き、アンカー7㎞走りました。

チーム能見との激しいデットヒートが予想される中、
ライバルの皇帝さん、A木部長、まきねぇと3人で池の周りをグルグルアップ。

会場入りする前にデニーズで飲んだココアが以外に重く、腹にたまってる感じでアップも重い。

それでも、短い流しを繰り返しているうちにいつもの感じになってきた。

予定通りの時間に来ると信じて、中継所で待機。
東海クラブのデリカさんが呼ばれてすぐに中総も呼ばれた!

リレーゾーンに出てzakiさんを応援してたら、すごいスピードで入ってきた。
でも、まさかの繰り上げ白襷!

頭の中が「?」でいっぱいになったけど、
ここの中継所でも2部のトップが予定よりかなり早くやってきたから、
繰上げが早くなったらしい。

いろいろと工夫して2部制にしたが、速いランナーが優勝狙いで2部に出るようになってしまっては本末転倒。

私案だが、2部は女子と一緒のサンピアスタートにするか、
六名体育館で1部のトップが通過するまで待機させるかしないと、1部の上位チームでも繰上げになってしまうというこのような状況は改善しないと思う。

走り出すと、50mほど前にデリカさんが見える。
いつもならあっという間に見えなくなるのに、1㎞走っても差はほとんど変わらない。
「あれ?突っ込みすぎたか?」と思って時計をみたら、3分30秒で1㎞通過。
どうやら昨年並みらしい。

ここからは下り坂だから、呼吸を整えながら走って行く。

次の1㎞は3分31秒。

ここからは狭い道を右に曲がったり左に曲がったり。
呼吸が苦しく、ペースを落としたくなるが、前をみると、同じ部門の白ゼッケンが二人いるし、すぐ後ろにも一人。
後ろの彼とは、何度も抜いたり抜かれたりしている。

美合の交番から一号線の下を通るのだが、今年も曲がりきれずに壁面に激突しそうになった。

2部の中継所で競い合ってた中学生とお別れ。

繰上げタスキで走ってるので、前の白ゼッケンを抜いても順位の変動がどうなのかわからない。
箱根の復路みたいに、見た目の順位と実際の順位が違うので、どうしても追いかけるモチベーションがあがらない。

しかも、この白タスキはただの輪っかになってるだけで、キュツと締めれないため、何度も肩から滑り落ちて気になって仕方がない。
アンカーなのに外して走ろうと思ったくらい。

後ろの皇帝さんは僕よりどれくらい後からもらったんだろ?

どんどんランナーを抜いていくが、たまに後ろから速い足音が近づいてくる。
冷やっとして振り向くと中学男子だったりする。

このアンカー区間はほとんどが追い風だが、5㎞~6㎞は向かい風がきつい。
皇帝さんを気にしながら必死で粘る。

最初から抜いたり抜かれたりしているランナーに離されかける。

寿司屋で右折してラスト1㎞。
ダラダラとした登り坂を上ってると、先ほどのランナーが落ちてきた。
後ろで休もうとも思ったけど、ここは一気に抜いて前を走る。

01

09
中総のゴマさんを応援しながら追い抜き、すぐ後ろにいる白ゼッケンから必死で逃げる。
心臓が出そうだ!

ゴールが近づいてきた。
信号で右折して、どうやら逃げ切った!と思った瞬間、最後の最後にさされた!

