最近のトラックバック

« いよいよ週末はつくばマラソン | トップページ | 浜石岳ジョグ »

2016年11月21日 (月)

第36回つくばマラソン2016年完走記~29回目のサブスリー達成~

今回で4年連続参戦となるつくばマラソンに今年も行ってきました。

毎回、ここつくばを本命レースと決めているので、
TXの研究学園前駅に降り立ったとき、「今年もまたここに来てしまった」と心の中でつぶやいた。

ちなみに過去のタイムは
2013年=2時間53分12秒(51歳)
2014年=2時間48分46秒(52歳)
2015年=2時間48分59秒(53歳)
ということで、毎シーズンのベストはここで出している。

今年も過去3年と同じように調整してきたつもりだったんだけど、
仕事が忙しくて夏場に思うような練習が積めていないので、
行の新幹線から憂鬱で仕方がなく、「早く終わらないかな」と何度も思ったのでした。

東京で仕入れ先回りなどの仕事をおえてから、つくば入りし、

07

今年もイイアスつくばで行われている、前夜祭に行き、ここで、ランさんと合流。

しかし、毎回思うことだけど、自分はなんてジャンケンに弱いんでしょうか・・・

でも、なんとかクリアファイルだけはゲットして、いつものように大戸屋で定食を食べて
翌日の朝食を買い込んで、ホテルに戻って就寝しました。

マラソン当日、前日の天気予報からして朝から晴れてると思ってたけど、
濃霧が立ち込めていて、太陽の光をさえぎっていた。

いつものように朝7時にホテルをチェックアウトし、シャトルバスで大学まで行く。

前日の雨の影響で、グラウンドは泥んこ状態。
でも、なんとかイスとテーブルを確保し、準備をする。

14

かなり気温の上昇が予想されているが、霧の影響なのか、
朝はかなりひんやりしていた。

風もほとんどなく、寒さが苦手な自分にとって、最高のコンディションになりそうだ。
あとは、自分がどれだけ走れるか、、、、

先月の大阪の2時間54分はクリアしたいところだ。
とりあえず、キロヨンで行けるところまで行って、あとは粘ろう。

9時ちょうどにピストルがなり、今年も試合が始まってしまった。

走り始めは非常に軽く
どこまでもこのペースで行けそうな気がしてた。

無理に突っ込んでいる感覚でなくても
キロ3分55秒程度のペースがとても心地よく、
10人ほどの集団の中で淡々と走る。

ところが12㎞付近にある、3回目の給水ポイントで
集団がばらけてしまい、ちょっとしたことで、集団から独り遅れてしまった。

単独走は辛いので、無理して追いついたのがいけなかったのか
さっきまで鼻歌ペースだったのが、
急にきつくなる。

集団のペースがあがったのか?
いや、そうではない。自分の調子が悪いんだ。

それでもなんとか15㎞まではキロヨン切って行けたが、
そこからはどうやっても4分を少し超えてしまう。

やはり今月に入ってもなかなか調子の上昇を感じなかった身体は正直なもので、
つくばを走るんだ!という高揚感から来る体の軽さはスタートから1時間で亡くなってしまった。

ゴールまでどうやって行けばいいんだろ?

20㎞手前で、ランさんに抜かれ、
このままズルズルいっちゃうと、彼を待たせることになってしまうので、
突き当りの交差点を左折して筑波大学へショートカットしちゃおうかな~って
マジで考えてた。

そんな時、後ろからまるで僕の気持ちを読んでるんじゃないか?
というくらいのタイミングで長坂さん登場!

彼は今までどこにいたんだろ?っていうくらいのスピードで追い抜いて行ったけど、すごく応援してくれて、お陰でネガティブ思考が吹っ飛びました。

ハーフは1時間23分47秒で通過。
昨年より1分以上悪いし、余裕度もまったくないけど、
なんとか5㎞を21分かからないように30㎞までは行こうと心に決め、
ギリギリで粘る作戦。

13㎞付近で集団からこぼれてからは
抜かれっぱなしで、少々凹むが、ランナーのレベルが非常に高いのもつくばの魅力。

次から次へと現れる集団を使って粘ることができる。
中には、僕のブログを読んでくれてるランナーもいて、
3人くらいから応援してもらった。みんな抜きながらだけど(笑)

そんな状態だけど、20㎞~30㎞までの5㎞ラップは
20分45秒~20分59秒とギリギリ合格ラインで30の通過は2時間01分01秒。

昨年は1時間57分台だったから、かなり悪いけど、後半失速した前回の大阪よりは1分落ち程度なので、ここから頑張れば、なんとか大阪超えはいけそうだ!

研究学園駅近くでの折り返しでも反対側を走る長坂さんから再びありがたい応援をもらい力がはいる。

このあたりから、結構な日差しを感じ始め、
それと共にかなりの空腹感が襲ってきた。

やはり昨夜の定食のご飯を大盛りにしておくべきだった。
と、後悔しても後の祭り。

徐々にペースが落ちていくのがわかる。
このままでは大阪と一緒になってしまう。

頑張らないと!と自分に言い聞かせるが、
モエパパ先生の動脈硬化理論が身体にブレーキをかける(笑)

35㎞までの5㎞は21分55秒もかかってしまい、2時間22分56秒で通過。

このまま粘っても、大阪のタイムは超えれないし、残り7㎞をキロゴでもサブスリー達成だし、もういいか!
って頑張ることをやめる理由は次々と頭に浮かぶ。

楽しみにしていた、ラムちゃんの応援も今年は無かったのも心を折るひとつの原因だろう(笑)

残り4㎞くらいの給水所で、ウィダーinゼリーが置いてあって、
ありがたく頂戴してようやく空腹感から解放。
でもペースはまったくあがりません(汗)
測ったようにキロ4分半で推移。

筑波大学の校内に入ると、残りはあとすこし。
38㎞~40㎞までの距離合わせの往復コースは精神的にもきついから
改善してほしいところだけど、やっぱり今年も同じレイアウトになってた。

いやな片道1㎞の折り返しに入り、反対側を走ってくるであろう、ランさんを探す。
半分もいかないうちにランさんが来たので、どうやら1㎞以上離されているようだ。

さっき、沿道から2時間55分切れるよ!って応援してもらったから、
ランさんはきっと2時間50分カットするペースなんだろう。

同年代の頑張る姿に心を打たれ、僕は出来る限りの大きな声で、彼を励ました!
なんとかサブエガやってくれ~!!

40㎞を2時間45分32秒で通過し、頑張れば255カットもできそうだけど、
もう目標がサブスリーに変わってしまっていて、
脳から身体に無理をさせるような信号はどうやったって出てこないし。

ゴールゲイトが見えてからは、タイムよりオールスポーツの写真写りだけを気にかけて、周りにランナーがいないようにペースを調整してゴール(笑)

タイムは2時間55分38秒で29回目のサブスリー達成でした。

ゴールしてちょっと行くと、ランさんが待っていてくれていて、
タイムを訊くと、250をほんのわずかオーバーしたという。
本当に残念だけど、我々の年齢からしたら、大快挙だし。

05_2

そのあとは、大急ぎでつくばを脱出し、
浅草の蛇骨湯で汗を流して、

03

もんじゃ焼き屋さんで祝杯をあげて、

01


さらに新幹線でも飲み続け、帰路につきました。

途中で応援してくれた、ランナーのみなさん、沿道のみなさん、本当にありがとうございました。

そしてランさん、おめでとう!もう勝てません!

最後にラップです。

04
今回は2時間50分カットはできませんでしたが、
考えてみれば昭和37年生まれの54歳だし、
サブスリーだけでも立派だよね。

と、自分をなぐさめて今回の完走記を終了します(笑)
最後までお付き合いいただきありがとうございました。

« いよいよ週末はつくばマラソン | トップページ | 浜石岳ジョグ »

コメント

でこちゃんお疲れ様でした。4月の長野マラソンでお会いしたみそぴーと申します。
私も今回つくばマラソンに出場しました。お会いできるかな?と思いましたが、ゴール後救護直行の失敗レースで、お目にかかれるタイムではありませんでした…
でこちゃんの完走記とても励みになっています。またどこかのレースでお会いできるのを楽しみにしています^ ^

■みそぴーさん
こんにちわ。お久しぶりです。
つくばにいらしていたんですね~。
逢いたかったです!!

これからも細々と走っていきますので、
本当にいつかどこかで再開できるといいですね~。

今後ともよろしくお願いいたします。
ちなみに次回のフルマラソンは2月の姫路城です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194269/68524178

この記事へのトラックバック一覧です: 第36回つくばマラソン2016年完走記~29回目のサブスリー達成~:

« いよいよ週末はつくばマラソン | トップページ | 浜石岳ジョグ »