最近のトラックバック

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月22日 (水)

第17回長野マラソン2015完走記~23回目のサブスリー達成~

4年連続5回目の長野マラソンに今年も行ってきました。

今回も、10人乗りのレンタカーをチャーターしてみんなでワイワイと行きました。

03

毎年、ピカチュウの帽子をかぶって、参戦しているので、今回ももちろんピカチュウです。

01

長野駅前のホテルを6時過ぎにチェックアウトして、いつもの若里の駐車場に車を停めて、シャトルバスで会場入り。
近くの神社で快走祈願をしてシールをもらいました。

05

06

そして、7時45分くらいに、荷物を預けて、スタート位置のBブロックに並びました。
前から10列目くらいでしょうか。

07

スタートまであと40分くらい。せっとんさんや、金太郎さんや、H尾君と談笑してたらすぐに時間は経過していきます。
でも、後から来た人が、人をかき分け前に行くのは閉口しちゃいますね。
チームユニフォームを着てそういうことして、恥ずかしくないかね??
前に並びたければ早く並べばいいのに。
それに、Bブロックのこの位置ならネットタイムも計測してくれるので、まったく問題ないのにね。

Qちゃんのストレッチやら、DJさんがいろいろと盛り上げてくれるから、あっという間にスタート時間。

8時30分ちょうどにピストルがなり、今年も楽しい長野マラソンが始まりました。

52歳の初老のオヤジなんですが、ピカチュウを頭に乗せてるだけで、大人気です。
沿道を埋め尽くした観客から、何度も呼ばれます。

ピカチュウを被っている以上、それらの声援には絶対応えなければいけません。
特にお子様からの声援に無視をすることは、ピカチュウに申し訳ありません。

「ピカチュウ頑張れ!!」と言われたら、手を挙げて応えながらのランとなります。

10

今回もピカチュウ以外にもいろいろな呼ばれ方をしました。

「かわいい!!」
これは女子高生のボランティアさんからよくかけられた言葉ですが、ちょっと照れますね。なんせタダのオヤジですから(笑)

「ポケモーン!」
これも多い。

「ほら!あれ!なんだっけ!」
年配の人に多いよね。僕もだけど、最近はとっさに名前が出ませんから。。。

「アニメの人!」
何とかして声をかけたい気持ちが伝わってきます。ありがたいことです。

「帽子がかっこいいじゃねぇか~」
30㎞手前で大きな声で応援してくれたおじさん、忘れませんよ~!ありがとうございます!

「あ、あの人去年もいたよ~!ピカチュウがんばれ!!」
これはうれしかった。覚えていてくれて大感謝。来年もお邪魔します。

「あ!おっさんのピカチュウが来たよ!」
10㎞付近で、男の子からの声援です。
これには、周りのランナーさんも爆笑!
まあ、当たってるから何にも言い返せませんが(笑)

特に、善光寺の角を曲がってからの応援がものすごい!
両サイドから大声援。

思わず両手を広げ、観客の声援に応える。まるでスターになった気分。
ここを走るたびに、長野に来てよかったと思える瞬間。

このあたりから、ずーっと、後ろに女性の気配が。
美ジョガーを引っ張りながら、キロ4分10秒以内のサブスリーペースで巡航していました。

11

給水所でチラっと見た横顔が、エリンギさんに似てるけど、確信が持てない。
彼女はフルマラソンはまだやったことがないし、お初だった1月のいちのみやタワーパークの時はマスクしてたし、今回はサングラス。
まともに顔を全部見たことがない(笑)

それでも、ずーっと一緒に行きそうな感じだったから、どこかで思い切って声をかけようと思ってたら、
Mウェーブ手前で、彼女について行けなくなってしまった(汗)

12

自分のペースが遅くなったのか?

15㎞までの5㎞ラップは
20分17秒~20分21秒~20分33秒だった。
若干の遅れだけど、これを無理に着くと、後半に響く気がした。

ましてや、前回の静岡マラソンでは、普通にサブスリーで走る予定が終わってみれば3時間11分。
今回は、慎重に走って、確実にサブスリーをやらないと、秋のメインレースまで引きずるような気がしてた。