最後まで競り合った若いお兄ちゃんがお礼を言いに来た。
お礼を言うくらいなら最後は年配者に譲りなさい(笑)

ゴールタイムは25分12秒で昨年より2秒速かった~
チームも1時間45分56秒で8位の好成績!!
チーム能見にも勝てたし大満足です♪

その後は、いつものようにけんたま屋で打ち上げ会
たくさん飲みまくり、大事なユニフォームが入った着替えの袋をスーパー銭湯に忘れてきちゃったけど、今朝、走って引き取りに行ってきました。

皆さん、お疲れ様でした。
監督のエムさん、おさむさん、お世話になりました。

最後に、酔っ払い夫婦を自宅まで送ってくれた、けいちゃん、本当にありがとうございました。

【ラップ】
2015年 3:30-3:31-3:40-3:40-3:56-3:40-3:12=25分12秒
2014年 3:31-3:32-3:39-3:37-3:55-3:45-3:15=25分14秒

10

 

2015年1月14日 (水)

第9回みのかも昭和村マラソン2015完走記

今回で3年連続となる、みのかも昭和村10㎞に参戦してきました。

過去2年は年代優勝してお米をゲットしてきた大会で、今年もお米を獲得するべく参戦いたしました。

ちなみに、過去のタイムは
2013年が36分23秒、2014年が36分29秒だった。

ここのコースはスタートから1㎞は激しい下り坂なので、例年、息もあがらず下って行くのだが、
今年はなぜかスタート直後から息が上がって苦しい。

前を見ると、例年競い合うI田さんと、もう一人50歳代のゼッケンを付けた細身のランナーがいた。

彼らについていかないといけないのに、早くも激しくなってしまった息遣いで、その後の登り坂で一気に心臓が苦しくなり、どんどん離されてしまった。

それでもそのうち、楽になり、追いかける展開になると思っていたが、前日のインターバルがいけなかったのか、正月に飲んだくれていたのがいけなかったのか、まったく楽にはならず、苦しいままの展開。

前の二人はどこにも見えず、それどころか、後ろには同じ50歳代のゼッケンをつけた二人のランナーが。

自分を含めて6㎞付近から3人での抜きつ抜かれつの激しいバトル。

7㎞からゴールまではず~っと登り坂なのに、二人につつかれて、心臓が飛び出そうだし。

3位は何がもらえるんだろ?
きっと4位や5位よりいいものがもらえるんだよな。

そう思うと、この二人に負けるわけにはいかない。

ラスト300mの直線勝負に持ち込んで逃げてやる。

後ろに終始足音を感じながら、精いっぱいのラストスパート!

並びかけられたけど、なんとか逃げ切って3位。
4位のランナーとは記録上は同タイム。5位とは1秒差の僅差でした。

自分では昨年並みに走ってる感じで、上位の二人が速いと思ってたけど、
自分のゴールタイムは37分27秒で、昨年より1分も悪い。
道理で上位の二人に離されるわけだ。

ちなみに優勝タイムは36分28秒で、普通なら戦えるレベルだっただけに、なんで急に走れなくなったのか?
ちょっとショックでした。

3位の副賞は味噌だったので、味噌を使った料理をたくさん食べて強くなろうと思います(笑)

Minokamo1


Minokamo2

表彰式の後、つくばマラソンの終盤で励まし合ったI田君に出会ったことがうれしくて、悔しさが吹っ飛んでしまいました~

しばし談笑した後は、何も見ないように、聞かないように、車の中は音楽にして、
急いで帰って、録画しておいた全国女子駅伝を追っかけ再生で鑑賞。

すると、途中で買い物から帰ってきた家内が、
「今、結果を車の中で見ちゃったよ~」っていうので、
「絶対言わないで!!」とお願いしたのに、
レイザーラモンRGのマネをしながら、
「駅伝のあるあるを言いたい♪」
「早く言いたい♪」
って歌いながら調理を始める始末(笑)

頼むから絶対言わないで!!
と嘆願して、アンカーのデットヒートを堪能しました。

それにしても、愛知の追い上げはすごかった!
負けたけど、すごく刺激をもらいました。

最後にラップです。
(上段が昨年で下段が今年)

2:41-3:46-3:36-3:43-3:27-3:34-3:58-4:09-3:58-3:28
2:41-3:58-3:43-3:52-3:36-3:39-4:02-4:18-4:05-3:26

Sinbun_2

« 2014年12月 | トップページ | 2015年3月 »