最近のトラックバック

« 第47回岡崎マラソン2016完走記 | トップページ | 横浜マラソン2016完走記~27回目のサブスリー達成~ »

2016年3月 1日 (火)

第2回姫路城マラソン2016完走記~26回目のサブスリー達成~

第2回の姫路城マラソンに初参加してきました。
昨年も申し込んだのですが、抽選で外れ、しかも、みなさんのレースレビューがすばらしく、一度は走ってみたいと思ってエントリーしたところ、運よく当選しまして、走らせてもらうことになりました。

走ってみると、噂通りの素晴らしい大会で、本当に楽しめました。
姫路のみなさん、たくさんの応援ありがとう!姫路最高!!

Himeji02

以下は、完走記となります。(長文ですが・・・)

お城の近くのホテルをチェックアウトして会場へ。

地下駐車場が男子更衣室になってるので、もし雨でも大丈夫だろう。
しかも、新幹線の姫路駅からお城までは商店街のアーケードを歩けば濡れずに来れるし、昼間からやってる飲み屋さんが多く、レース後の打上げにも困らない。
そんなこんなで、帰りが遅くなってしまったのだが・・・(笑)

駐車場で支度して、外のトイレに行くと、hiro-451さんと偶然ばったり。
お互いに健闘を誓い合って、スタート位置に並ぶ。

横には、チーム能見の杉浦君。
彼はこの大会で2時間50分カットを狙っているというので、
250カットの先輩から為になるのかわからないアドバイスを送ってた(笑)

日中は暖かくなるという天気予報だが、まだ2月の早朝は寒い。
冷たいアスファルトに座ってスタート時間を待つ。この時間が毎回辛い。
さっき行ったばかりなのに、またトイレに行きたくなるから不思議だ。年のせいかな?(笑)

後ろから声をかけられ、振り向くと、さんじゅうこさん。
毎度、毎度の応援ありがとうございます。

太鼓の演奏、寛平さんのエールなどが終わり、ようやく9時になってレースが始まった。

1月17日の市民駅伝をピークに下って行った調子は、ここ1週間で上昇の兆しを感じらはしたが、
2時間50分を切ったつくばマラソン前の状態には程遠く、新年最初のレースの姫路城は、なんとかサブスリーを死守する走りになりそうだ。
そのためには、5000mのラップを21分以内に収めてレースを進める必要がある。

スタート直後から10㎞付近までは、昨年の女子チャンピオンのT中選手を中心とした、8人程度の集団の後ろで淡々と走った。
もちろんこの中には能見の杉浦君もいる。

キロヨン程度のペースなんだけど、今日は何故か、ちょっと無理しないとつけない感じだ。

姫路城マラソンのコースは漢字の「人」という文字の形に似ている。
千鳥のネタじゃないけど、上が長くて文字のクセが強い(笑)

Kosu

その文字の頂点の15㎞過ぎまではず~っと緩やかに登っている。
その地形のせいなのか、キロヨン維持ができたのは10㎞までで、集団からは徐々に遅れだす。

今日の目標は最低でもサブスリーなんだから、無理にキロヨンにこだわる必要はない。
気持ちのいいペースで走ればいい。

このあたりは独りで淡々と走っていたけど、
この大会は、沿道の応援が途切れるところがない。

例によって今回もピカチューをかぶって走ってるので、子供から大人まで、まさに老若男女からものすごく応援してくれてありがたい。
改めてピカチュウの人気に驚くくらいだ。

そんな時、沿道から、ピカチュウではなく、「でこちゃん!」と応援してもらった。
僕のブログの読者なんでしょうか?本当にうれしかった。

さらに、一昨年、お神輿の配達で兵庫に来た時に、一緒に青野湖でペース走してもらった、裏六甲サブスリーの人たちからは、コースのあちこちで、盛大な応援を頂き本当に励みになりました。ありがとうございました。

沿道の応援にはいろいろな人がいて、印象に残ったのが、小学生低学年くらいの女の子。
お盆にチョコレートみたいなものを乗せて、ランナーに取ってもらおうとしていた。

僕はこのころ、独りで走ってたので、あきらかに、僕に取って行って欲しそうな瞳を投げかけてくる。
まだ序盤だし、チョコは食べれないし、丁重にお断りするすると、
「なんでやねん!」って流暢な関西弁で突っ込んできた!(笑)
さすが、関西。思わず爆笑しちゃったし。

15㎞を1時間00分28秒で通過すると、折り返しまであとわずか。

折り返してしまえば下り坂になるから、気持ちよく走ってるペースも上がってくるのかな?
って思いながら折り返したが、不思議とそれほど、コースが下ってる感じはしない。
しかも向かい風がきつくて、体温と体力を奪っていく。

順位を数えているおじさんがいて、60位だと教えてくれた。

25㎞を通過すると、ようやくクセの強い「人」の文字の上の部分終了。
書写山の横で、再び裏六甲の人たちから熱烈応援!

そのあとの横関の交差点で右折して夢前川の橋を渡る。
ここの応援団はすごかった。
道の両側にすごい人!
その全員がピカチュウを応援してくれる。ちょっと鳥肌がたったし。

「人」の文字の左側の折り返し区間は
ここから夢前川沿いをひたすら南下して新蒲田橋まで行くのだが、ここがめちゃくちゃ長く感じた。

その途中で30㎞。
2時間01分54秒で通過する。
かなり、消耗しているのがわかる。ポーチからアミノ赤を出して補給する。
あと、たったの12㎞。頑張ろう!と言い聞かせるが、脚が徐々に動かなくなってくるのを実感する。

30㎞~35㎞まではサイクリングロードに入るのだが、
ここも、沿道にはぎっしりと人がいて、本当に熱心に応援してくれる。
その人たちとハイタッチをしながら、気分を紛らし、なんとか動かしていく。

35㎞までの5㎞は21分33秒もかかったけど、2時間23分27秒で通過したので、残り7㎞ちょっとを36分で走ればサブスリー達成だ!

ということは、キロゴでもいいじゃん。よかった!なんとかサブスリーできそうだ。

そう思ったら、安心したのか、本当にキロゴ近くまでペースが落ちていく(汗)
でもあんまりギリギリだと、何かあった時に対応できないので、必死で粘る。

長かったサイクリングロードもようやく終わり、最後の仕上げの「人」と言う文字の右側へ。

昨年の10月にお神輿の配達で姫路に泊った時に試走した道だ。

あの時は、あっというまに着いた姫路城だけど、なかなか着かない。

ペースも落ちているので、ランナーにどんどん抜かれる。
ゴールは74位だったので、14人いや、途中で抜いた人もいるからもっと抜かれたらしい。

裏六甲の人たちはどこから出てきたのか、このあたりでも熱烈応援。

道の両側を埋め尽くした沿道からは、ピカチュウの大声援。
それらに応えたいのだが、手が痺れてきて、うまく動かせない。

もう限界を超えている。フルマラソンってこんなに辛かったっけ??
二週間後の横浜マラソンに行きたくなくなってきたし(笑)

ペースは落ちたものの、一歩一歩進めて行けば、必ずゴールは来るもので、
ようやく姫路城の横に出てきた。

このあたりは過去の出張ランで何度もグルグル走った道だ。
大手門をくぐり、姫路城公園内へ。

ゴール写真に姫路城を入れたいのでしょう。
公園内をぐるりと回り、姫路城を背にしてゴールゲイトをくぐるレイアウトになっている。

幸い前後にランナーはいないので、
たくさん写真を撮ってもらうべく、ゴールまでのストレートはいつものように両手をひろげ駆け込んだ。

タイムは2時間56分49秒。総合順位は74位。年代は6位だった。
何とかサブスリーできてよかった。

これで、通算38回目のフルで26回目のサブスリー達成。
さらに9年連続サブスリーとなりました。
目標の10年連続まであと1年です。

走る前から、良くて2時間55分くらいかな?って思ってたので、まあ、予想通りの結果になった。

ゴールしてトボトボ歩いていたら、杉浦君が待っててくれて、タイムを訊くと2時間52分台だったらしい。
まだまだだな(笑)
そう簡単には2時間50分は切れませんから(笑)

ゴール後の導線にしたがって歩いていくと、何故か動物園の中を通って、フィニシャータオル、飲み物や、フランクフルトみたいなやつや、甘酒、メダルや記録証をもらって、地下の駐車場で荷物を受け取り、着替えて、打ち上げ会場へ向かった。

1週間禁酒の反動は凄まじく、ビールを2.35リットル+焼酎と飲みまくり、フラフラで家路へ(汗)

新幹線で寝ちゃって名古屋を乗り過ごすと、2週間後に行く横浜まで行っちゃうので、必死で起きて、スマホをいじって、走友さんに返事を送ったりしながらなんとか名古屋で降りることができました。

第二回の姫路城マラソンに初参加いたしましたが、
2回目の開催とは思えないくらい、いい大会でした。

運営はしっかりしていて、ランナーの導線も非常に考えられていて、ストレスがまったくありません。
さらに、素晴らしいのが沿道の応援です。

過去たくさんの大会に出てきたけど、これほどまでに途切れることのない応援は東京マラソンに匹敵する。
しかも大都会東京都違い、道が狭い分、応援が近い。
これは本当に励みになる。

毎年出たい大会がまた一つできてしまった。
でも、ここも抽選なんだよな~。

来年も当たりますように・・・

Rizaruto

仕事柄、姫路駅構内に飾ってあったお神輿が気になりました。
とっても立派なお神輿だったので、しばらく見入ってしまいました。

Himejimikosi01

« 第47回岡崎マラソン2016完走記 | トップページ | 横浜マラソン2016完走記~27回目のサブスリー達成~ »

コメント

お疲れさまでした。
私は昨年に続き2度目の姫路城マラソンでした。
スタート前にお目にかかれましたが若干位置が遠く声をかけるの諦めました(泣)
昨年は小雨で風もさほどなかったので走りやすかったですが今年は暑さと風がキツかったですね。
このコースは前半速めに行くと痛い目に遭うのを感じました。
私も前半に脚を使ってしまい大失敗でした。

でこさんの2:56:49…昨年の私と同タイムです(笑)
昨年の経験上10~15kmが最も上るのでここを抑えて折り返し後も無理に切り替えない方が30km以降に走れる気がしました。
私も昨年出てこの大会気に入りました。
来年リベンジしたいけど抽選が…

長々とすいません。お疲れさまでした。

■つよしさんへ

走ってみて、それほどアップダウンは感じませんでしたが、
風は感じましたね~。しかも常に向かい風(笑)

30kmからが本当のマラソンで、ここはごまかしがききません。
練習がしっかりできていれば、昨年のつよしさんのように体力が湧き上がってきますからね~。

長野では、しっかりと再構築して勝負しましょう♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194269/64217918

この記事へのトラックバック一覧です: 第2回姫路城マラソン2016完走記~26回目のサブスリー達成~:

« 第47回岡崎マラソン2016完走記 | トップページ | 横浜マラソン2016完走記~27回目のサブスリー達成~ »