エリンギさんらしき人はどんどん小さくなって行っちゃったけど、5㎞を21分以内のペースをなんとか維持していき、
中間点を1時間26分48秒で通過。

あまり余裕が感じられないというか、急にきつくなってきた。

実際、20㎞~25㎞のラップが21分23秒もかかり、サブスリーに黄色信号点灯。

きつく感じるのは、メンタルの部分も大きい。
沿道からのピカチュウへの応援になるべく笑顔で応えることで、脳から「辛い」の信号を消し去る。

子供たちとハイタッチして、力をもらう。

そうしてると、回復してくるから不思議だ。

実際次の5㎞は21分15秒とちょっと復活。

上越自動車道をくぐって、高速沿いの「ふたこぶラクダ」の手前で30㎞。
タイムは2時間04分47秒。

アミノバイタルゼリーを投入し、「こぶ」を攻略したらかなり脚にきちゃった。

そして再び高速をくぐって、堤防道路に出る。

残り10㎞だ。

いつもの練習コースの堤防に重ねて、残り距離をイメージする。

折り返しの岩野橋は、もう一つ向こうの橋だと思ってたら、
みんなが橋を渡って行く。

「あ、もう岩野橋に着いたんだ。」なんか得した気分♪

橋を渡って戻ると、若干だけど、向かい風が襲ってきた。

もうギリギリで走ってるので、ちょっとの向かい風でも心が折れる。

すぐに35㎞のマットを2時間26分50秒で通過。この間22分03秒もかかっちゃった。
間に合うのか?
残り7㎞だから、キロ5かかったら、サブスリーはできない。

実際、今の自分のペースはキロゴくらいに感じる。

必死でペースアップを試みたら、左の手のひらがしびれだした。

そんな苦しいときに、マモさんからの応援!

09

まさか堤防にいるとは。自転車での応援だったので、堤防には入ってこれないと思ってたからめちゃくちゃうれしかった。
これでちょっと勇気が出た。

しかし、この勇気もすぐ折られてしまう。

サブスリーのペースメーカーを先頭にした、10人程度の集団にここで追いつかれてしまった。
びっくりして振り返り、ペースメーカーさんに「ギリギリなの?」って訊くと、
「大丈夫です、1分ほど余裕がある」と言います。

そうか、大丈夫か。っていうか、1分しかないのかよ!!(大汗)

じゃあ、ここで抜かれるわけにはいかない。
最低でも最後の直線道路に出るまでは、前で粘らないと。

必死で抜かれないように前で走ってると、足が痙攣して苦しそうなえりんぎさん発見。
本当は停まって元気をつけたかったんですが、僕もタイム的にも余裕がないので、
「あと、ちょっと、頑張りましょう!」的な言葉をかけて、先に行かせてもらいました。

後で、聞くと、前日から体調不良で、脱水から痙攣になったようです。
それがなければ、初フルで間違いなく2時間55分は切ってたと思います。残念ですが、良く頑張ったと思います。お疲れ様でした。

絶対に、最後の直線までは抜かれないぞ!って強く思って粘ってたからなのか、
最後の直線に曲がる交差点が見えたら、力が抜けて抜かれてしまった。

毎年、必ず思うのだけど、ここの直線はとにかく長い。長すぎる。
実際は2㎞ちょっとなんだけど、感覚では10㎞くらいに感じる。

1分は余裕があると言ってたから、あのビブスをつけたペースメーカーが見える範囲なら、サブスリーできるはずだ。

40㎞のマットを2時間48分34秒で通過。この間21分44秒と、ペースメーカーの前で粘ったお陰で、残り2.195で11分以上の余裕ができた。
ここでようやくサブスリーを確信。

もちりんからも熱い声援をもらい、さらに元気が出た。
彼女もあちこちに出没して、たくさん応援してもらいました。お陰でサブスリーできそうです。
本当にありがとうございました。

長かった直線道路もようやく終わりが見えてきた。
ゴールがある競技場に向かって左折する。

ここでもピカチュウは大人気。苦しみでゆがんだ顔が笑顔に変わる。
そう、あと少しだけ。最後は笑っていこう。

野球場のフワフワの人工芝を走り抜け、いつものようにグリコのポーズでゴール!!

タイムは2時間58分33秒
自身、35回目のフルマラソンで23回目のサブスリー達成でした。

ゴールすると、ちょっと前にゴールした、大将さんが、いたので、しばし談笑しながら、3時間ギリギリで入ってくるランナーを応援。

メダルやタオルをもらって、荷物を返してもらい、わずかに降り出した雨に濡れないように、体育館の軒下で、みんなと合流。

02_2

豆みのさんは、2時間40分を切ってたし、せっとんさんも不満ながらも53分台で自己ベスト達成。
H尾さんも故障明けですが、サブスリー返り咲きで喜んでいました。
金太郎さんは、残念ながらサブスリーならずでしたが、これから練習していけば、秋には復活するでしょう。

たらちゃんは堅実な走りだったし、一人旅さんも計画通りサブ4でゴール。

みんなで、レンタカーで帰路につきました。

3日間禁酒の反動か、帰りの居酒屋レンタカーで飲みまくり。
これも含めて長野マラソンは最高です。

何より、年々進化している運営が素晴らしい。
そして、途切れることの無い、沿道からの応援。
遠くにはきれいな雪山。菜の花や桜。こんな大会はなかなかありません。

僕もシルバーのゼッケンをつけれるまでは行こうと思います。

もうすこし、ホテルが取りやすくなれば言うことないんですけどね~。

最後にラップです。

04

2015年4月13日 (月)

第30回焼津みなとマラソン2015完走記

朝6時に自宅を出発し、デコママと焼津みなとマラソンに行ってきました。

Katuo02

愛犬のロコを留守番させているので、あんまり長時間の外出ができません。
そのため、早く終わる10㎞に夫婦で参戦しました。

大会指定の駐車場に入れてしまうと、11時スタートのハーフが終わるまで出れませんので、焼津駅近くのコインパーキングに700円で駐車し、徒歩で会場入りしました。

現地では、ミチミチみっちゃん、やぎさん、岩さん、くれよんさん、コナン君と出会うことができました。

今回は、第30回記念大会ということで、二人に一人カツオが当たるという大盤振る舞い!
過去は一度も当たってないけど、半分の確立なら、夫婦で出てるから最低でも1匹は捕獲しないとね。

