最近のトラックバック

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月16日 (水)

横浜マラソン2016完走記~27回目のサブスリー達成~

【横浜マラソン2016】

都市型マラソンなので仕方がないことではあるが、
8時半スタートというのに、7時過ぎにはAブロックに入った。

各ブロックの入り口は、それぞれの一番後ろにあって、入り口では、スタッフがゼッケンをチェックしいた。
昨年はブロック閉鎖後も、
分離帯を乗り越えて入ってくるランナーがいたということだったが、
分離帯にはロープが張られ、スタッフが等間隔に立ち並び、今年はそのあたりは改善されているようだ。

Aブロックに入って前に歩いて行き、みんなの後ろに並んだ。

最低気温3℃ほどの寒さの中、前から5列目ほどに並んで、冷たいアスファルトに腰を下ろして約90分間の我慢大会開始。

昨年の大会レポやブログを読んでみると、
スタート後にコースが狭くなることで、かなり渋滞するということで、早めに並んでいたのに、スタートまであと45分くらいから、並んでるランナーをかき分けて、後ろからどんどん入ってくるヤツの多い事(驚)

電車だって、遊園地だって、スーパーのレジだって、人気のラーメン店だって、日本人はみんなちゃんと並ぶよね~。
2週間前に出た、姫路城マラソンではそんなランナーは一人もいなかったのに、、、。

前からスタートしたければ、早く並べばいいのに(怒)
でも気弱なピカチュウはちょっと睨む程度しかできなかったけど・・・。
関西やったら、「おい!なにしてんねん!みんな早から並んどんねんど!後ろにいかんかい!」って誰かが突っ込んでくれそうなんだけど・・・

結局スタート時には前から15列程度になってたし。
ほんと、ランナーのモラルを疑うよ。

で、8時半にアンバサダーの剛力彩芽さんに見送られスタート!
それにしても顔、ちっちゃ!!(笑)

無理して前に入り込んだランナーたちの動きの悪い事(怒)
右へ左へかき分けて、500mほど走ったところでようやく普通に走れるようになったし。

普通に怒りがこみ上げてくるけど、頭にピカチュウ乗せてるので顔は笑顔で沿道の応援に応えてい行かなければ。

朝早くから、沿道にはたくさんの人が応援してくれる。

最初の1㎞で時計をみたら、3分45秒くらいだった。
距離がおかしいのか、調子がいいのか??

2㎞地点でも、キロヨンで走ってるつもりなのに、3分台のラップだ。

2週間前の姫路よりかなり動くので、2時間50分カット目指して走ろうと心に決めて、ペース維持。

3㎞ほど走ったところで、前方に、ゲストの味噌煮込みさんじゃなくて鶴見辰吾さんが走ってた。
サブスリー宣言をしていたけど、いくらなんでも早すぎやしませんか?
「頑張りましょう!」とエールを送り、「ちょっと早くないですか?」と注意しようとしたのに、給水ポイントに行ってしまった。
ゴールタイムをみると、後半失速していたので、もっとしっかりアドバイスしとくべきでした(笑)

Map_01

横浜スタジアムの周りをぐるりと回ると、大声援の5㎞ポイント。
19分19秒で通過。
身体は軽い。このままどこまでも行けそうな気分。

山下公園や、港の見える丘公園の前を走ったらしいけど、沿道の応援に応えていたから良く覚えてない(笑)
10㎞の通過は39分01秒。ラップは19分42秒だ。

相変わらず体は軽い。こういう時は後半に備えて無理にラップを落とすより、気持ちいペースで走った方がいい事は最近のレースから得た教訓だ。
それと、これくらいのペースで序盤を走っておけば、はまった時は2時間50分前後あまで行けるし、後半落ちてもサブスリーは逃さない。

それにひきかえ、序盤を安全運転で行くと、良くても2時間55分程度に落ち着き、悪いとサブスリーを逃してしまう。
今回も最低でも前半はキロヨンで行こう。

このあたりは、折り返してから走ることになる高速道路の下の道で、応援も少なく、またランナーも周りにいなくて、独りで淡々と走った。

根岸辺りで再び応援が多くなり、15㎞を59分27秒で通過。
ラップは20分26秒。あれ?同じように走ってるつもりなのにちょっと落ちてる。

フルマラソンはここからの15㎞の走りが大事だ。
あまり足を使わないように、リズムに気を付けて、今までのように無心で15㎞を走ることで、残り12.195㎞の脚が残る。

16㎞付近の第6給水ポイントは唯一楽しみにしていたバーテンダーエイド(笑)
僕を見つけた美人バーテンダーさんは、「ピカチュウ!飲んでって~!!」と言って、きれいな色のカクテルを手渡してくれた。
さすがにノンアルコールだと思うけど、甘くておいしかった~!

この横浜マラソンの良いところの一つに、全部で18か所もある給水ポイントすべてにいろいろなパフォーマンス集団が併設されているところだ。

ひとつも取らなかったけど、ラッキー給食なるものもある。

Yoko12

チアダンス、ゴスペル、寒そうだったサンバカーニバル、和太鼓集団、ベリーダンス、体育会系、アメリカンバイク集団などなど・・・
どれもこれも、ものすごく応援してくれる。
ピカチュウは大人気で、有名人になった気分が味わえる。本当にありがとうございました。

そして20㎞手前で左折して南部市場の折り返しに向かう。

このあたりもすごい応援だ。

折り返して20㎞を1時間19分33秒で通過。この間は20分06秒とほぼキロヨンに戻ってる。

そして杉田の料金所から、懸念していた問題の高速道路へ。

だいたい、高速道路は、制限時速80㎞の車を走らせるために設計がしてあるから、
人が走るには気になるようなバンクやら、車の速度変化を緩やかにするために、微妙に登ってたり下ってたりする。

さらに一般道と違い、人が入ってこれないから応援が少ない。

さらに防音壁に遮られ、景色も単調。

さらに12㎞もあると終わりがみえない。などなど、書き出せばきりがないくらいマラソンコースには向かないのである。

なぜ、こんなところをコースに組み入れたんだろう?

昨年はここをコースにしたために、事前に距離計測ができずに公認コースにできなかったし、距離が短くなったという失態をしている。
だけど、どういう事情なのかは判らないが、今年もコースになっている。
高速道路は、産業道路でもあるし、普通に来た道を折り返しでいいのに。

このコースを走ったランナーのほとんどの人はこんなとこ走りたくないと思ってると思うんだけど、
来年はもうコース変えてくれないかな?
高いエントリー代が、高速道路の通行料だとしたら、本当にご勘弁願いたいものだ。

ここが追い風ならまだよかったんだろうけど、この日は北よりの風がモロに襲ってきて、どんどん体力を奪っていく。
当然ペースは遅くなり、キロ辺り10秒以上遅れだす。

25㎞を1時間40分42秒で通過。この間21分09秒と向かい風にあおられた影響で落ちてしまった。

こうなってしまうと、もう2時間50分カットは無理な状況。
ならば、目標はサブスリーに切り替えるしかない。

冷たい向かい風に体力と体温を奪われ、序盤で外した手袋を着け直す。

キロ4分30秒かからないように、何とか粘ってると、後ろから聞きなれない音が。
後ろを振り返ると、テレビ中継用のバイクカメラが付いた集団が走ってきた。

あれ?サブスリーのペースメーカーが来ちゃったのか?
と思って、もう一度見たら、先頭は、Eワイナイナ選手で女子のトップの外人選手を引っ張っていた。
テレビカメラも彼女を狙っていた。

その集団の中のランナーの一人が、僕を見つけると
「でこちゃんですよね?いつもブログ見てます」だって。
最近はほとんど更新してないのに、ありがたいことです。

この後、この彼は、集団の中で足を取られて転倒しちゃったけど、大丈夫だったかな?
もしこれを読んだらコメントくださいね~。

しばらく、この集団を風よけにして、頑張ろうと試みたが、自己ベストが出るわけではなく、ましてや公認コースではないということが
モチベーションを落としてしまう。

ほんの数100メートル抵抗するのが精いっぱいだった。
制限速度80㎞の道路上には、「スピード落とせ」の標識があちこちにあるからどうしても落ちちゃうよね(笑)

その後は相変わらずの風に苛められ、ようやく30㎞を2時間02分19秒で通過。
この間は21分37秒もかかったけど、序盤に貯金をしたことで、サブスリーまで58分近くある。
キロゴまで落ちなければサブスリー圏内なので、無理のない4分半で淡々と走った。

ある程度、疲労しているこの状態で、必死で頑張るペースが4分10秒/㎞のところを、4分半でいいんだから、気分的にも楽である。

長かった高速道路もようやく終わりが見えてきた。
本当に辛かった。ユニフォームの下にアンダーアーマーの長袖シャツ着てたけど、めちゃ寒くなったし。

ようやく高速道路をやっつけて、ホッとしたのもつかの間。
本牧ふ頭での折り返しも向かい風がきつくて辛かった~。

そんな辛いところを支えてくれたのは、寒い中懸命に応援してくれる給水ボランティアの人たちや、太鼓の人たち。
本当にありがたいことです。

折り返して風を感じなくなり、35㎞を2時間25分05秒で通過。ラップは22分46秒。やっぱりというか、楽をしている分当たり前のキロ4分30秒。

残り7㎞を35分かからなければ良い訳で、もうサブスリーは間違いないところまで運んできた。

前を見ると、ワイナイナ選手がトボトボと走ってる。
大丈夫なんだろうか?あれほどの選手でも高速の向かい風にやられてしまったんだろうね。

追い抜きざまに「ヘイ!エリック!大丈夫?」と声を掛けると「大丈夫です!」と明るい返事が。
なんだ、彼も楽してるんだ(笑)

「長野マラソン行きますか?」と訊くと「行きますよ~」と言うので、「じゃあ、長野で会いましょう!」と言って先に行くことにした。
こっちもサブスリーはしたいので、あまり付き合ってるわけにはいきません(笑)

そういえば、ここからラストまでが応援がどんどん増えて気持ちいいよ~って、ゴマさんが言ってたな~と思ってたら、
本牧ふ頭の出口のところで、反対側にゴマさん発見!

「ゴマさんファイト!」と声を掛けると、「おお!」と力強い返事が返ってきた。
あの感じであれば、まだ体力は残ってる事だろう。目標の3時間15分カットに向かって順調のようだ。

遠くにランドマークタワーが見える。あの近くにゴールがあるはずだ。
あとちょっと頑張ろう。

本当にどんどん増えてくる応援に背中を押され、40㎞を2時間47分44秒で通過。ラップは22分39秒。

横浜税関前~赤レンガ倉庫の辺りは本当にすごい応援だ。
そんな中から「あ!ピカチュウが帰ってきた!」と聞こえた。行に応援してくれた人が覚えていてくれたようだ。
普通に走ってたら知り合いでもない限りありえない事だけど、これだからピカチュウはやめられないなぁ。

でもこのあたりで、何かの被り物してる人に抜かれちゃったんだよね。これで被り物部門の優勝を逃してしまった(笑)

残り2㎞付近からはコースの両側にぎっしり埋まった観客からの声援に応えながらゴールを目指す。
これだけ応援が多いと、もう少し走っていたいような感覚になるから不思議だ。

パシフィコ横浜前で右折してゴールに向かう。もう終わってしまうのか。

オールスポーツの写真の出来栄えだけを考えてゴールゲイトで他のランナーと被らないようにペースを整えたのに、後ろから来た大きな外人さんに前に入られてしまった(涙)

Goru

後ろに振り返ってコースにお礼してたら、ワイナイナ選手が帰ってきた。

さっき長野で会いましょう!ってお別れしたばかりなのに(笑)

握手を求めると気さくに応じてくれたけど、わざわざ手袋を外して握手してくれた彼の手は冷え切ってた。
それだけこの時期としては過酷な気象条件だったということなのだろう。

なにはともあれ、サブスリーできてよかった。

その後、導線にしたがって、飲み物もらって、タオルもらって、荷物を返してもらって、着替えてた時、気が付いた。
「あれ?記録証がない!」周りの選手をみても誰ももってないから、後日郵送ということなのか?

不安になったので、近くのランナーさんに尋ねてみたら、彼も「あれ?そういえば」と言う感じだった。
みんな持ってないから、きっと郵送なんでしょうね。

その後、桜木町のホテルに戻って、預けておいた荷物を受け取り、新幹線までの時間が2時間弱。どこかでビールが飲みたい。

昨日、散歩しててみつけた、駅前のぴおシティーの地下の飲食店街に行ってみた。
美味しそうなモツ煮の提灯に引き込まれるように入ってしまったお店が立ち飲み屋さんだった(汗)

Yoko09

生ビール大ジョッキと、大トロの刺身と、串カツとモツ煮を頼んで、そのつどの現金払い。
どれも美味しくて、リーズナブルなメニューだし、新幹線の時間までここに居たいのだが、なにせ立ってるのが辛い。
フルマラソン後に立ち飲みはあきまへんな~。

Yoko08

隣のオヤジのたばこも気になるので、一気にやっつけて、新横浜に移動し、続きは居酒屋新幹線プレモル飲みながらで帰路につきました。

Yoko10

今回初参加の横浜ですが、良いところと悪いところを僕なりにまとめてみました。

【良いところ】
①何と言っても全部で18か所もある、給水パフォーマンス。
42㎞で18か所だから3㎞以内で点在している。
しかも熱心なパフォーマンス集団付。飽きないし本当に力になった。

②しっかりとした運営
参加人数が多い都市型マラソンなので、導線が長くなるのは仕方がないが、スタートブロックまでの導線上にこれでもかというくらいあるトイレは助かった。
待ち時間なしでいくらでも行ける。
雨が降っても大丈夫な広い更衣室と荷物預け場所。

③横浜市民による熱心な応援。
沿道の応援は多くとても元気になる。

④高速道路以外、ほぼフラットで走りやすい。

⑤おしゃれな参加賞とフィニシャータオル&メダル

【悪いところ】
①なんといっても高速道路をコースにしているところ。
人間が走る様に設計されてないから、バンクが走りにくいし風が強い。
一般の人が入れないから応援が少ない。
景色が単調で飽きる。終わりが見えない。

②ゴール後の給食が少ない。っていうかスポドリだけ。
ラッキー給食をゴール後にも設置してほしい。

③アップデートで見れるけどやっぱり記録証が欲しい。

④高いエントリー費用。東京マラソンより5000円も高いけど、これは高速道路の通行料??

⑤エントリーするとローソンさんからいらないメールがたくさん来る。

⑥日本陸連公認コースではない。

【結論】
来年もエントリーしますか?と訊かれたら、たぶんしないと思う。
理由は、公認コースじゃないし、エントリー代が高いし、高速道路が12㎞もあるから。
これらを改善してくれたら、是非もう一度走りたいと思います。

最後にラップ

Yoko06

Yoko13

Yoko01

Yoko14

Yoko15

続きを読む "横浜マラソン2016完走記~27回目のサブスリー達成~" »

2016年3月 1日 (火)

第2回姫路城マラソン2016完走記~26回目のサブスリー達成~

第2回の姫路城マラソンに初参加してきました。
昨年も申し込んだのですが、抽選で外れ、しかも、みなさんのレースレビューがすばらしく、一度は走ってみたいと思ってエントリーしたところ、運よく当選しまして、走らせてもらうことになりました。

走ってみると、噂通りの素晴らしい大会で、本当に楽しめました。
姫路のみなさん、たくさんの応援ありがとう!姫路最高!!

Himeji02

以下は、完走記となります。(長文ですが・・・)

お城の近くのホテルをチェックアウトして会場へ。

地下駐車場が男子更衣室になってるので、もし雨でも大丈夫だろう。
しかも、新幹線の姫路駅からお城までは商店街のアーケードを歩けば濡れずに来れるし、昼間からやってる飲み屋さんが多く、レース後の打上げにも困らない。
そんなこんなで、帰りが遅くなってしまったのだが・・・(笑)

駐車場で支度して、外のトイレに行くと、hiro-451さんと偶然ばったり。
お互いに健闘を誓い合って、スタート位置に並ぶ。

横には、チーム能見の杉浦君。
彼はこの大会で2時間50分カットを狙っているというので、
250カットの先輩から為になるのかわからないアドバイスを送ってた(笑)

日中は暖かくなるという天気予報だが、まだ2月の早朝は寒い。
冷たいアスファルトに座ってスタート時間を待つ。この時間が毎回辛い。
さっき行ったばかりなのに、またトイレに行きたくなるから不思議だ。年のせいかな?(笑)

後ろから声をかけられ、振り向くと、さんじゅうこさん。
毎度、毎度の応援ありがとうございます。

太鼓の演奏、寛平さんのエールなどが終わり、ようやく9時になってレースが始まった。

1月17日の市民駅伝をピークに下って行った調子は、ここ1週間で上昇の兆しを感じらはしたが、
2時間50分を切ったつくばマラソン前の状態には程遠く、新年最初のレースの姫路城は、なんとかサブスリーを死守する走りになりそうだ。
そのためには、5000mのラップを21分以内に収めてレースを進める必要がある。

スタート直後から10㎞付近までは、昨年の女子チャンピオンのT中選手を中心とした、8人程度の集団の後ろで淡々と走った。
もちろんこの中には能見の杉浦君もいる。

キロヨン程度のペースなんだけど、今日は何故か、ちょっと無理しないとつけない感じだ。

姫路城マラソンのコースは漢字の「人」という文字の形に似ている。
千鳥のネタじゃないけど、上が長くて文字のクセが強い(笑)

Kosu

その文字の頂点の15㎞過ぎまではず~っと緩やかに登っている。
その地形のせいなのか、キロヨン維持ができたのは10㎞までで、集団からは徐々に遅れだす。

今日の目標は最低でもサブスリーなんだから、無理にキロヨンにこだわる必要はない。
気持ちのいいペースで走ればいい。

このあたりは独りで淡々と走っていたけど、
この大会は、沿道の応援が途切れるところがない。

例によって今回もピカチューをかぶって走ってるので、子供から大人まで、まさに老若男女からものすごく応援してくれてありがたい。
改めてピカチュウの人気に驚くくらいだ。

そんな時、沿道から、ピカチュウではなく、「でこちゃん!」と応援してもらった。
僕のブログの読者なんでしょうか?本当にうれしかった。

さらに、一昨年、お神輿の配達で兵庫に来た時に、一緒に青野湖でペース走してもらった、裏六甲サブスリーの人たちからは、コースのあちこちで、盛大な応援を頂き本当に励みになりました。ありがとうございました。

沿道の応援にはいろいろな人がいて、印象に残ったのが、小学生低学年くらいの女の子。
お盆にチョコレートみたいなものを乗せて、ランナーに取ってもらおうとしていた。

僕はこのころ、独りで走ってたので、あきらかに、僕に取って行って欲しそうな瞳を投げかけてくる。
まだ序盤だし、チョコは食べれないし、丁重にお断りするすると、
「なんでやねん!」って流暢な関西弁で突っ込んできた!(笑)
さすが、関西。思わず爆笑しちゃったし。

15㎞を1時間00分28秒で通過すると、折り返しまであとわずか。

折り返してしまえば下り坂になるから、気持ちよく走ってるペースも上がってくるのかな?
って思いながら折り返したが、不思議とそれほど、コースが下ってる感じはしない。
しかも向かい風がきつくて、体温と体力を奪っていく。

順位を数えているおじさんがいて、60位だと教えてくれた。

25㎞を通過すると、ようやくクセの強い「人」の文字の上の部分終了。
書写山の横で、再び裏六甲の人たちから熱烈応援!

そのあとの横関の交差点で右折して夢前川の橋を渡る。
ここの応援団はすごかった。
道の両側にすごい人!
その全員がピカチュウを応援してくれる。ちょっと鳥肌がたったし。

「人」の文字の左側の折り返し区間は
ここから夢前川沿いをひたすら南下して新蒲田橋まで行くのだが、ここがめちゃくちゃ長く感じた。

その途中で30㎞。
2時間01分54秒で通過する。
かなり、消耗しているのがわかる。ポーチからアミノ赤を出して補給する。
あと、たったの12㎞。頑張ろう!と言い聞かせるが、脚が徐々に動かなくなってくるのを実感する。

30㎞~35㎞まではサイクリングロードに入るのだが、
ここも、沿道にはぎっしりと人がいて、本当に熱心に応援してくれる。
その人たちとハイタッチをしながら、気分を紛らし、なんとか動かしていく。

35㎞までの5㎞は21分33秒もかかったけど、2時間23分27秒で通過したので、残り7㎞ちょっとを36分で走ればサブスリー達成だ!

ということは、キロゴでもいいじゃん。よかった!なんとかサブスリーできそうだ。

そう思ったら、安心したのか、本当にキロゴ近くまでペースが落ちていく(汗)
でもあんまりギリギリだと、何かあった時に対応できないので、必死で粘る。

長かったサイクリングロードもようやく終わり、最後の仕上げの「人」と言う文字の右側へ。

昨年の10月にお神輿の配達で姫路に泊った時に試走した道だ。

あの時は、あっというまに着いた姫路城だけど、なかなか着かない。

ペースも落ちているので、ランナーにどんどん抜かれる。
ゴールは74位だったので、14人いや、途中で抜いた人もいるからもっと抜かれたらしい。

裏六甲の人たちはどこから出てきたのか、このあたりでも熱烈応援。

道の両側を埋め尽くした沿道からは、ピカチュウの大声援。
それらに応えたいのだが、手が痺れてきて、うまく動かせない。

もう限界を超えている。フルマラソンってこんなに辛かったっけ??
二週間後の横浜マラソンに行きたくなくなってきたし(笑)

ペースは落ちたものの、一歩一歩進めて行けば、必ずゴールは来るもので、
ようやく姫路城の横に出てきた。

このあたりは過去の出張ランで何度もグルグル走った道だ。
大手門をくぐり、姫路城公園内へ。

ゴール写真に姫路城を入れたいのでしょう。
公園内をぐるりと回り、姫路城を背にしてゴールゲイトをくぐるレイアウトになっている。

幸い前後にランナーはいないので、
たくさん写真を撮ってもらうべく、ゴールまでのストレートはいつものように両手をひろげ駆け込んだ。

タイムは2時間56分49秒。総合順位は74位。年代は6位だった。
何とかサブスリーできてよかった。

これで、通算38回目のフルで26回目のサブスリー達成。
さらに9年連続サブスリーとなりました。
目標の10年連続まであと1年です。

走る前から、良くて2時間55分くらいかな?って思ってたので、まあ、予想通りの結果になった。

ゴールしてトボトボ歩いていたら、杉浦君が待っててくれて、タイムを訊くと2時間52分台だったらしい。
まだまだだな(笑)
そう簡単には2時間50分は切れませんから(笑)

ゴール後の導線にしたがって歩いていくと、何故か動物園の中を通って、フィニシャータオル、飲み物や、フランクフルトみたいなやつや、甘酒、メダルや記録証をもらって、地下の駐車場で荷物を受け取り、着替えて、打ち上げ会場へ向かった。

1週間禁酒の反動は凄まじく、ビールを2.35リットル+焼酎と飲みまくり、フラフラで家路へ(汗)

新幹線で寝ちゃって名古屋を乗り過ごすと、2週間後に行く横浜まで行っちゃうので、必死で起きて、スマホをいじって、走友さんに返事を送ったりしながらなんとか名古屋で降りることができました。

第二回の姫路城マラソンに初参加いたしましたが、
2回目の開催とは思えないくらい、いい大会でした。

運営はしっかりしていて、ランナーの導線も非常に考えられていて、ストレスがまったくありません。
さらに、素晴らしいのが沿道の応援です。

過去たくさんの大会に出てきたけど、これほどまでに途切れることのない応援は東京マラソンに匹敵する。
しかも大都会東京都違い、道が狭い分、応援が近い。
これは本当に励みになる。

毎年出たい大会がまた一つできてしまった。
でも、ここも抽選なんだよな~。

来年も当たりますように・・・

Rizaruto

仕事柄、姫路駅構内に飾ってあったお神輿が気になりました。
とっても立派なお神輿だったので、しばらく見入ってしまいました。

Himejimikosi01

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »