最近のトラックバック

« 2016年6月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月31日 (月)

第6回大阪マラソン2016完走記~28回目のサブスリー達成~

今シーズンは仕事が忙しく、
週末のセット練習があまりできなかったので、
サブスリーできるかどうか不安でしたが、
なんとかサブスリーで走ることができて今はホッとしてます。

今回の遠征も、まずは舞鶴市へお神輿の配達に行ってから、大阪入りするというあわただしい遠征となりました。

01

受付を終えて、ホテルに戻ると、ロングドライブもあって、かなり疲れているのを実感。
しばらく、予約しておいた鶴橋駅前のホテルで休憩してから、夕食に出ました。

せっかく鶴橋に泊っているので、本場の参鶏湯が食べたくなり、迷路のようなコリアタウンをうろうろし、
美味しい参鶏湯をいただきました。

02

そしてホテルに戻り、7時半くらいには眠くなり、寝てしまいました。
朝起きたのが4時だったので、たっぷりと熟睡することができました。

朝ごはんは、コリアタウンで買ってきた、キムパという海苔巻とトン汁で軽く済ませ、
7時前にホテルをチェックアウトしJRで森ノ宮駅まで行きました。

03

荷物を預けて、スタートの約1時間ほど前にAブロックに入り、
冷たいアスファルトに腰を下ろしていると、
グランパスのユニを着こんだ金太郎さんが来ました。

お陰でスタートまでの時間を退屈することなく過ごすことができました。

そして9時ちょうどに号砲が鳴り、レースが始まりました。

大阪を走るのは2012年以来2回目ですが、
序盤はこんなに下ってたっけ?っていうくらい下り基調。
その影響もあってか、入りの5㎞が19分16秒。

このラップは水曜ポイントで必死に走って出すのと同じくらいなのに、
4日間の禁酒や、早朝起き抜けの身体とは全く違い、
すべての足かせが取れた状態で足は羽のように軽い。

こうなったら、無理にキロヨンに戻す必要はない。
行けるところまで突っ込んでみよう!

10㎞の通過は38分55秒
15㎞は58分52秒。
水曜ポイントとあまり変わらないタイムだけど、
まだまだ余裕。
もう1往復(15㎞)は軽く行けそうだ。

しかし、マラソンはそんなに甘いものではなく、
20㎞を1時間19分07秒で通過したくらいから、
急に足が重くなりだした。

30㎞までは余裕と思い込んでいたので、「もう来たのか?」と愕然とする。
仕方ないので、ロキソニンを投入して回復を待つ。

それが利いたのかどうかはわからないけど、
25㎞過ぎから、また軽くなった。
この状態があと10㎞もってくれたらいいな~と思いながら走っていたのですが、
風前のともしびだったらしく、28㎞くらいで、再び重くなってしまった。

30㎞で摂取予定だったアミノ赤を飲んで、
「まだ辛くない!」「なんて楽しいんだ!」と脳をダマす!

沿道の声援に笑顔で応えながら、歌でも歌って紛らわそうと思い、
ふと出たフレーズが
「笑っていても泣いて過ごしても平等に時は流れる」という
ミスチルのHANABIの歌詞。

そうだ!いつかはゴールが来るんだし、笑顔で走ろう。

きつくなる度に、同じところを繰り返し頭の中で歌って過ごした。

30㎞を2時間00分06秒で通過。
残り12㎞を50分で走れば250カットも見えてくるが、
とてもじゃないけどそんなには走れそうにない。
やはり、セット練習のLSDができなかったことが響いてる。

35㎞までのラップは21分17秒となんとかギリギリ粘ってる。

残り7㎞をキロゴでもサブスリーできると計算してしまったとたん、
安心したのかさらにラップが落ちる。

そして目の前には壁のように立ちはだかる南港大橋の坂が出現。

歩くのと変わらないペースでなんとか登り切り、今度は坂を下って行く。

下り坂になって、マジで脚が売り切れているのが良くわかる。

「早く終わりたい」「もう歩いちゃおうか」と何度も悪魔のささやきが頭をよぎる。

そして40㎞を2時間44分00秒で通過。
どうやら2時間55分は切れそうで、ポイントメンバーとの公約達成で坊主にならずに済みそうだ(笑)

手も痺れて、目の奥がチカチカして、ほんとに限界だけど、
ゴールゲイトが見えてホッとした。
何度もフルを走ってきたけど、やっぱりこの瞬間が至福ですね~

両手を広げてグリコのポーズで駆け込んだ。
ゴールタイムは2時間54分02秒。
1歳刻みにランクイン確実のタイムが出せてまずは一安心。
本命のつくばマラソンではもう少し縮めれたらいいな。

僕はなんとかサブスリーできたけど、
金太郎さんや、ゴマさんはどうなんだろ?

前回の時みたいに、3時間になるまでゴールゲイトで待ってようと思ってたのですが、スタート前から感じていた尿意が、走るのをやめたとたんに襲ってきて、
立ち止まっていることができませんでした。
しかもトイレは荷物を受け取るところまで無いという。
お願いだから、ゴール広場にも仮設トイレを(笑)

メダルやらタオルやらもらって、荷物を受け取りに行くと、
もうすでに着替えを終えた平尾君が居ました。

そうとう速く走ったようです。
タイムを訊くと、2時間42分台!!
彼はぼくより3つ年下の51歳でこのタイム。
見事な復活劇!素晴らしい!!

毎週水曜日の朝4時過ぎから、皇帝先生と真っ暗の中ヘッドライト装備で
やってきた15㎞走の成果が出ましたね~。

その、皇帝先生も念願の2時間50分カットだし、
カトケンさんは水戸黄門で初サブスリー達成!
マサキ君も大井川で年代入賞!

ポイントメンバー大活躍の日曜日でした!

レース後は2時間59分台でゴールした、金太郎さんと、
スパ住之江で汗を流し、新大阪駅で串カツとビールを堪能し、

06

さらに新幹線でも飲み続け、違う意味でフラフラになって帰宅しました(笑)

05

04

2016年10月18日 (火)

第11回鈴鹿山麓かもしかハーフマラソン(10km)完走記

僕が走り始めた年に始まったこの大会。
第一回から毎年参加してきました。
ちなみに過去の結果は以下の通り。

第1回=1時間27分37秒
第2回=1時間37分44秒(途中で故障して歩いた)
第3回=1時間21分39秒/年代6位入賞
第4回=1時間21分40秒
第5回=1時間21分45秒/年代9位
第6回=親戚の葬儀のため欠場
第7回=1時間20分55秒/誕生日2日前のギリギリ40代で年代11位
第8回=1時間20分26秒/年代3位
第9回=1時間20分22秒/年代2位
第10回=1時間21分24秒/年代2位
第11回=(今年)37分49秒/10㎞40歳以上の部5位入賞

毎年ハーフに出てたのですが、
朝5時から始まるエントリーに10分ほど遅刻したら、すでにハーフは定員で申し込めなくなっていました(泣)
仕方なく、夫婦で10㎞の部にエントリーし、朝6時出発でゴローさん、マサキ君と4人で行ってきました。

いつもこの大会が行われるのは10月第3日曜日。
今年は誕生日と重なり、バースデーレースとなりました。

初めての10㎞で、最初から飛ばしたので、
終始苦しいレースでした。

それでも、後半は何人か抜き、
ペースアップもしたので、
うまくいけば36分台かなと思っていましたが、
やはり最近の調子からして、そんなタイムは出るはずはなく、
37分49秒でした。

コースは若干10㎞より長く、アップダウンも多かったとはいえ、
もう少し走れないと、大阪は不安でしかありません。

この大会は「鈴鹿山麓かもしかハーフマラソン」と言う名の通り
ハーフがメイン種目。

速い人はみんなハーフに出るので、
40歳以上の部門でも運よく5位入賞できることができました。
副賞はエネルギーゼリー×3個でした。

でもきれいな和服のおねえさんから、
賞状をもらい誕生日を祝ってもらえたので満足です(笑)

【ラップ】※キロポストを見逃したのかそもそもなかったのか途中抜けてます。
3:39-3:46-3:52-3:35-3:42-11:36(3k)-3:44-3:50
total=37分49秒

04

03

« 2016年6月 | トップページ | 2016年11月 »