箱根駅伝にも出る関東の学生がたくさん参戦することもあって、ハーフがメイン種目のこの大会。
10㎞はハーフが始まる前の9時40分スタートです。

まず焼津の漁港を適当にアップしました。
天気はいいのですが、けっこう風が強い。
折り返してからの帰りの向かい風が心配になります。

ユニフォームに着替えて20分ほど前にスタート位置に行くと、すでにたくさんの人が並んでいました。
でも、ここは、陸連登録の人は前に並ばせてくれるから、遠慮なく一番前に並びました(笑)

そして定刻の9時40分にスタート。

いきなり飛ばすと、すぐに息があがり、失速しちゃうので、まずは、無理のないペースで走って行きます。

オーシャン通りに出て、気持ちよく走っていき、1㎞のポイントで時計を確認すると、3分31秒。
そんなに飛ばしてる感覚はないんだけど、このラップ。
「距離が短いのか?」
いや、公認コースだし、そんなわけはない。周りでも何人かのガーミンが鳴っていた。

そうか、追い風なんだ。道理で、このスピードなのに呼吸が楽なわけだ。

背中にもゼッケンがついているので、同年代のランナーを探す。
3位までに入れば、飛び賞以外に確実にカツオがゲットできる。

確認すると前に3人いる。ということは自分は現在4位か?

追い風に押されながら、次の1㎞は3分35秒。次は3分33秒。

この間に一人づつパスしていき、残るはあと一人。

徐々に詰めていき、しばらく後ろにつく。

なんとなく、前の同年代さんは、疲れてきているような感じがしたので、横に並んで呼吸を観察。

かなり、きつそうだ。

折り返しての向かい風区間で利用されるのも嫌なので、思い切って引き離しておこう。

次の1㎞は3分39秒。

後ろには、同年代の気配は感じなくなった。

5㎞の折り返しに向かっていく。

500mほど行くと、先頭が折り返してきた。

目をこらして、反対側をすれ違っていくランナーのゼッケンをチェックする。
7000番台が50歳代だが、一向に来ない。

ということは、やはり、自分が一番なのか?

と、思ったら、一人走ってきた。しかもかなり離れてる。30秒程か?

そして、年代2位で折り返し。

そしたら、忘れてた、向かい風が襲ってきた。しかも強烈!!

ここからあと、5㎞もこの風と闘うのか・・・・。

そう思ったら、急に動かなくなった。

でも周りもみんな一緒で、それほど離されるわけじゃない。

なんとか粘って今の順位を維持しないと。

前回みたいに、入賞したのにカツオ無しじゃあつまらないので、最低でも3位以内に入らないと。

折り返してからのラップは10秒以上落ちてるけど、必死で粘る。

風邪をひいて本調子じゃないと言っていた、コナン君や、デコママから応援されて走って行く。

残り1㎞を切って応援が多い、オーシャン通りに戻ってきたとき、ミチミチミッチャンから大声援を送ってもらった。

右折を繰り返し、ゴールに向かって残り約500m。

後ろを確認すると、同年代さんはいない。

2位を確信するとともに、来週の長野マラソンへの刺激入れでの大会参戦という目的もあり、ラストスパートは厳禁だ。

ゴールに向かって流していると、勢いよく誰かに抜かれた。
あわててゼッケンをみると他の年代だったので、無抵抗でいたら、
「おい!黄色!もっと頑張れ!」ってコース脇の知らない人から言われちゃったし(汗)
こっちは、長野前の調整だからこれでいいんですけど(笑)

最後は山さんみたいに、ゴールのマットでつまずかないように気を付けてゴール。

タイムは37分16秒だった。
3月の不調期からすれば、かなり戻ってきてる感じです。

記録証を見ると、やはり年代2位。
しかも、二人に一人に当たるカツオは順位の下一桁が偶数の人ということで、
こちらでもカツオゲット。

ということは、上位8位の入賞者のうち、いちばんおいしいのが2位じゃありませんか!!
今まで、さんざん取り逃がしてきたけど、今回はお釣りが来たよ(笑)

でも、デコママは奇数の順位でカツオを逃しちゃいました。
まあ、二人暮らしなので、そんなにもらっても食べきれないから、来年に取っておきましょう。

その後、表彰式をやってもらい、

Katuo01



隣で開催中のみなと祭りに行って、
海鮮丼と干物などを購入して、大急ぎで家に帰りました。

帰ってから、カツオをさばいて、新玉ねぎとネギをコチュジャンなどの調味料で和えたソースを作って、ユッケ風に調理。
カツオに乗せて食べたら、これが絶品!!

Katuo03

夫婦二人なのに、缶ビールが10本も開いちゃいました(汗)

この大会は運営もよくていい大会です。
また来年も夫婦で参戦しようと思います。

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »